【自分は仕事ができない…】辛い時の対処法|仕事ができない人の共通点とは?

仕事 できない 辛い

仕事ができない辛いと感じ、会社に行くのが嫌になりますよね。

 

自分では最善を尽くしているつもりでも、「仕事が遅い」と怒られてしまって落ち込むこともあるでしょう。ミスしないように気をつけているのにどうしてもミスが減らず、困っている人もいるかもしれません。

 

「仕事ができるようになれば、もっと会社に行くのが楽しみになるのに。」
そう思っている人はチャンスです。

 

この記事では、仕事の仕方や口癖から仕事ができない理由を明らかにし、仕事ができるようになる方法を紹介しています。

 

この記事を読んで。仕事ができない自分を変える一歩を踏み出しましょう。

仕事ができない理由

仕事ができない人には次のような特徴があります。

・同じミスを何度も繰り返す
・期限や待ち合わせの時間に遅れる
・仕事が遅い
・責任感がない

このような行動が原因で周囲の人の業務に影響が及んでしまうと仕事ができないと思われます。
ではなぜこのような行動になってしまうのか、その理由を探っていきましょう。

ミスをそのままにしてしまう

同じミスを何度も繰り返してしまうのは、ミスをそのままにしているからかもしれません。仕事にミスはつきもの。ミスしたからといって、仕事ができないと思われることはないでしょう。

 

しかし同じミスを何度も繰り返すと、再発防止の努力が見られないため仕事ができないと思われるのです。

 

例えば誤字。自分では大したことがないと思っていても、毎回誤字があるといい加減に仕事をしている印象を与えます。

 

文書を作成した後には必ず見直して、誤字がないようにするのは社会人の基本。それでも1度誤字を指摘されたら、今まで以上の入念な見直しが必要でしょう。

 

些細なミスも繰り返すと周囲の人の信頼を失うことにつながり、「仕事ができない」という印象を残します。

タスク管理ができていない

タスク管理ができていないとスケジュールに余裕がなくなり、期限や待ち合わせの時間に遅れてしまうことがあります。

 

例えば取引先との打ち合わせの時間をうっかり忘れ、上司から厳しく叱責されるケース。自分の仕事を管理できていないために、目の前の仕事に集中し過ぎてしまったことが原因です。

 

他にも自分が担当するタスクの目的の理解不足で、仕事ができないと思われるケースもあります。

 

例えば、新しく売り出すたい焼きを外国人観光客向けに紹介する記事を書く場合。対象が外国人観光客と知らないと、必要な情報が欠けてしまうかもしれません。

 

業務全体を意識したタスク管理をすることで、自分のタスクの目的を明らかにでき、仕事ができないと思われることはないでしょう。

自己肯定感が低い

仕事ができない人の中には、自己肯定感が低く「自分は何をやってもダメだ」と思っている人もいます。自分に自信が持てず、周囲の評価ばかりを気にしているため、なかなか仕事に集中できません。

 

そのため仕事が遅くなったり、ミスが多くなったりします。

 

例えば「どのくらい進んでいる?」と進捗状況を聞かれたとき、「あと少しです」といつも答えてしまっていませんか?

 

本当はまだ時間がかかりそうと思っていても、「それを言ったら叱られるかも」と不安になり本当のことが言い出せないのでしょう。

 

提出しても「あと少しと言ってからずいぶん経ってるね」と皮肉を言われてしまうかもしれません。

何でも人のせいにする

何でも人のせいにして自分で責任をとらない人も、仕事ができない人と思われます。

 

作成した資料について「どうしてこの数字になったのか」と聞かれても、「さぁ、〇〇さんがそう言ってました」という答えでは担当者とは言えません。

 

どんなタスクでも任された以上、そのタスクに対する責任が生じます。そのタスクに関して何も対応できないと、仕事ができないとみなされてしまうのです。

仕事ができない人の口癖

無意識に言ってしまう「口癖」。仕事のモチベーションに影響しているかもしれません。言っている本人だけでなく、それを聞いた周囲の人のモチベーションにも影響は及ぶこともあるため注意が必要です。

 

仕事ができない人がよく言う口癖には、次のようなものがあります。

「できません」「自分には向いていない」

指示されたことにすぐ「できません」と言ってしまうと、それ以上努力をする意思が感じられません。

 

指示する側の上司も難しいことは承知の上で、前向きに取り組む姿勢を期待しているはず。自分には向いていないと思われることでも、やってみれば意外にできることもあります。

