【2022年徹底比較】フリーランス・個人事業主向けファクタリングおすすめ人気ランキング15選
最終更新日
2022.01.15
公開日
2021.09.10

【2022年徹底比較】フリーランス・個人事業主向けファクタリングおすすめ人気ランキング15選

資金繰り手段の1つとして知られるファクタリング。働き方が多様化している近年は、フリーランスや個人事業主向けのファクタリングサービスも増えてきています。

フリーランスを対象にしているファクタリングサービスの中には、「請求書を渡すだけで即日現金が手に入る」と手軽さをうたっている会社もあり、誰でも気軽に利用できるイメージをもつ人も多いのでは。

実は、ファクタリングの利用には審査があったり、必要書類を揃えなければいけなかったりと、必ずしもスムーズに現金化できるわけではありません。安易に利用すると、かえって資金繰りが悪化してしまう可能性も。

数多いファクタリングサービスはそれぞれ、手数料や申し込みから入金までの流れに差があり、一体どのサービス選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、15社ものファクタリングサービス会社を徹底比較!さらに、ファクタリングの仕組みや メリット・デメリット、 選び方のポイントまで詳しく解説します。

この記事を読めばファクタリングを理解できるほか、自分に合ったファクタリング会社を選べますよ。資金調達で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、クライアントに依頼された作業の請求書を売ることで、のちにもらうはずであった報酬額を先にもらうことができるサービスを指します。

通常、納品後請求書をクライアント企業に送ったのちに報酬は支払われるのが一般的。しかし、例えば振込日より前に外注への支払いデッドがきてしまうなど、振込日を待てず資金が必要ということもあるでしょう。

ファクタリングサービスを利用すると、クライアントに受理された請求書(売上債権)を買い取ってもらえるので、すぐに現金化が可能。 さらに銀行融資と違っておよそ30分~1時間ほどで審査が完了するので、忙しくて時間をあまり割けない人でも安心です。

また、赤字経営や税金滞納などの信用情報も審査結果に響かないことがほとんど。ほかの金融機関で断られてしまった人でも、ファクタリングなら資金調達できる確率が高いでしょう。

ファクタリングはもともと法人が資金繰りのために利用するサービスでしたが、働き方が多様化し副業も定着している現在、フリーランスや個人事業主といった個人向けのファクタリングサービスも増加しています。

急に資金が必要になった人や資金繰りに困っている人は、ぜひ検討してみてくださいね。

ファクタリングは違法なの?

資金繰り手段として広まりつつあるファクタリングですが、本来のルートと異なる現金を手にする仕組みから、違法性を懸念する人も少なくないようです。実際のところ、ファクタリングは違法なのでしょうか。

ファクタリング自体は違法ではない

結論から言うと、ファクタリングは違法にあたりません。ファクタリングが違法と懸念される理由として、違法な「貸し付け」と混同されているケースが考えられます。

日本では、定められた金利以上の金利をとる高金利貸し付けは違法。また、不特定多数との貸借を行うには貸金業登録が必要となるため、ファクタリングで行われるのが貸借であれば、登録していないファクタリング会社は貸金業法違反となります。

しかし実際のところ、ファクタリングで行われるのは貸借でなく売買。売上債権をファクタリング会社が買い取る「売買契約」となり、これには民法第555条「売買契約」が適用されます。

また、かかるお金は手数料であり、金利ではありません。このことから貸金業法の対象にはならず、違法にはあたらないと言えるのです。

違法にあたる悪徳サービスもある

前の項で解説した「違法にあたらない」というのは、あくまで正当な方法でファクタリングを行っているサービスに対し言えること。中にはクリーンなファクタリングサービスを装って、違法な貸金を行っている業者もあるので注意が必要です。

たとえば、売上債権を売却したにも関わらず、「クライアントからの売掛金が入らない」と利用者に支払いを求めてくるケースがあります。また一般的なファクタリングの手数料は5~20%ですが、中には20%以上の法外な手数料で取引している業者も。

このような業者は違法行為を行う悪徳業者である可能性大。悪徳業者に引っ掛からないためにも、ファクタリングを利用する場合はその仕組みや手数料についてしっかり理解する必要があります。

こっちはやばい?給与ファクタリングには注意

フリーランスの売掛金に対し行われるファクタリングは違法にあたりませんが、会社員などの給与を前払いしてもらう給与ファクタリングは違法性が指摘されています

そもそも給与は、労働基準法において全額労働者本人に支払うことが定められており、たとえファクタリング会社が給与債権を買い取ったとしても企業は労働者本人にしか支払えません。結果、ファクタリング会社は労働者(サービス利用者)本人に支払いを請求することになります。

そのため給与ファクタリングでは、ファクタリング会社が労働者に金銭を渡し、労働者から資金回収するシステムが構築されています。これは売買でなく貸し付けとみなされるので、ファクタリング会社は貸金業者登録が必要。登録せずに取り引きを行っている給与ファクタリング会社は違法となります。

また、貸し付けとなる以上、利用する際に支払う手数料は金利として扱われます。手数料を金利として考えた場合、法で定められている上限額を大幅に超えているケースが少なくありません。過去には違法な高金利で摘発された事例もあります。

