仕事の能力限界は自分のせい?【原因・対処法】

仕事 能力の限界を感じる

まだ自分にできることはあるかなと思いつつも、度重なるミスや違和感で「もう無理かも」と諦めたくなる。

 

そんな仕事での能力の限界は、一定期間働いていると直面する壁なのではないでしょうか。環境を変えずに対処できることもあれば、転職が必要な時もあります。

 

紹介する対処法を試して、あなたに合った道を見つけにいきましょう。

仕事で能力の限界を感じる時

あなたはどんな時に能力の限界を感じますか?感じ方によって、対処法が変わります。まずはいつ能力の限界を感じるのか、振り返ってみましょう。

パニックゾーンにいる

能力の限界を感じると、自分を責めてストレスを溜めこんでしまいがち。しかし環境が合っていない場合もあります。あなたの状況を客観視してみましょう。

 

今あなたがどんな状態であるのか、示す言葉が3つあります。

コンフォートゾーン:不安がなく居心地が良い状態
ラーニングゾーン :少し不安・ストレスがあって背伸びが必要な状態
パニックゾーン  :スキル・経験が通用せず、大きなストレスを感じる

能力に限界を感じているあなたは、もしかしたらパニックゾーンにいるのかもしれません。続けると健康にも異変が出てしまい、危険です。

 

思い当たることがあれば、こちらの記事をチェックしましょう。

関連コンフォートゾーンとは?意味・抜け出す方法【成長のために不可欠】

力不足を感じる

日々の業務で力不足を感じる場面が増え、「もしかしてもう限界なのかも」と思っている方もいるでしょう。

・同期がどんどん昇進していく
・仕事のスピードが落ちた
・会議で発言できない
・前よりもアイデアが思いつかない

毎日積み重なると、やりがいを感じられずストレスが溜まりますよね。しかしこれは成長するチャンス!新たなステージにいく前だから苦痛なのかもしれません。

関連【一発解決】仕事で感じる劣等感の原因・乗り越える方法

仕事で能力の限界を感じる時の対策

「まだ今の状況で諦めるのは早い?」「それとも転職して良いの?」

 

それを判断するために、まずはできることがないか探してみましょう。6つの対処法を紹介します。

限界を感じたことを洗い出してみる

より詳しく、「どんな時に能力の限界を感じるか」を可視化することで解決ポイントがわかります。

・努力したら乗り越えられるのか
・なにに対処したらいいのか
・何をしても無理なのか

それがわかるだけでも気持ちが楽になりますよね。うまくいかないことが重なって、漠然と「もう無理だ」と思っていただけかもしれません。明確にして対処に向かいましょう。

目の前のことを1つずつこなしてみる

いくつも仕事を抱え込んで中途半端になってしまい、能力の限界を感じているのかもしれません。そんな時は目の前の仕事に1つ1つ向き合ってみましょう。1つでも達成した時に自信になります。「どうしたらできるようになるか」考えながら打ち込むと、新しい発見もあるでしょう。

「本当に向いていないのか?」

集中すればその疑問が解消されるかもしれません。

勉強する

能力の限界を感じるのは、勉強不足で今持っている知識では対応できないのかもしれません。

 

働いていると疲れや忙しさで勉強時間を作れない方も多いでしょう。しかし朝や通勤時間、仕事終わりなど自分次第で時間は作れます。周りの社会人がぼんやりしている間に差をつけられるはず。

 

1日30分でも積み重ねれば大きな力になります。仕事に役立つスキルや興味がある分野を勉強して、能力不足を解消しましょう。

関連【必見】仕事終わりの勉強で人生が劇的に変わる方法 関連【時間が増える】朝活で何する?いつも挫折しているあなたへ 関連無駄な通勤時間を有効活用する方法12選|おすすめアプリ・悩み別過ごし方例

メモをとる

毎日の生活でも学ぼうとすれば学べることはいくつもあります。また能力不足が原因だと思っていたミスも、メモをとるだけで少なくなるかもしれません。

 

メモをとるといつでも振り返りができ、「なんでこうなったんだろう」と考えを深められます。日々の行動から能力不足の原因を探りましょう。

できることは何か考えてみる

自分にできることはなにか、考えてみると自信を取り戻せたり、新しい道が見つかったりするかもしれません。

・どんな人でありたいか
・長時間できることは何か
・人より簡単にできることは何か

この3つの角度で「できること」を考えてみましょう。もしかしたら今の仕事は他の人から見ると「あなたにしかできない仕事」かもしれないし、違う仕事の方が向いているかもしれない。その答えが見つかるでしょう。

関連“できること”から自分らしい仕事を発見する3つのヒント

同僚や上司に相談する

客観的にあなたの仕事ぶりを見ている同僚や上司は、能力不足を解消する答えを持っているかもしれません。

 

きっと同僚や上司もそれぞれ壁を乗り越えているでしょう。自分では思いつかなかった対処法を教えてくれる場合もあります。

 

自信がないと心を閉ざしてしまいがち。どんどんネガティブになり、負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。そんな時は勇気を振り絞って周りに助けを求めてみましょう。

どうしても無理だと思ったときにすること

セレンディピティ

今の仕事ではやっていけないと感じる人もいるはず。そんな時にしたいことを3つ紹介します。「今の仕事だけではない」他の選択肢も知っておきましょう。

キャリアアドバイザーに相談する

何人もの転職活動のお手伝いをしたキャリアアドバイザーなら、きっとプロの目線であなたのキャリア相談に乗ってくれるでしょう。

「今の会社ではもう無理だ」
「とはいえ、これからどうしよう」
「こんな私でもできる仕事あるかな」

そんな悩みにもきっと乗ってくれるはず。あなたの強み・課題を客観的に見つけ、本質的な課題を見つけてくれるかもしれません。

関連【現役キャリアアドバイザー直伝!】相談で自分に合った会社をスムーズに見つける方法

転職関連の記事を読む

「キャリアアドバイザーにいきなりは相談しづらい」

そんな時におすすめなのが転職関連記事。スマホさえあれば簡単に見つけられます。だんだんと転職活動・転職後のイメージがわき、「転職した方が幸せか」見えてくるでしょう。

関連「ちょっと待って!」勢いで転職すると起こる最悪な事態【回避法】 関連自分に合う仕事見落としてない?”仕事が無い”人が今すぐすべきこと

地元に帰ることを考えてみる

地元がある人は、実家に帰ることも考えてみましょう。もしかして都会の生活が合わず、限界を感じているのかもしれません。

 

場所を変えたからといって、全てが解決するわけではないのが現実。「帰るべきか否か」自分で答えを出して、後悔がないようにしましょう。

関連自分らしい生き方を求め、仕事を辞めて地元に帰りたい【帰るか判断する方法】

まとめ

仕事で能力の限界を感じる時の対処法を紹介しました。

 

能力の限界は自分に責任を感じてしまい、仕事が憂鬱になっているかもしれません。働いていれば多くの人がぶち当たる壁。今の自分にできることをして、乗り越えましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】