ニコニコ生放送

ニコニコ生放送

最終更新日 2021.12.14

公開日 2021.11.13

会員数

8,662万人(2021年6月時点)

ダウンロード数

100万以上(2021年11月時点)

配信ジャンル

スポーツ/音楽/エンターテイメント 他

対象年齢

12歳以上

収益源

有料チャンネル/グッズ販売/投げ銭

ユーザー層

男女/10〜90代

機能

アーカイブ/ボイスチェンジャー 他

対応エリア

日本

上場企業運営

×

監視体制

株式会社ドワンゴが運営するニコニコ生放送は、無料ですぐに楽しめる日本最大級のライブ配信サービス。ユーザー数8,000万人、プレミア会員148万人を超える国内最大級のサービスです。(2021年6月時点)

 

「すぐ収益化できる配信プラットフォームが知りたい」

「配信中ユーザーからのリアクションをすぐ確認したい」

 

このように配信サービスについて知りたり人に、この記事では、ニコニコ生放送の内容や利用するときのポイントなどを詳しくまとめています。

 

記事を読むことで、ライブ配信で収益を出す方法がわかるようになるでしょう。発信を多くのユーザーに知ってもらいたい人にもおすすめです。

提供会社

株式会社ドワンゴ

株式会社ドワンゴ

ネットワークエンタテインメントコンテンツ及びシステムの企画/運営 他

東京都中央区

特徴

ジャンルが豊富でリスナーの目につきやすい

ニコニコ生放送ではさまざまなジャンルの配信が閲覧されているため、人気を獲得するまでの時間を短縮しやすい環境にあります。

 

検索機能も充実しており、デフォルトで表示される10ジャンルに加えて、ニッチなジャンルの配信も閲覧しやすいのが特徴です。

 

例えば「一般」のジャンルでは、画面に「スマートフォン配信」や「雑談」、「クルーズ待ち」などの細かい派生ジャンルが表示されています。

 

そのため自分が発信したコンテンツも、リスナーから見つけてもらいやすくなるでしょう。

コメントでリスナーからの反応を確認できる

配信中の映像に対してリスナーがコメントを投稿できるため、配信者はニーズに沿った配信がつくりやすい傾向にあります。

 

投稿したコメントはリアルタイムで共有、配信者を含め配信を見ているすべてのリスナーが閲覧可能です。

 

そのため配信コンテンツに対するリスナーの反応をすぐにチェックできます。コメントの内容を参考にすることで、配信の分析にもつなげられるのがポイントでしょう。

 

どのような層のリスナーが集まっているのかを知るためにも、必要に応じてコメントを確認しておくのがおすすめです。

収益化に条件がない

ニコニコ生放送の動画で収益化するための条件はありません。そのため初心者でも収益化に向けたハードルを感じずに、コンテンツの投稿ができます。

 

利用資格や条件をクリアしていなければ収益化できない動画配信サービスとは異なり、認知度が高まる前に収益化が可能です。

 

配信の規約を守り、動画さえ配信停止にならなければ収益化の審査にはとおります。

 

初めて出す動画から収入を得られるため、モチベーションを維持しやすい環境が整っています。

利用までの流れ

STEP 1

新規会員登録

公式サイトの「ニコ生プレミアム会員登録ページ」にて、新規会員登録が可能です。

 

登録はSNSを利用する場合と、新規でアカウント作成する場合の2パターンがあります。

 

【SNSアカウントで登録する場合(アイコンをクリック)】

 

・Apple
・Twitter
・Facebook
・LINE
・Google

 

【メールアドレスで新規登録する場合】

 

・メールアドレス
・電話番号

 

上記の項目を記入して「新規会員登録」ボタンを押して、登録完了です。

STEP 2

プレミアム会員登録

プレミアム会員になるためには、料金が必要になります。支払い方法は次のとおりです。

 

・クレジットカード
・PayPal
・docomo spモード決済
・SoftBank/Y!mobile
・auかんたん決済
・LINE Pay(90日間 1,760円)

 

注意点としては、クレジットカードは月額550円と年額6,600円があることです。

 

またLINE Payでは90日間で1,760円の料金設定になっています。支払いの際には注意しましょう。

STEP 3

本人確認書類

会員登録が終わったら、最後に本人確認書類を提出します。

 

公式ホームページにアクセスし「サポートに問い合わせる」ボタンを押下しましょう。

 

年齢確認が必要のため、問い合わせフォームに以下の内容を入力します。

 

・「クリエイター奨励プログラムの本人確認について」という一文
・氏名
・住所
・生年月日
・本人確認書類の添付(運転免許証、写真付き住民基本台帳カードなど)

 

ニコニコ生放送の運営から返事がくれば、登録はすべて完了です。

よくある質問

配信で稼ぐコツはある?