すべての給与ファクタリング会社が違法とは限りませんが、合法な会社を利用者が見極めるのは極めて困難。トラブルに巻き込まれないためにも、給与ファクタリングは利用しないのが無難でしょう。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。その名のとおり、2社の間で取り引きされるか、3社の間で取り引きされるかが大きな違いです。

契約者数が変わることでどのような違いが生まれるのでしょうか。それぞれの詳しい仕組みや流れ、メリット・デメリットを見てみましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社の間で取り引きが完結する仕組みのファクタリング。できるだけ早く資金を手にしたいときに多く利用されるのがこちらです。

2社間ファクタリングの主な流れは以下になります。

  1. 売上債権をファクタリング会社に売却する
  2. ファクタリング会社から手数料を差し引いた金額が入金される
  3. 従来の売掛金支払日にクライアント企業から利用者に売掛金が支払われる
  4. 利用者はクライアント企業から受け取った売掛金をファクタリング会社に入金する

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングは何より資金調達がスピーディにできるのがメリットです。利用者とファクタリング会社のみの取り引きで完結するため、時間ロスがなく最短即日入金してもらうことも可能。「とにかく早急に資金が必要!」というときには強い味方になってくれるでしょう。

また取り引きにクライアント企業が介入しないのでファクタリングの利用をクライアント側に知られることは基本的にありません。

「ファクタリングを利用していると知られたら信用を欠いてしまうのでは・・・」と心配な人は、2社間ファクタリングを行っているファクタリング会社を選択しましょう。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べ審査が厳しいのが一般的です。これは、クライアント企業が契約に関わらないことで売掛金の未回収リスクが高まるため。

2社間ファクタリングの流れからもわかるように、2社間ファクタリングでは一度利用者に売掛金が支払われ、クライアント側から支払われた売掛金を利用者がファクタリング会社に支払います。そのため、ファクタリング会社は利用者が後々きちんと支払いをしてくれるかどうか、厳しく審査する必要があるのです。

もう1つのデメリットが、手数料が高めであること。3社間ファクタリングの一般的な手数料が5~10%に対し、2社間ファクタリングは10~20%が相場です。

手数料が高い理由も、売掛金未回収のリスクの高さにあります。ファクタリング会社が不利益を被らないよう手数料を高めに設定していることが多いのです。

ただ最近では審査や入金をオンライン完結にして運営コストを削減し、手数料を抑えるファクタリング会社も増えてきました。手数料を節約しつつ2社間ファクタリングを利用したい人は、オンライン完結型のファクタリングサービスに注目してみてください。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社、そして売掛金を支払うクライアント企業の3社の間で契約するファクタリングです。そのため、クライアント企業の承諾は必須。

3社間ファクタリングの主な流れは以下のとおりです。

  1. 利用者はクライアント企業にファクタリング利用の承諾を得る(この時点で売掛金が発生している必要あり)
  2. 利用者とファクタリング会社で売掛債権の売却契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社から手数料を差し引いた金額が入金される
  4. クライアント企業は従来の売掛金支払日になったらファクタリング会社に売掛金を支払う

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べ手数料が低めに設定されているのが一般的。クライアント企業から直接ファクタリング会社に売掛金が入金されるため、未回収リスクが低いのがその理由です。

同じく未回収リスクが低いことから、審査も比較的通りやすいとされています。

また自分で売掛金を回収しファクタリング会社に入金する手間が省かれるのも、利用者にとって大きなメリットでしょう。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングは契約にクライアント企業が入るため、クライアントの承認は必須です。それゆえ、ファクタリングの利用をクライアントに知られてしまうことはやむを得ません。

場合によってはクライアントとの関係性に影響が出てしまったり、利用そのものを断られてしまったりする可能性もあります。3社間ファクタリングの利用はより慎重に検討する必要があるでしょう。

またクライアント企業が介入することで契約締結や先方の理解に時間がかかり、入金スピードが遅くなることも。2社間ファクタリングであれば即日~1週間以内に入金されるのが一般的ですが、3社間ファクタリングの場合は1~2週間以上かかることもあります。

ファクタリングのメリット

フリーランス向けファクタリングが広がっている背景には、ファクタリング利用によるメリットがあります。

ファクタリングを利用することのメリットとは具体的にどのようなものでしょうか。

早く資金を得られる

ファクタリングのメリットの1つであり、利用される大きな理由にもなっているのが、早急に資金調達できる点。

いざ資金が必要になった際、銀行や公的機関での融資を利用しようとすると数か月の時間がかかることも少なくありません。その点、ファクタリングはスピーディ。審査を通れば最短即日で入金してもらえるファクタリングサービスもあります。

