最終更新日
2021.09.14
公開日
2021.08.27

【2021年徹底比較】フリーランス向け賃貸/不動産サービスおすすめ人気ランキング2選

フリーランスのなかには、賃貸審査が通らず困っている人も多いはず。個人事業主になって日が浅い場合、収入証明ができずに物件探しに特に苦労するでしょう。

そこで本記事では、賃貸を借りるときの注意点4つ紹介。あわせておすすめのフリーランス向け賃貸/不動産サービスを2つ取り上げています。

「事務所と自宅を兼用したい」「なかなか物件がみつからない」という人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランス向け賃貸/不動産サービスとは

フリーランスとして働く人口が増えた今、フリーランスに特化した賃貸・不動産サービスができました。
とくに以下の点を考慮した物件を集めているのが特徴です。

・フリーランスとしての働き方に理解ある大家が登録
・オンライン手続きが可能なので、手間がかからない
・保証人の相談ができる
・収入だけでなく事業内容でも審査してくれる

従来の不動産であれば、収入が安定しないフリーランスや個人事業主が賃貸契約するのはとても大変です。しかしフリーランス向けの物件を扱うサービスが誕生したことで、独立して間もない人でも審査をパスしやすくなっています。

「事務所を借りたいけど、良い物件がない」
「引越しを考えているけど、なかなか審査が通らない」


このような今までの悩みを一気に解決できる賃貸・不動産サービスは、ぜひフリーランスの人は活用しましょう。

フリーランスが賃貸を契約するときのポイント

ここからは、フリーランスが賃貸を契約するときのポイントをご紹介します。それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

収入に見合った家賃に設定する

毎月の収入が不安定なフリーランスは、固定費である家賃の設定を見誤ると大変です。収入がない月が続いて支払えないケースや、そもそも賃貸審査をパスできるかを考慮したうえで決めましょう。

一般的に月収の3分の1が家賃相場といわれていますが、フリーランスの場合はそれ以下の4分の1程度がおすすめ

とはいえ「気に入った物件に住んで気持ちよく仕事をしたい」という人もいるはず。その場合、家賃の6ヵ月~1年相当の貯金があれば審査も通りやすく、当面の生活は安泰でしょう。

保証人をたてる

賃貸を借りるにはほとんどの場合、連帯保証人をたてなければなりません。

万が一契約者が家賃を支払えない状態になっときに代わりに支払い義務が生じるので、安定した収入がある人が望ましいです。

基本的には両親や兄弟といった親族に頼むケースがほとんど。とはいえ頼める人がいない場合は、家賃保証会社の利用が認められます。保証料が上乗せされますが、大家からの信頼を得られるので賃貸審査が通りやすくなるでしょう。

事務所として利用可能かチェックする

フリーランスが自宅を仕事場にすると、一部の光熱費を経費にできるメリットがあります。

ただ事務所として利用したい場合は、契約を結ぶ前にチェックが必要。なかには人の出入りや騒音が激しくなることを懸念して事務所として貸し出ししていない物件も多々あります。

仮に申し出のない状態で事務所として利用すると、契約違反となり退去命令が下されるかもしれません。「バレないから大丈夫」と思っていても、Webサイトや電話帳などで発覚するケースもあるので注意しましょう。

契約形態をチェックする

賃貸には2つの契約形態があります。

主な契約形態

・普通借家契約
継続して更新が可能。一般的に2年ごとに更新がある。

 

・定期借家契約
契約期間は自由に設定できるが、期間満了をもって契約終了となり更新されない。

注意したいのが何も知らずに定期借家契約の物件を借りたときです。契約満期となった時点で明け渡しを求められるため、また事務所や自宅を探さなければなりません。

フリーランスが賃貸審査をパスするのは大変なことなので、継続更新が可能な普通借家契約をおすすめします。

人気フリーランス向け賃貸/不動産サービス全2サービスおすすめ人気ランキング

ここからは、フリーランス向け賃貸/不動産サービスを徹底比較!2社のなかから、使い勝手のよい福利厚生サービスをランキング形式でご紹介します。

順位 サービス名 公式サイト 利用料 利用者数 対応職種 サービス
1 無料 全職種 フリーランスのための賃貸契約やお部屋探しサポート
2 無料 全職種 フリーランス向けの物件の検索/オンラインでの手続き/保証人についての相談
No.1

smeta

・アプリ自体を保証人代わりにできる
・必要項目の入力のみで事前審査を完了
・物件を一覧でチェック可能

smetaは、フリーランスの部屋探しをサポートするための不動産アプリです。 見込み年収を入力するだけで、家賃額の目安や借りられる物件を一覧で表示してくれます。あらかじめ支払い能力に応じた物件を提示してくれるため、効率よく部屋探しができるでしょう。 また、オンラインで事前審査ができるのもsmetaならでは。 さらにアプリ自体が保証人の代わりになるので、親族に頼めない人でも安心です。 効率よく部屋探しをしたい人は、利用料0円で使えるのでぜひアプリをダウンロードしてみましょう。

概要

利用料
無料
対応職種
全職種
サービス内容
フリーランスのための賃貸契約やお部屋探しサポート
No.2

フリーランス不動産

・フリーランスに理解ある大家さんをピックアップ

・事業内容も審査対象

・代理の保証人の相談可能

フリーランス不動産は、在宅環境を整えたいと考えるフリーランス向けの不動産ポータルサイトです。 「貸したいけど、家賃の支払いは大丈夫?」と不安な大家さんと、「借りたいけど審査が通らない」というフリーランスの両者をマッチングしてくれます。 不動産会社が運営しているサイトなので、紹介できる物件も多数用意。物件一覧では、外装・内装の写真が掲載されているので、入居後のイメージが沸きやすいでしょう。さらにおすすめポイントや設備情報もまとめてチェック可能。保証人の相談やオンライン手続きができる点も、フリーランスとして働く人にぴったりでしょう。

概要

利用料
無料
対応職種
全職種
サービス内容
フリーランス向けの物件の検索/オンラインでの手続き/保証人についての相談
LINE はてぶ
PAGE TOP