#私のキャリア失敗談Vol.4|他人や環境のせいにしない。キャリアの成功は「自分がどうあるか」

『みんなのキャリア相談室』新企画#私のキャリア失敗談。これは、さまざまな分野で活躍する方の社会人生活のしくじり・失敗談を紹介する企画です。

 

第4弾の今回は現在、R-BACE株式会社でキャリアアドバイザーとして活躍されている早坂遊羽さんの経験談を紹介します。

物足りなさを感じ始めた2年目。出会ったのは・・・

1社目の社風を否定し、仕事をやりきることなく転職してしまったのは、今思えば失敗だったと思います。

 

当時所属していた会社は、創業50年を超える、業界内では名前の知られた老舗のIT企業で、周りの先輩・上司も素晴らしい方ばかりでした。

 

社会人1年目は初めての環境、初めての人、初めての仕事の連続で緊張感のある毎日でしたが、2年目になると仕事にも慣れ、やや物足りなさを感じるように

 

私が配属されていたコンサルティングの部署は、プロジェクトとプロジェクトの間でほとんど仕事がない時期もあり、そういう時は定時過ぎるやいなや出かけ、平日夜間や土日に社会人のセミナーやイベント、会社外のコミュニティに顔を出してネットワーキングを楽しむようになりました。

 

社外の人脈を広げる中で、私はスタートアップやベンチャーで働く人、フリーランスとして個人で自由に仕事をする人たちに出会います。

 

その人たちは、当時の自分や一緒の会社で働いている同僚・先輩よりも、圧倒的に仕事を楽しみ、輝いているように見えました。

 

自分と同じくらいの年齢の人が会社を立ち上げ、日々目的意識をもって仕事に取り組み、誰とどんな仕事をするか自分のコントロール下においている。

 

精神的にも、経済的にも自分の意思をもって人生を選択できている姿にあこがれました。

本当にこの会社に居続けることが自分にとって幸せなのか

社外で出会った人のご縁で、会社の創業に際しゼロからプロダクトを立ち上げる機会に恵まれました。

 

ユーザーニーズの調査・把握から、機能設計、開発、ローンチまで携わり、またローンチ後のPRや営業企画を間近で見ることができ、本業では感じたことのないような「ワクワク感」がありました。

 

夜遅くでも、土日でも関係なく仕事をしたいと思うほど仕事が楽しいと思ったのは初めてでした。

 

その人たちと比較すると、当時所属していた会社では、熱意をもって取り組む方も一部いる一方、いわゆる大企業的な文化や社風が感じられ、スピード感やチームとしての一体感、目的意識にかけているように見えました。

 

尊敬する先輩はいましたが、自分がプロジェクトに携われる機会も与えられるのを待つしかなく、先輩のようになるまでには20年、30年時間がかかるように思われました。

 

20代で会社の社長を務める人がいるのを横目で見ながら、本当にこの会社に居続けることが自分にとって幸せなのか、疑問に思うようになりました。

 

「成長のスピードを上げるためには、もっと小規模な組織で、自分の裁量をもって仕事に取り組みたい」と思うようになり、1社目を退職するに至りました。

キャリアの成功の鍵は「自分がどうあるか」

でも今振り返れば、自分が思うようなキャリア構築をできない責任を会社の文化に押し付けていただけだなと思います。

 

大企業の中にいても若いうちから大きなチャンスを掴み、その実績をもってより大きなチャレンジをする人もいます。

 

会社の文化を否定することに終始して、自分から意見・提言することから逃げていたのかもしれません。

 

キャリアアドバイザーとして転職の支援をするようになり、改めて自分のキャリアの棚卸をすると、1社目で得た経験が自分を大きく支えてくれていることに気づきます。

 

一つのプロジェクトを自分が責任者として納品までやりきる経験をすることなく退職してしまったことは、自分のキャリアにとってももったいないことだと思いますし、会社が自分に投資してくれた時間やお金をまったく無駄にしてしまう大変失礼なことだったと思います。(ただ、もし今も1社目にいたら、そういった目線は持てなかったとは思いますが、、、)

 

自分にとっての「キャリアの成功」は、どの企業にいるかではなく、自分がどうあるかに左右されると、今なら思います。

 

もちろん、やむをえず環境を変えることが必要な場合もあります。

 

ただ、転職を考える方に対して、うまくいかないと思うことがあった時に、他人や環境のせいにする前に自分の行動で変えられることはないか、まず考えてみることをお伝えしたいと私は思っています。

 

 

 

このエッセイを書いたのは・・・・

早坂遊羽

1992年2月12日生まれ、京都出身、早坂遊羽。

 

両親とも音楽家の家に生まれる。京都大学に入学し、在学中は国際インターンを経験。

 

就職で上京し、中堅SIerのITコンサルタントとして省庁・民間企業のプロジェクトを担当。その傍らスタートアップのプロダクト立ち上げやイベント企画のPRに携わり、事業開発や情報発信の面白さを知る。

 

その後PR代理店、コンサルファームのコーポレート広報を経て、現職にて人材紹介事業を立ち上げ。ジョブホッパーの自分を反面教師に、キャリアアドバイザーとして転職活動の支援に携わる。

 

R-BACE株式会社HPhttps://www.r-bace.com/

 

転職ブログhttp://job.r-bace.com/

 

Twitter@yuhayasaka1031

 

Facebookhttps://www.facebook.com/yuu.hayasaka/

 

notehttps://note.com/rbace_tenshoku

 

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】