クライアント企業からの入金日が遠く、資金繰りが困難になりそうなときには重宝するサービスです。

貸し倒れのリスクを低減できる

ファクタリングは売掛債権を売却し現金化するため、貸し倒れのリスク回避にも役立ちます。

売掛金が支払われる前にクライアント企業が倒産してしまう、といった貸し倒れはフリーランスにとって大きな心配事です。

ファクタリングを利用して売掛債権がファクタリング会社に渡れば、貸し倒れのリスクはファクタリング会社に移行。利用者は回収に躍起にならなくてすみます。

自身の信用情報に影響を及ぼさない

銀行や公的機関から融資を受けるとなると、多くの場合で保証人や担保が必要。負債を抱える形になり信用情報にも影響を与えます。

一方、ファクタリングは融資でなく売却になるため、信用情報に記録されることはなく、保証人も担保も不要です。

フリーランスや個人事業主が仕事を得るうえで、信用情報は重要。信用情報に影響を及ぼすことなく資金を手にできるのは大きなメリットでしょう。

店舗に出向くことなく手続きできる

ファクタリング会社に出向くことなく、オンラインで完結できるサービスが多いのもファクタリングの魅力です。

銀行融資の場合、銀行に出向き融資面談を経て審査に進むのが一般的。やむを得ないこととはいえ、多忙なフリーランスの人が業務の合間をぬって面談の時間をとるのは負担でしょう。

ファクタリングの場合、多くのサービスで来店することなく手続きできるシステムを取り入れています。貴重な時間を大きく削ることなく資金繰りできるのはうれしいポイントです。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングの利用を検討する際は、メリットばかりを見るのでなくデメリットもしっかり理解しておくことが大切です。

知っておきたいファクタリングのデメリットを以下で解説します。

サービスに登録する手間がかかる

ファクタリングを利用するには、ファクタリングサービスに登録する必要があります。登録に、開業届や確定申告書などの書類が必要になることも。

オンラインでのアップロードで提出できることも多いので大きな負担ではありませんが、少々手間がかかることは事実です。

手数料がかかる

ファクタリング会社は手数料で収益を得ているため、どのファクタリングを利用するにしても手数料はかかります。

利用者が受け取れるのは、売掛金から手数料を差し引いた額。本来満額受け取れるはずの売掛金から減額されてしまうのはデメリットと言えます。

特に2社間ファクタリングは手数料が高いことが多く、注意が必要。あまりに手数料が高いファクタリングサービスを利用するとかえって資金繰りが悪化してしまうこともあるので、利用前に必ず手数料を確認しましょう。

クライアントにマイナスイメージを抱かれる可能性がある

3社間ファクタリングではクライアント企業も契約に関わるため、ファクタリングの利用をクライアント企業に知られることになります。それによりクライアントにマイナスイメージを抱かれる可能性もゼロではありません。

フリーランス向けファクタリングサービスが増えているとはいえ、いまだファクタリングに理解を示さない企業もあります。「ファクタリングは違法なのでは?」「資金繰りに苦労しているのだろうか?」といった疑念を抱かれ、距離を置かれてしまう可能性も。

不安な人はクライアント企業が介入しない2社間ファクタリングを選択しましょう。

違法な悪徳業者もある

ファクタリング自体は違法ではありませんが、中にはファクタリングを装い、違法に貸し付けを行っている悪徳業者も存在します。悪徳業者に騙され、「知らず知らずのうちに違法な高金利でお金を借りていた」なんてことになれば、資金繰りどころではありません。

安易に利用して失敗しないためにも、まずはファクタリングの仕組みを正しく理解すること。そしてファクタリング会社を選ぶ際には、ホームページや利用規約、会社情報、口コミ・評判などをしっかり確認しましょう。

ファクタリングを利用するおすすめのタイミング

ファクタリングにはメリットだけでなくデメリットもあるため、安易に利用すべきではありません。

ではどのようなタイミングでファクタリング利用を検討すべきなのでしょうか。ファクタリング利用を検討するおすすめのタイミングについて解説します。

とにかく急ぎで資金が必要なとき

ファクタリングはとにかくスピーディに資金調達できるのが特徴です。利用者とファクタリング会社との2社間で契約が完結する2社間ファクタリングでは、審査がとおり次第、即日の入金も可能。審査もスピーディに進みます。

今資金を手に入れることで大きな儲けにつながる、急いで資金を調達しないと信用を欠くなど、早急に資金繰りが必要なときは、時間がかかる銀行の融資でなくファクタリングを選択するのもよいでしょう。

融資の審査に落ちてしまったとき

銀行や公的機関の融資審査が通らなかったときも、ファクタリングを検討すべきタイミングと言えます。

融資を受ける場合、審査は必ず必要。審査に通らなければ融資は受けられません。資金繰りが悪化しているのに融資が受けられなければ、業務が破綻してしまう危険性も。そんなときファクタリングが助けになる可能性があります。

もちろんファクタリングでも審査はありますが、銀行などの融資とファクタリングでは審査の基準が異なります。融資で審査に落ちたとしても、ファクタリングで審査に通る可能性は十分あるというわけです。

融資の手続き準備に時間がとれないとき

「銀行から融資を受けたいけれど銀行に出向く時間がない」というときも、ファクタリングが便利。

銀行で融資を受けるには、銀行側の担当者と面談し審査に進むのが一般的な流れです。しかし、銀行が開いている時間・曜日は限られており、平日の日中に時間がとれなければ銀行に出向くのは難しいでしょう。

