【2021年最新】徹底解説!JOB HUBの口コミ・評判

40年の実績を信頼を誇る「JOB HUB」は東証一部上場のパソナグループの株式会社パソナJOB HUBが運営しているクラウドソーシングサービス。

 

人材サービス会社だからこそ仕事を提供する側、受注する側双方の立場を考えたサービスを提供しています。

 

「自分の希望に合う仕事はあるのかな?」
「JOB HUBに登録すると安心して仕事ができる?」

しかしそんな実績と信頼のある会社が運営しているサービスであっても、いざ登録となるとこのような不安から踏み出せない人もいるでしょう。

 

登録前に信用できる評判や口コミを参考にしたいと思いますよね。

 

そこで本記事ではJOB HUBでは、JOB HUBのリアルな評判と口コミを集め、JOB HUBの実態を紐解いていきます。

 

クラウドソーシングサービスを検討している人はぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングサービスとは

JOB HUBはクラウドソーシングサービスの1つ。そもそもクラウドソーシングサービスとはどのようなサービスなのでしょうか?

 

クラウドソーシングとは「JOB HUB(群衆)」と「sourcing(委託)」をかけ合わせた造語で、不特定多数の人に仕事を委託するサービスがクラウドソーシングサービスです。

 

登録から仕事の受注、報酬の支払いに至るまで全てWeb上で完結するため未経験者でも手軽に始められるアウトソーシングの1つです。

 

自分の空いた時間に好きな場所で仕事ができることから、フリーランスの人のみならず主婦や学生も利用しやすいサービスと言えます。

フリーランスエージェントとの違いは?

クラウドソーシングサービスと似たサービスにフリーランスエージェントサービスがあります。どちらもフリーランスと企業(案件)のマッチングを行うサービスですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

フリーランスエージェントサービスとの違いを紹介します。

 

・全てWeb上で完結する

クラウドソーシングサービスは登録から受注、報酬支払まで全てをWeb上で行います。

 

フリーランスエージェントサービスは事前にエージェントと面談や打ち合わせがあり、働くまでに時間も手間もかかるもの。その点クラウドソーシングサービスは手軽にスピーディに仕事を獲得できます。

 

・働く時間と場所を自分で選べる

フリーランスエージェントの案件は常駐案件や就業地域が限定されるものもありますが、クラウドソーシングサービスはインターネット環境さえ整っていればどこでも利用可能。働く場所も時間も自分の思い通りに職務経験を積めます。

JOB HUBの概要

まずはJOB HUBの基本的な情報を紹介します。

運営会社 株式会社パソナJOB HUB
公式HP人材会社のダイレクトマッチング【ジョブハブ】
サービス内容サポート重視のエージェント型案件紹介サービス
利用料無料
登録者数非公開
依頼方法エキスパートタイプ・コンペタイプ
締め日15日・月末
報酬支払い日15日締め→当月末日
月末締め→翌月15日

JOB HUBの特徴

JOB HUB

 

他のフリーランスエージェントとJOB HUBとの違いは何なのでしょうか。JOB HUBの特徴をまず解説します。

仕事のタイプが2つある

JOB HUBで探せる仕事には「エキスパートタイプ」と「コンペタイプ」があります。

 

・エキスパートタイプ

 

エキスパートタイプの仕事ではまずタレント(受注者)が応募したい仕事にエントリー、仕事に対する提案をクライアントに提出します。

 

その後クライアント側がタレントを選出、両者合意に至れば契約、業務開始です。

 

・アプリ開発
・コーディング
・Webデザイン
・HP制作
・営業代行

このような専門スキルを活かす仕事がエキスパートタイプで受注できます。

 

・コンペタイプ

 

コンペタイプの仕事はタレントは自身の作品を応募。見事当選するとその作品が納品され、報酬が支払われる仕組みになっています。

・ロゴ制作
・バナー制作
・チラシ/ポスター制作
・ネーミング
・コピーライティング

このようなセンスを活かす仕事がコンペタイプで受注できます。

利用手数料が無料である

JOB HUBはタレント受注者側は利用手数料が不要です。

 

他のクラウドソーシングサービスを利用して、予定していた報酬から手数料が引かれてがっかりした経験がある人も少なくないはず。

 

JOB HUBではクライアント側が全て手数料を負担する仕組みになっているので、タレントは額面通りに受け取れるので安心です。

仮払い制度がある

JOB HUBは仮払い制度を採用。クライアントは仕事の開始時にJOB HUBに対して仮の入金(エスクロー)をするのでクライアントからの未払いを心配せず仕事を開始できます。

 