ニコニコ生放送の配信で稼ぐコツとしては、以下の媒体と連携する方法があります。

 

・YouTube
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・ブログ

 

ニコニコ生放送のみの利用でも稼げる可能性はありますが、よりチャンスを広げるためにも他のサービスを活用するのがおすすめです。

 

しかし発信のプラットフォームによって拡散のコツは異なるため、それぞれ戦略を立てて利用しましょう。影響力を大きくしてファンを増やせば、自然と収益にもつながっていきます。

どのような人に向いている?

人と接するのが好きな人ファンを大事にしたい人におすすめ。ニコニコ生放送は、次のような人に向いています。

 

・発信したい内容が明確に決まっている人
・オンライン上での人間関係を大切にできる人
・リスナーの需要に応じて企画を考えられる人

 

総じて発信プランを立ててチャンネルを運用できる人が向いているでしょう。

 

またオフ会やイベントでリスナーと会う機会も多いため、良好な人間関係を築けるとファンも増えやすい傾向にあります。

ゲーム配信をするには?

ゲーム配信をするには、次の方法があります。

 

・PC(Switch、スマホゲーム、PS4のゲームどれでも配信が可能)
・PS4(端末とソフトさえあれば他に機材がいらない)
・スマホ(ゲームアプリを使う方法と、通常のニコニコ生放送アプリを使う方法がある)

 

最も一般的なのはPCを使う方法です。特別な設定が不要で対応しているハードも豊富なため、多くの配信者が採用しています。

 

一方スマホで配信する場合は、アプリのダウンロードが必要です。あらかじめ準備しておきましょう。

評判・口コミ

5
1
4
2
3
1
2
(0)
1
(0)
ななせ

ななせ

4/5
年齢
28歳
年収
300万円
業界
IT/通信/インターネット系

距離感が近くて親近感が湧きます

ログインして続きを読む

YouTubeなどに比べると画質がかなり悪いですし、視聴するにも配信するにも安定感がないように感じますが、YouTubeなどよりは気軽に配信ができますし、コストもかからないのでお手軽さは良かったと思います。

また、アプリの使い勝手は悪くはないですが、Webサイトだと非常に重たいですし、サクサク検索もできないので、Webサイトに関しては使い勝手が悪いように感じました。

視聴をする際にも時々利用していますが、完全に素人感があるので、個人的には配信中に何が起こるか分からないようなワクワク感は好きですし、YouTubeのように飾っているような雰囲気がないので、その分距離感も近く感じられ親近感が湧くので、この雰囲気は結構好きではあります。

クワバラ

クワバラ

5/5
年齢
32歳
年収
350万円
業界
輸送/交通/物流/倉庫系

一体感があり盛り上がります

ログインして続きを読む

登録から配信までとにかく簡単で非常に使いやすいですし、ニコニコ放送と言えばやはり画面に流れるコメントがあるので、視聴者の方と一体感も生まれコミュニケーションの取りやすさは非常に良かったと思います。
また、視聴者の方同士でもコミュニケーションが取れ盛り上がってもらえるので大変楽しかったですし、やはりコメントで盛り上がれる分ゲーム実況やスポーツ系の配信はとても向いていました。
視聴人数制限があるのはデメリットではありましたが、チャンネルの有料化もできますし、システム的にも使い勝手的にも他なライブ配信アプリと比べて大変稼ぎやすいと思います。
ライブ配信初心者でしたが、とても効率が良かったので満足でした。

とむぅ

とむぅ

4/5
年齢
47歳
年収
550万円
業界
IT/通信/インターネット系

素人でもできる生放送

ログインして続きを読む

ドワンゴ提供のネット生放送配信サービスです。

海外では圧倒的にyoutubeが有名ですが、

日本でネット配信を手軽にしてくれたサービスと言えばやはりこれでしょう。

放送主は自分の好きなことをやって、それを見たい人が集まってくるというのが基本的な流れです。

配信中にコメント機能を使って配信者とコミュニケーションをとるのももちろん楽しいですが、

ただ見ているだけでも面白い放送もたくさんあります。

公式放送にもなかなか面白いものがあって、焚火を眺めるだけのものや水族館などの一日を定点観測するなど

自分に合った放送を探すのが楽しいです。

つっきー

つっきー

3/5
年齢
34歳
年収
500万円
業界
IT/通信/インターネット系

ハードルは高いです

ログインして続きを読む

利益の83%が手元に残るので、比較的手数料は少ない方で良かったと思いますが、登録をしてもらうに至るまでは非常に難しい印象を受けました。ただ、月額料金は自分で設定が出来るので、充実したコンテンツを配信して安く設定をすれば可能性は広がる印象でした。ただ、やはり継続して安定させるのは難しかったです。

いしい ひろふみ

この記事の監修者

いしい ひろふみ

フリーランスライター/キャリアメンター

福岡県在住。新卒でITエンジニアを経験したのちフリーライターへ転向。転職・IT・金融などのジャンルで執筆し、年間執筆数は150本を超える。現在はキャリアメンターとしても活動中。

LINE はてぶ
PAGE TOP

みんなのキャリアはTOKYO PRO Market上場企業である
株式会社エージェントが運営しております。
東京証券取引所(証券コード:7098)