ファクタリングの場合、多くは店舗に出向かず手続きを進められます。さらに近年は、書類の郵送も不要というオンライン完結型ファクタリングサービスも増えてきました。

できるだけ資金調達の時間・手間を抑えたいのであればファクタリングが有効です。

フリーランス・個人事業主がファクタリングを使うときの注意点

法人を対象として始まったファクタリングも、現在の社会状況に併せ、フリーランス・個人事業主向けサービスが増えてきました。

とはいえ、フリーランス・個人事業主だからこそといえる利用時の注意点もあります。ファクタリングの利用を検討している人は、注意点も確認しておきましょう。

フリーランスは審査が厳しい

フリーランス向けのファクタリングサービスは法人向けに比べ審査を厳しくしている傾向があります。

というのも、フリーランスは個人のため、その人がきちんと売掛金を回収し支払ってくれるかが、ファクタリング会社にとって重要になります。

またフリーランスは場所や時間にとらわれない働き方をしている人が多いことから、「期日を守ってもらえないのではないか」という懸念を抱かれることも。きちんと支払いしてくれるか、期日を守ってくれるか、その信用性を見極めるべく厳しい目で審査されるというわけです。

ただ同じフリーランスでも収入が比較的安定している医者や建設業の人などは審査が通りやすいといわれています。審査に不安があるなら、2社間ファクタリングでなく3社間ファクタリングを利用するのがおすすめ。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は利用者でなくクライアント企業から支払いを受けます。未回収のリスクが低いため、利用者本人の審査は2社間ファクタリングに比べると甘いことが多いようです。

複数社同時に審査を通すと断られる可能性が高まる

「急いで資金を調達したい!でも審査に通るか不安・・・」という人がやりがちなのが、複数のファクタリングサービスへの同時審査申し込み。実はこの行為、かえって審査落ちするリスクを高めてしまう可能性があるので注意が必要です。

数多くあるファクタリングサービスですが、実は横でつながっていることも多く、家の賃貸やクレジットカード審査のように信用情報が会社同士で共有されているケースも少なくありません。

同時期に複数のサービスへ審査申し込みをしてしまうとその行動自体が怪しまれることも。その結果、どのサービスもトラブルを避けるため審査を通さず、すべて審査落ちとなる可能性があります。

審査落ちのリスクを低減させるためにも、ファクタリングの申し込みは1社1社順番に行うのがおすすめです。

1度ファクタリング会社とトラブルがあると他社も利用できなくなる可能性も

フリーランスは個人で動いているため、たとえファクタリング会社への支払いを忘れてしまったとしても誰もフォローしてくれません。ファクタリング会社から指摘されて初めて気づくことになります。

このようなトラブルを1度でも起こしてしまうと、ほかのファクタリング会社も今後利用できなくなってしまう可能性があるので要注意。

前述したようにファクタリング会社は横のつながりが広いため、誰がどのようなトラブルを起こしたか筒抜けになっていることもあります。トラブルを起こしたフリーランスと契約を渋るのは当然。

今後もファクタリングを利用したいのであれば、自身で期日や契約内容をしっかり把握し管理する必要があります。

フリーランス向けファクタリングを選ぶときのポイント

ここからは、フリーランス向けファクタリングを選ぶ際に重視したい9つのポイントをご紹介します。それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

個人事業主対応かどうか

フリーランスがファクタリング会社を選ぶ際は、まず個人事業主に対応しているか確認しましょう。なかには、法人のみサービスを提供している会社もあるので注意が必要です。

個人事業主にサービスを提供しているか調べるには、会社の公式ホームページで個人事業主に対応した実績が載っているかチェック。もしホームページを見ても分からない場合は、直接メールや電話で問い合わせてみてくださいね。

手数料の安さ

ファクタリングには売掛金の買取時に手数料が発生します。手数料を確認せずに申し込んでしまうと、資金繰りが余計厳しくなる場合もあるので気を付けましょう。

手数料の安さを重視するなら、3社間ファクタリングがおすすめです。ファクタリング会社によっては、10%ほど手数料を抑えられる場合もあります。

ただし、3社間ファクタリングはクライアント企業の承認が必要です。なかには、ファクタリング会社の担当者がクライアント企業へ契約内容の説明を代行してくれる会社もあります。

3社間ファクタリングを選ぶ際は、代行サービスがあるか確認してみてください。

買取可能額の幅広さ

ファクタリング会社によって、売掛金の買取額が異なります。例えば、10万円ほどの少額から買取してくれる会社もあれば、上限なしで数億円の売掛金を買い取ってくれる会社もあります。

フリーランスが買取可能額を確認する際は、下限額をチェック。少額から買い取ってくれるファクタリング会社であれば、個人事業主でも利用しやすいでしょう。数十万円単位でも買取ってくれる会社がおすすめです。

手続きのしやすさ

手続きのしやすさを重視するなら、オンライン完結型のファクタリング会社がおすすめです。インターネット環境があればすぐに手続きができ、仕事や家事・育児で忙しいフリーランスに向いている手続き方法と言えます。