実際に報酬が受け取れるのは業務終了後ですが、業務開始からその金額がJOB HUBに確保されているので安心です。

オファー機能がある

オファー機能とは、クライアントが直接タレントに仕事を依頼する機能のこと。実績やスキルに合わせてクライアントはオファーを行います。

 

プロフィールで実績やスキルをアピールし、JOB HUBで実績を貯めると優先的に仕事の案内がくるようになる仕組み。

 

自分のスキルや実績で次の仕事につながると実感できてモチベーションも上がりますね。

JOB HUBの良い評判・口コミ

リアルなJOB HUBの良い評判・口コミを見ていきましょう。

 

JOB HUBは大手クラウドソーシングサービスに次いで名の知れたクラウドソーシングサービスと言えるようです。利用手数料が無料もメリットとして上がっていますね。

JOB HUBの悪い評判・口コミ

リアルなJOB HUBの悪い評判・口コミを見ていきましょう。

大手のクラウドソーシングサービスと比較すると案件数に物足りなさを感じるようです。

 

全体数は少なくても自分の希望にマッチした案件があれば問題なし。自分のスキルを発揮できる優良案件と出会える可能性もあるでしょう。

JOB HUBが向いている人/向いていない人

評判・口コミをもとにJOB HUBがおすすめな人は以下の通り。

・高度なスキルを発揮したい人
・クリエイティブなセンスのある人
・自分の好きな場所で働きたい人
・空いた時間に仕事をしたい人

一方、JOB HUBに向いていない人は以下の通りでしょう。

・未経験・または経験が少ない人
・案件数をこなして稼ぎたい人

JOB HUBの登録方法

ここまでで「JOB HUBを利用してみよう」と思った人に向けて、JOB HUBの利用方法を解説します。

Step1.WEB上で登録する

まずはJOB HUBの公式ホームページの「無料会員登録」から必要事項を入力し、会員登録します。

 

JOB HUB

メールアドレスでの登録のほか、Facebook、Google、GitHubのアカウントで登録ができます。

JOB HUB

主な利用方法、ID、パスワード、規約の同意を入力します。

Step2.JOBのエントリー、提案

登録終了後、サイトにログインするとJOBを検索できるようになります。詳細を確認し、希望のJOBが見つかったらエントリーしましょう。

 

エントリー後、提案画面に切り替わります。

 

JOBのアイデアや計画をクライアントに提案、細かい条件についてはメッセージでクライアントに伝えられます。提案を基に納品までの各作業段階(フェーズ)計画を設定。最大10個のフェーズに分けてJOBを進められるようになっています。

Step3.提案の承認、契約、作業開始

クライアントから承認されると報酬が仮払い(エスクロー)されます。仮払いを受けたら、作業開始。計画したフェーズごとに納品していき、最終フェーズがクライアントから承認されれば正式な納品となります。

Step4.報酬の受け取り

報酬はJOB HUBのMy口座に入金されていきます。実際そのお金を使えるようにするにはMy口座から自分の金融機関の口座への払出しが必要です。

 

自動払出と手動払出がありますが、どちらも締めは15日か月末。15日締めは当月末日、月末締めは翌月15日に払出可能となります。

 

払出の際には手数料がかかり、各金融機関や金額によって手数料は異なるので事前に確認が必要です。

JOB HUBについてのよくある質問

最後にJOB HUBの利用に際して多く寄せられる質問をまとめました。利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

どんな仕事がある?

公式ホームページによると受注可能な仕事は以下のカテゴリーに分類されています。

 

・Webデザイン
・開発/プログラミング
・デザイン/クリエイティブ
・テスト/サイト管理
・セールス/マーケティング
・ライティング/翻訳
・データ入力
・サポートサービス

特殊なスキルが無くても登録できる?

登録はスキルがなくても18歳以上であれば誰でもできます

 

しかしエキスパートタイプの仕事では業務に対する提案をしなければなりません。またコンペタイプの仕事では自分の作品が選ばれる必要があります。

 

従ってクラウドソーシングの経験が少ない人やスキルがない人は受注が難しいと言えるでしょう。

報酬はどのように支払われる?

契約時に合意した報酬額が仕事開始時に仮払いされます。最終的な納品完了時にJOB HUBのMy口座にその金額が入金される仕組み。

 

My口座から自分の金融機関口座に払い出すことで自由に使えるようになります。

まとめ

人材派遣のノウハウがあるパソナグループが運営しているJOB HUB。

 

40年の実績があるJOB HUBだからこそ、発注者側・受注者側双方のニーズを把握し、働きやすい環境を整える仕組みがあります。

 

登録は無料です。公式ホームページである程度情報を入手できますが、登録することで初めて揃う検討材料もあるはず。興味が湧いたら臆せず登録してみましょう。

時短読書で簡単スキルアップ!人気要約サービス『flire』

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】