 

このような言葉が口癖になってしまうと、新しい挑戦のチャンスが減ってしまうかもしれません。

「わかりません」「知りませんでした。」

間違いを指摘したとき「それは知りませんでした」と言うと、やる気がないと思われるでしょう。指示の内容を記録しなかった自分の責任を感じておらず、指示した上司のせいにしていると思えるからです。

 

わからないことがあれば、わかるように努力をする姿勢が期待されています。その姿勢が感じられないと、仕事を任すことは難しいと思われてしまうのです。

「でも」「だって」

アドバイスを聞いても「でも」とすぐに反論する人は、次第に協力者が少なくなってしまいます。

 

「でも」とすぐに言われると自分の話を聞いてくれなかった気がするため、話を続ける意欲がなくなってしまうのです。何か言ってもいつも反論されると、その人のために何かしてあげようという気にはなりません。

 

「でも」が口癖になっていると、困ったときに協力してくれる人が少なくなってしまうため、うまく仕事が進まず仕事ができない人になってしまうのです。

「面倒くさい」「まぁ、いいか」

すぐに「面倒くさい」と言う人が職場にいるとやる気がでませんよね。

 

大抵の仕事は細かい作業の積み重ねで成り立っています。1つ1つの作業は面倒なことかもしれませんが、それを丁寧にやることで業務の成果を挙げることができるのです。「面倒くさい」と手を抜くとミスにつながるため業務効率は低下します。

 

周囲の人も「面倒くさい」と何度も聞くと、モチベーションは下がってしまいますよね。このような口癖は職場の雰囲気を悪くしてしまいます。

仕事ができなくて辛い時の対処法

仕事ができるようになる対処法を紹介します。どの方法も即効性はありませんが、確実にできるようになる方法です。

 

早くできるようになろうと焦ったり、全ての方法を全部試そうとすると心に負担がかかってしまうかもしれません。できそうな方法を少しずつ試してみてください。

相談する

仕事ができなくて困った時には上司や先輩に相談してみましょう。自分と同じような仕事をしてきた人なら、同じような悩みを持っていたかもしれません。自分の気持ちに共感してもらえ、適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

仕事の合間にデスクで相談してしまうと、上司や先輩の仕事を邪魔してしまうかもしれません。

 

まずは「相談したいことがあるので、お時間を作っていただけますか。」と頼んでみましょう。仕事の進め方で悩んでいるという趣旨も伝えると、どのくらいの時間を作るか考えてもらえます。

 

有意義な時間にするために、相談する前には相談内容を整理しておくことが大切です。困っている状況を説明するときには、具体例を挙げると共感してもらいやすくなります。

 

「自分はこういう姿になりたい」と自分の考えや仕事に対する意欲も伝えると、単なる愚痴ではないことがわかってもらえるでしょう。

 

相談することで悩んでいる自分の状況を知ってもらうことにもなり、上司もそれ以降指示の内容や方法を工夫してくれるかもしれません。

関連【たった3つを意識】仕事の悩みを上司に相談しやすくなる方法

 

上司に相談しづらい人は、プロのカウンセラーに相談に乗ってもらいましょう。知り合いではないからこそ、素直にあなたの悩みを話しやすく、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

 

おすすめサービス
エキサイトお悩み相談室
・国家資格取得などプロのカウンセラー
・24時間365日対応
・初回1000円分無料

関連電話でプロに相談!エキサイトお悩み相談室の特徴・口コミ・おすすめな人

質問する

少しでもわからないことがあったら、速やかに質問しましょう。しかし上司や先輩の忙しい様子を見ると、邪魔してはいけないと感じるときもありますよね。

 

そんな時は以下のように声をかけ、できるだけ迷惑のかからないように聞きましょう。

「わからないところがあるので、5分くらいいただけますか。」
「教えて欲しい時があるので、少し手が空いたら教えて頂けますか。」

仕事の基本は「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」。不明な点があればすぐに上司や先輩に質問することが大切です。

 

質問せずにあいまいな記憶を頼りにして進めると、大きなミスにつながることがあります。指示を受けたときの記録をよく見直してもわからなければ、聞くしかありません。

 

質問することで、自分の仕事の進捗状況をわかってもらえることにもなるだけでなく、仕事のやり方についてもコツを教えてもらえる”きっかけ”が生まれるでしょう。

タスク管理をする

タスク管理を徹底し、仕事に遅れが出ないようにしましょう。そのためには、自分の1日の仕事量を把握することが必要になります。

 