また、手続きに必要な書類もチェックしましょう。必要書類が多ければ多いほど、書類準備に時間を要します。通帳や請求書のみで必要書類が揃う会社もあるので、忘れずに確認してみてくださいね。

審査の通りやすさ

手早く資金調達を完了するには、審査の通りやすさもポイントの1つ。審査基準はファクタリング会社によってそれぞれ異なるので、慎重に選ぶ必要があります。

ファクタリング会社を選ぶ際は、審査通過率が公式ホームページに掲載されているか確認しましょう。審査通過率をアピールしている会社ほど、審査の通りやすさが期待できます。

もしホームページに掲載されていなければ、メールや電話などで問い合わせる方法もおすすめです。

入金スピード

早急に資金繰りが必要な場合は、入金スピードも重要なチェック項目になります。

2社間ファクタリングでは即日入金をうたっているサービスもあり、実際に即日入金されるケースもありますが、必ずしも即日というわけではありません。審査状況などによっては数日かかることもあります。

3社間ファクタリングに至っては、契約にクライアント企業が加わるため契約締結に時間がかかり、入金まで2週間以上を要することも。

「入金まで時間がかかりすぎて結局資金繰りに失敗してしまった・・・。」とならないよう、入金スピードを確認したうえで適した会社を選びましょう。

必要書類の量

申し込みや審査に必要な書類は、ファクタリングサービスそれぞれで異なります。一般的には、以下の書類を求められることが多いです。

  • 身分証明書などの本人確認書類
  • 確定申告(個人の場合)
  • 印鑑証明書
  • 通帳(指定期間のコピーなど)
  • 請求書・発注書・納品書・契約書など売掛債権の確認に必要なもの
  • クライアント企業(売掛先企業)との基本契約書

ファクタリングサービスによって、上記の書類すべてが必要でなかったり、上記の書類以外の書類も必要だったりします。必要な書類が多くなれば、当然その分手間も増えてしまうでしょう。

できるだけスムーズに資金調達するには、必要書類を確認・比較し、書類が最小限で済むサービスを選ぶことをおすすめします。

支払期日

2社間ファクタリングでは、利用者が期日までにファクタリング会社に売掛金を支払います。その支払期日が守れなければ今後サービスの利用を断られてしまう可能性があるため、現実的に支払いが可能な期日かどうかは事前に確認しておきましょう。

通常であれば間に合う期日だったとしても、クライアント企業とのトラブルなどで売掛金の入金が遅れてしまう可能性もあります。期日だけでなく、期日からの猶予や支払いが遅れてしまう場合の対応方法なども確認しておくと安心です。

24時間・土日も対応しているかどうか

「即日対応で安心していたのに土日は非対応で結局入金が来週になってしまった・・・」という落とし穴もあります。急ぎで資金を手にしたい場合は、利用するサービスが土日も対応しているか、24時間対応しているかも確認しておきましょう。

