自分の思い通りになる!習慣を変える8つのコツ

習慣 変える

習慣を変えるってなんでこんなに難しいのでしょうか。何度も挑戦しては、挫折してしまいますよね。

 

しかし、「変えたい」と思うのはあなたに向上心があるから。その向上心を無駄にしないためにも、習慣を変えるコツを知って次こそ習慣を変えられるようになりましょう。

 

この記事のまとめ

  • 習慣を変えるのは大変
  • だからこそ大きな変化が起こる
  • 成功のカギは”具体的”かどうか

習慣化するのが大変な理由

最初は「よっしゃ!」と思っていても、何日か経つと諦めている自分に気づく人も多いはず。なんで習慣化はそんなに大変なのでしょうか。

短期間で劇的に変わると思っている

すぐに効果を期待するあまり、何日か経って変わっていないと諦めてはいませんか?

たしかに習慣を続けるなら、目に見える変化がないとやる気も下がってしまいます。

気づいたら挫折してから数カ月経っていて、「続けていたら変わっていたかも」と後悔した経験もあるのでは。

大きすぎる目標を立ててしまっている

大きすぎる目標を立てると「どうやって」「何から」始めるか曖昧になってしまい、続けられないことがあります。行動まで落とし込んでいないと、始めるまでにハードルが高いからかもしれません。

また、着々と変わっていても目標とのギャップに苦しみ、習慣をやめてしまうこともあるでしょう。

一度にたくさんの習慣を身につけようとしている

「痩せたいから朝は30分ウォーキングして、スムージー飲んで、夜ご飯はサラダだけ。半身浴を毎日しよう」

すぐに変わりたい時は、このようにたくさんのことを一度に始めがち。「たくさんの習慣=その分効果が増す」と思ってしまいますよね。

 

一度にいくつも新しいことを始めるのはストレス。どれも中途半端になってしまって身につかない。そんな経験がある人もいるでしょう。

「変わりたい」気持ちが長続きしない

習慣を決めた時は気合いが入っていても、時間が経つとモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

「やっぱり今のままでもいいや」
「ここまで大変な思いして習慣変える必要ないかも」

自分を励ますことができずに目的を失ってしまい、諦めに繋がります。

 

人の気持ちは変わりやすいもの。モチベーションを持続させるのはとても難しいですよね。

習慣化のコツ

習慣化に挫折した経験があっても大丈夫!習慣化するコツを8つ紹介します。すぐ始められそうなものから試してみましょう。

今までの失敗原因を振り返る

自分に合った対処法を見つけるなら、自分から学ぶのが早い。

「前はなんで失敗したんだっけ」
「どのくらいの期間続けられたかな」

振り返ってみると欠点がわかり、どうしたら習慣にできるかわかるはず。まずは過去の失敗を振り返ってみましょう。

習慣を変えることは楽ではないと心得る

習慣を変えるということは、今までの生活の一部を変えるということ。自分に染みついたものを変えるのは、思っているより簡単ではありません。

だからこそやりがいがあり、大きな変化が起こるのです。

・「簡単に変わったら苦労しない」と言い聞かせる
・「辞めたい」と思ったときほど続けてみる

例えばこのように日々意識すれば、諦めそうな時も乗り越えられるでしょう。

習慣を変えられなかった・変わった自分をイメージする

習慣を「変えられなかった自分」「変えられた自分」をイメージしてみましょう。

イメージができると、「自分も変われるんだ」とうきうきしますよね。できるだけ毎日イメージすれば、向かっている自分を実感できてだんだんと習慣が苦ではなくなるかもしれません。

 

今すぐできることなので、頭の中で思い描いてみましょう。

習慣を身につける目的を記録する

習慣で変われた自分をイメージできたら、より具体的にするために「習慣を変える目的」を考えてみましょう。「なんで習慣を変える必要があるんだ?」と挫折しそうになった時に、目的があれば自分を励ますことができます。

・仕事で今年中に昇進して給料アップし、プロポーズするため
・5kg痩せてあのブランドの洋服を誰よりも似合う自分になるため

例えばこのように、具体的であればあるほど良いでしょう。さらに記録することで、いつでも見返せます。ぜひ試してみましょう。

やらないことを決める

新しい習慣を足すと、やることが増えて最初のうちは大変。それと一緒に「やらないこと」も決めてみましょう。

「なにか始めるなら、なにかやめる」と決めることで、新しいことをするスペースができます。

 

「やることが多くて大変」と挫折してしまう人におすすめです。

小さい習慣から始める

例えば「1日3時間勉強する」など0から始めるには難しい習慣は、達成すること自体が大変

 

そんな時は、小さい習慣から始めるのがおすすめ。

・寝る前に英語を3単語覚える
・~駅から~駅まで本を読む

このように小さいと達成することが簡単。小さな積み重ねが自信になり、気づいたら習慣を続けられているかも。まずは小さい習慣を、楽しんで続けられるようにしましょう。

スケジュールに記入する

スケジュールに予定と一緒に記入すると「予定だからやらなきゃ」と使命感に駆られるでしょう。書いてあるのにやらないと、もやもやしてしまうかも。

最初は無理やりでも続けることが大事。何度も挫折してきて自分を信じられなくなっている人は、予定に書いて無理やりでも目にする回数を増やしましょう。

できたときは自分を褒める

達成できたことは誰でも誰かに褒められたいはず。しかし「周りの人に自分から言うのは気が引ける」「周りの人は気づいてくれない」な時は自分で自分をたくさん褒めましょう。

・10日間続いたら行きたかったカフェに行く
・結果が出たら欲しかった化粧品を買う

そのようにご褒美を用意しながら習慣を変え始めれば、続けられるかも。

 

気持ちのコントロールは、習慣を変えること以外にも特に仕事で役に立つでしょう。

関連習慣を築ける魔法の名言集|”三日坊主”にこっそり教える速攻テクニック

まとめ

挫折しがちな人が習慣を変える方法を紹介しました。

 

習慣を変えることは難しいからこそ、自分で自分を励ましながら続けていきましょう。その先にはきっと理想の自分が待っているはずです。

時短読書で簡単スキルアップ!人気要約サービス『flire』

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】