仕事のスピード、集中力の持続時間などは人それぞれなので、自分の様子をよく観察して調べましょう。

 

1つのタスクに対してのスケジュールはゴールから逆算して立てます。それぞれのタスクのスケジュールを立てたら、次に優先順位を決めましょう。

 

それを元に1日のスケジュールを立てます。自分のできる仕事量を考え、予期せぬトラブルに備えられるようにゆとりを持った予定にしましょう。上司や関連部署、取引先のスケジュールも調べておく必要があるかもしれません。

 

仕事ができるようになるには、タスク管理の徹底は必須条件と言えるでしょう。

 

【完全版】タスク管理の方法・コツを徹底解説!

自分の理想像を考えてみる

今のあなたは視野が狭くなっている可能性があります。今あなたが「できない」と悩んでいる仕事、実は頑張る必要のないものかもしれません。

 

辛い状況を打破するために、人生全体の中で「どんな自分でいたいのか」を考えてみましょう。

 

今は人生100年の時代。1度視点を広げて考えることで、「辞めるべきか」「続けるべきか」など今の仕事に対する考えも変わってくるかもしれません。

 

環境を変えることで、できない自分が変わることもあるでしょう。

関連キャリアプランとは何か?読んですぐ真似できる例文・事例・書き方・考え方

仕事ができなくて辛い時は心がけから変えよう

行動をすぐに変えるのは難しいと思うときは、「心がけ」を変えることから始めてみましょう。

身なりを整える

まずは形から「仕事ができる人」になるため、清潔感のある服装で仕事をするようにしましょう。

 

パリッとした服を着ると、気分もパリッとします。できる先輩の服装をちょっと真似するのもいいかも。その人のように仕事ができる気分になりますよ。

関連非公開: 職場の臭い人完全対策[ニオイの原因チェックリスト・社員への悪影響]【スメハラ】

デスク周りを整理する

デスク周りをきれいに整理して、どこに何があるかすぐにわかるようにしておきましょう。せっかくタスク管理をしてスケジュールを決めても、必要な資料探しに余計な時間がかかると計画は台無しです。

 

いろいろなファイルが目に入ってしまうと集中力を欠くことにもつながるため、今必要なものだけを広げられるようにしましょう。

はきはきとした口調を努める

はきはきとした口調で話すようにすると言葉が伝わりやすいため、コミュニケーションがスムーズに取れます。円滑なコミュニケーションで業務にも協力してもらいやすくなり、仕事ができるようになるでしょう。

 

自分に不安を感じている人は「えーっと」と口ごもりながら話し、聞きづらい印象を与えます。はっきりと話すことで相手に好印象を与えることができるので、もし内容に不備があっても親切に教えてくれるでしょう。

無駄な時間を減らす

「あれ?今何していたっけ?」とふと思うような時間はありませんか。そのような無駄に思える時間を有意義に使いましょう。

 

例えば以下のような行動をすると無駄な時間を減らすことができます。

・通勤時間にニュースをチェックする
・家ですることのTo-Do リストを作る
・スマホと離れる時間を作る

オンでもオフでもない、ぼーっと過ごす無駄な時間が多いと切り替えがうまくできず、仕事に集中できなくなってしまいます。

 

勤務時間は仕事、休む時間は休む、オンとオフをはっきりさせて仕事に集中することで仕事ができるようになっていくでしょう。

関連【時間のダイエット】無駄にしがちな時間を有意義にしよう

仕事ができないと自覚する

「仕事ができるようになりたい」と焦る気持ちを落ち着かせることも大切です。焦って不安な状態では、新しい一歩を踏み出せません。

 

まずは「今の自分は仕事ができない」と自覚しましょう。だからダメだと自分を否定せず、一旦ありのままの自分を認めることで心は落ち着きます。

 

心が落ち着いたら、仕事ができない自分を理想の自分に近づけるための一歩を踏み出す準備をしましょう。

関連Let It Go!ありのままの自分を受け入れて!自己受容の意味と方法

まとめ

仕事ができない理由と仕事ができるようになる対処法を紹介しました。

 

すぐに変わらなくても心配することはありません。できるようになろうという強い意志を持つことで必ず変わっていきます。

 

焦らず一歩ずつ踏みしめて前に進んでいきましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】