土日は銀行などの金融機関は閉まっていることがほとんど。24時間・土日対応のファクタリングサービスを把握しておくと、突発的に資金が必要になったときも安心です。

人気フリーランス向けファクタリング全15サービスおすすめ人気ランキング

ここからは、フリーランス向けファクタリングサービスを徹底比較!15社のなかから、使い勝手のよいファクタリング会社をランキング形式でご紹介します。

順位 サービス名 公式サイト 手数料 対応職種 利用可能額 入金スピード 審査通過率 手続き方法 必要書類
1 2%~ 上限なし 最短12時間 98% 対面/出張/郵送 申込書/通帳/請求書
2 ~100万円は10%~/101万~500万円は5%~/501万から1,000万円は2%~/1,001万円以上は別途相談 ~1億円まで対応可能 原則即日入金 93% オンライン完結型 請求書または見積書/預金通帳/決算報告書/代表者の身分証明書/実印(代表者・法人両方)/印鑑証明書(代表者・法人両方)
3 1.8%~9.8% 全職種 10万円~ 93%以上 面談時のみ来社必須 身分証明書/通帳コピー/請求書/発注書
4 申請金額の10% 1万円~ 最短で60分 オンライン完結型 本人確認書類/入金前の請求書/取引の証明となるメール
5 1%~14.8% 上限なし 最短2時間 オンライン完結型 請求書/通帳
6 2%~9.5% 全職種 最大800万円 契約後即日入金 オンラインで完結、面談不要 直近の決算書1期分(勘定明細含)/本人確認書類/買取を希望している請求書/取引の根拠資料/口座の入出金明細7か月分
7 5%~ 全て 30万円~3,000万円 最短即日 95% 電話/来店/出張 通帳/請求書
8 2%~9% 当日~翌日 オンライン完結型 代表者の本人確認書類/昨年度の決算書一式/入出金明細/売却予定の請求書
9 2~20% 全職種 30万円~売掛先1社につき1億円 ※ただし売掛先の規模などによってそれ以上の金額も可能 最短1~3営業日ほど 平均買取率92.2% 訪社または担当者の来社による面談必須 【審査時】本人確認書類/入手金の通帳/取引先との契約関係書類 【契約時】納税証明書/印鑑証明書/登記簿謄本
10 0.5~12.5% 即日 訪問/出張/オンライン完結 本人確認書類/請求書/昨年度の決算書/直近7ヶ月の入出金明細
11 10% 全職種 1万~100万円※ただし、新規登録者は上限10万円まで 最短60分~ オンライン完結型 請求書のみ
12 5%~ 制限なし 審査開始から最短2時間 95%ほど オンライン完結型 【申込時】身分証明書/請求書/成因証書(発注書や契約書)/通帳コピー(半年分程度)/印鑑証明書/直近決算書二期分(法人のみ)/確定申告書二期分(個人事業主)/住民票 他 【契約時】債権譲渡契約書/債権譲渡担保契約設定書/契約内容確認書/承諾書 他  
13 5%~ 5,000万円(5,000万円以上も相談可能) 契約終了後最短即日 オンライン/電話及び来社/出張(オンラインでは完結しない) (審査時) 請求書/発注書・契約書/売掛先住所・連絡先がわかるもの/取引銀行口座3ヶ月分の通帳
14 2社間では5%/3社間では3% 50万〜5,000万円 即日から数日程度 オンラインまたは電話にて申込み後、面談・書類審査あり 【申込時】決算書(直近2期分)/売掛先との契約書、請求書、発注書等/入出金の確認がとれる通帳(過去6カ月分)【面談時】会社謄本/印鑑証明書(法人・代表者個人)/代表者個人の住民票/代表者の身分証明書(顔写真付)/申込与信審査の必要書類の原本
15 広告業界限定 最短即日~ 面談時に来訪あり
No.1

ビートレーディング

ビートレーディング

・審査通過率が98%と15社のなかで一番!
・担当営業によるアフターフォローが充実
・最短12時間で入金可能

ビートレーディングは、月間およそ400件もの契約数を誇るファクタリング会社です。ファクタリングに精通している営業担当からアフターフォローを受けられるので、初めて申し込む人でも安心できるでしょう。

概要

手数料
2%~
対応職種
利用可能額
上限なし
入金スピード
最短12時間
審査通過率
98%
手続き方法
対面/出張/郵送
必要書類
申込書/通帳/請求書
No.2

アクセルファクター

アクセルファクター

・手続きはすべてオンラインで完結できる
・審査通過率が93%と高確率
・買取額は1億円までと柔軟に対応可能

最大1億円までの資金調達ができるアクセルファクター。もちろん個人事業主向けに少額の買取額でも対応してくれます。柔軟な買取金額を希望する人におすすめのファクタリング会社です。

概要

手数料
~100万円は10%~/101万~500万円は5%~/501万から1,000万円は2%~/1,001万円以上は別途相談
対応職種
利用可能額
~1億円まで対応可能
入金スピード
原則即日入金
審査通過率
93%
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
請求書または見積書/預金通帳/決算報告書/代表者の身分証明書/実印(代表者・法人両方)/印鑑証明書(代表者・法人両方)
No.3

MSFJ

MSFJ

・利用可能額が10万円~500万円とフリーランスに優しい
・93%の審査通過率で初めての人でも安心
・電話/訪問/オンラインから手続き方法を選べる

WEB申し込みできるMSFJは、仕事や家事・育児などで忙しいフリーランスに向いているファクタリング会社です。個人事業主専用のファクタリングサービスを展開しているので、資金繰りに悩んだら的確なアドバイスをもらえるでしょう。

概要

手数料
1.8%~9.8%
対応職種
全職種
利用可能額
10万円~
入金スピード
審査通過率
93%以上
手続き方法
面談時のみ来社必須
必要書類
身分証明書/通帳コピー/請求書/発注書
No.4

nugget

nugget

・入金にかかる時間は最短1時間と15社のなかで最速
・1万円から買取可能なので手軽に利用しやすい
・手続き方法はオンライン完結型

東証一部上場企業が運営しているnuggetは、ファクタリング会社の信頼性を重視する人におすすめです。また、手数料が一律10%なので、買取金額の目途がつきやすいでしょう。請求書ごとに生じる手数料の差が気になる人は、一律手数料のnuggetが向いています。

概要

手数料
申請金額の10%
対応職種
利用可能額
1万円~
入金スピード
最短で60分
審査通過率
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
本人確認書類/入金前の請求書/取引の証明となるメール
No.5

QuQuMo

QuQuMo

・最短2時間で入金可能とスピーディーな対応
・手数料が1%~と業界の最低水準
・オンラインで手続きが完了するので手軽に利用できる

最短2時間で入金してもらえるQuQuMoでは、契約に必要な書類が請求書と通帳の2点のみ。書類を準備する時間がかからないのも嬉しいポイントです。すぐに資金を必要としている人におすすめと言えるでしょう。

概要

手数料
1%~14.8%
対応職種
利用可能額
上限なし
入金スピード
最短2時間
審査通過率
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
請求書/通帳
No.6

Pay Today

Pay Today

・利用可能額が上下限なし
・手続きがオンライン完結型なので忙しい人でも安心
・1~9.5%の手数料と低コスト

PayTodayはAIを活用したファクタリングサービスです。AIを使用することでスピードの早さと精度の高さを両立した審査が期待できます。驚くことに、審査時間はおよそ45分で完了。審査結果を早く出したい人におすすめです。

概要

手数料
2%~9.5%
対応職種
全職種
利用可能額
最大800万円
入金スピード
契約後即日入金
審査通過率
手続き方法
オンラインで完結、面談不要
必要書類
直近の決算書1期分(勘定明細含)/本人確認書類/買取を希望している請求書/取引の根拠資料/口座の入出金明細7か月分
No.7

K2ソリューションズ

K2ソリューションズ

・審査通過率が95%なので初めてでも利用しやすい
・即日入金が可能
・利用可能額が30万~3000万円と幅が広い

K2ソリューションズのファクタリングは、30万円から利用できます。少額の資金調達を希望しているフリーランスにおすすめのサービスです。また、申し込み方法は電話・来店・出張から選べます。すぐに審査を開始したいなら電話での契約を選ぶとよいでしょう。

概要

手数料
5%~
対応職種
全て
利用可能額
30万円~3,000万円
入金スピード
最短即日
審査通過率
95%
手続き方法
電話/来店/出張
必要書類
通帳/請求書
No.8

OLTA

OLTA

・最低限度額と最高限度額のどちらも不問
・最短24時間以内の入金が可能
・オンライン完結型なので地方在住でも便利

最新のAI技術を導入されているoltaでは、AIによって審査が行われます。そのため、ファクタリング会社と顔を合わせて面談する必要がありません。面談に時間を割きたくない人におすすめです。

概要

手数料
2%~9%
対応職種
利用可能額
入金スピード
当日~翌日
審査通過率
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
代表者の本人確認書類/昨年度の決算書一式/入出金明細/売却予定の請求書
No.9

Best Factor

Best Factor

・92.2%と高確率な審査通過率を誇る
・手数料が2%~なのでコストを抑えられる
・入金スピードは最短24時間

Best Factorの利用可能額は30万~1億円と幅広く設定されています。フリーランスにとって、数十万円ほどの売掛金でも対応してくれるのは大きなメリットと言えるでしょう。また、最短24時間以内の入金が可能なので、資金調達を急いでいる人におすすめです。

概要

手数料
2~20%
対応職種
全職種
利用可能額
30万円~売掛先1社につき1億円 ※ただし売掛先の規模などによってそれ以上の金額も可能
入金スピード
最短1~3営業日ほど
審査通過率
平均買取率92.2%
手続き方法
訪社または担当者の来社による面談必須
必要書類
【審査時】本人確認書類/入手金の通帳/取引先との契約関係書類 【契約時】納税証明書/印鑑証明書/登記簿謄本
No.10

トップ・マネジメント

トップ・マネジメント

・手数料0.5~12.5%と業界のなかでも最低水準
・コンサルティングサービスを利用可能
・すべてオンラインで手続きできる

トップマネジメントでは、ファクタリングサービスを利用した後の資金繰りについて相談できます。担当のコンサルタントが、助成金や補助金などの使用をアドバイス。長期的な資金面の相談に乗ってほしい人におすすめです。

概要

手数料
0.5~12.5%
対応職種
利用可能額
入金スピード
即日
審査通過率
手続き方法
訪問/出張/オンライン完結
必要書類
本人確認書類/請求書/昨年度の決算書/直近7ヶ月の入出金明細
No.11

yup先払い

yup先払い

・オンライン上で契約が可能
・利用可能額は1万円から対応してもらえる
・手数料が一律10%と分かりやすい

先払いのファクタリングサービスは、煩雑な手続きが一切不要です。そのため、審査にかかる時間は1時間ほどで終了。業務以外の時間をあまり割けないフリーランスにとって、おすすめのサービスと言えるでしょう。

概要

手数料
10%
対応職種
全職種
利用可能額
1万~100万円※ただし、新規登録者は上限10万円まで
入金スピード
最短60分~
審査通過率
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
請求書のみ
No.12

ウィット

ウィット

・利用可能額は上下限なし
・最短2時間で入金可能なので急な入用でも安心
・オンライン上で簡単に素早く契約できる

少額の売掛金でも買い取ってくれるウィットは、まさにフリーランス向けのファクタリングサービスと言えます。ほかのファクタリング会社に断られた人でも柔軟に対応してくれるので、気軽に相談してみてくださいね。

概要

手数料
5%~
対応職種
利用可能額
制限なし
入金スピード
審査開始から最短2時間
審査通過率
95%ほど
手続き方法
オンライン完結型
必要書類
【申込時】身分証明書/請求書/成因証書(発注書や契約書)/通帳コピー(半年分程度)/印鑑証明書/直近決算書二期分(法人のみ)/確定申告書二期分(個人事業主)/住民票 他 【契約時】債権譲渡契約書/債権譲渡担保契約設定書/契約内容確認書/承諾書 他  
No.13

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

・10万~5000万円の柔軟な利用可能額
・コンサルティングサービスを利用するとアドバイスがもらえる
・新たな仕事の獲得につながるマッチングサービスも充実

充実したアフターフォローが特徴的なファクタリングのTRY。今後の資金繰りに悩んだら、コンサルティングサービスを利用するとよいでしょう。また、マッチングサービスを通して、新たな仕事獲得のチャンスを掴める場合も。手厚いフォロー体制を希望する人におすすめです。

概要

手数料
5%~
対応職種
利用可能額
5,000万円(5,000万円以上も相談可能)
入金スピード
契約終了後最短即日
審査通過率
手続き方法
オンライン/電話及び来社/出張(オンラインでは完結しない)
必要書類
(審査時) 請求書/発注書・契約書/売掛先住所・連絡先がわかるもの/取引銀行口座3ヶ月分の通帳
No.14

ワイズコーポレーション

ワイズコーポレーション

・入金タイミングは即日対応可能
・最大5000万円まで買い取ってもらえる
・リピート率91%を誇る

ワイズコーポレーションのスタッフは、さまざまな業種に精通しています。例えば、ファクタリングでメジャーな建設業や運送業のほかに、人材派遣業や小売業向けなども対応可能です。初めてファクタリングサービスを利用する人でも、クライアント企業の業界に精通しているスタッフがいれば心強いでしょう。

概要

手数料
2社間では5%/3社間では3%
対応職種
利用可能額
50万〜5,000万円
入金スピード
即日から数日程度
審査通過率
手続き方法
オンラインまたは電話にて申込み後、面談・書類審査あり
必要書類
【申込時】決算書(直近2期分)/売掛先との契約書、請求書、発注書等/入出金の確認がとれる通帳(過去6カ月分)【面談時】会社謄本/印鑑証明書(法人・代表者個人)/代表者個人の住民票/代表者の身分証明書(顔写真付)/申込与信審査の必要書類の原本
No.15

PAY BRIDGE

PAY BRIDGE

・最短1日で入金可能
・広告業界に特化したサービスを展開
・最大で95%の売掛金を現金化できる

PAY BRIDGEは広告業界に特化したファクタリング会社です。もちろんカメラマンやデザイナー、コピーライターなどの個人事業主にも対してくれるので安心してくださいね。また、創業8年と業界のなかでも先駆者的な存在。ファクタリング会社の安定性を重視する人におすすめです。

概要

手数料
対応職種
広告業界限定
利用可能額
入金スピード
最短即日~
審査通過率
手続き方法
面談時に来訪あり
必要書類

フリーランスのあなたにはこちらに記事もおすすめ

miki

この記事の監修者

miki

『みんなのキャリア』ディレクター

株式会社エージェント『みんなのキャリア』編集ディレクター。福島県出身。文章を書くことと広告が好き。趣味は筋トレとバスケ。

LINE はてぶ
PAGE TOP

関連記事

おすすめ比較
【2022年徹底比較】フリーランス向け福利厚生おすすめ人気ランキング4選

【2022年徹底比較】フリーランス向け福利厚生おすすめ人気ランキング4選

フリーランス向け福利厚生4選

  • 福利厚生
おすすめ比較
【2022年徹底比較】フリーランス向け賃貸/不動産サービスおすすめ人気5選

【2022年徹底比較】フリーランス向け賃貸/不動産サービスおすすめ人気5選

フリーランス向け賃貸/不動産サービス5選

  • サポート
おすすめ比較
【2021年徹底比較】フリーランス向けコミュニティおすすめ人気ランキング14選

【2021年徹底比較】フリーランス向けコミュニティおすすめ人気ランキング14選

フリーランス向けコミュニティ14選

  • 会計ソフト
おすすめ比較
【2022年徹底比較】フリーランスエージェントおすすめ人気ランキング22選

【2022年徹底比較】フリーランスエージェントおすすめ人気ランキング22選

フリーランスエージェントおすすめ22選

  • フリーランスエージェント
おすすめ比較
【2022年徹底比較】クラウドソーシングおすすめ人気ランキング10選

【2022年徹底比較】クラウドソーシングおすすめ人気ランキング10選

クラウドソーシング10選

  • クラウドソーシング
おすすめ比較
【2022年徹底比較】フリーランス向け会計ソフトおすすめ人気ランキング3選

【2022年徹底比較】フリーランス向け会計ソフトおすすめ人気ランキング3選

フリーランス向け会計ソフト3選

  • 会計ソフト
おすすめ比較
【2021年徹底比較】 フリーランス向けマッチングサービス おすすめ人気ランキング13選

【2021年徹底比較】 フリーランス向けマッチングサービス おすすめ人気ランキング13選

フリーランス向けマッチングサービス13選

  • マッチングサービス
おすすめ比較
【2021年徹底比較】フリーランス向け求人サイトおすすめ人気ランキング14選

【2021年徹底比較】フリーランス向け求人サイトおすすめ人気ランキング14選

フリーランス向け案件サイト14選

  • フリーランス案件サイト