サーフィンの魅力・評価・メリット/デメリット・副業方法【趣味一覧】

サーフィン

サーフィンの趣味を以下の項目で解説していきます。

気になる10個の指標で総合評価
メリット・デメリット
趣味にしたくなる参考情報
副業にする方法

上記4つをまとめています。

サーフィンの総合評価

趣味の評価

 

サーフィンを「趣味探しに必須の10項目」で分析してみました。

出会える度    :★★★☆☆
一人でできる度  :★★★★☆
みんなでできる度 :★★★★☆
インドア度    :★☆☆☆☆
アウトドア度   :★★★★★
モテる度     :★★★★☆
レア度      :★★★★☆
継続できる度   :★★☆☆☆
難易度      :★★★★★
お金がかかる度  :★★★★★

 

モテ趣味の代表格でもあるサーフィン、スポーティでさわやかな印象を持たれることも多く、当然、モテ・出会いポイントが高いです。

 

一方で、海に行く必要がある時間/距離の問題も理解しておきましょう。また、いわゆる「チャラい」印象を持たれる可能性も。(日焼けしすぎるとなおさら)

サーフィンを趣味にするメリット・デメリット

趣味 メリット デメリット

 

サーフィンを趣味にする良い点/悪い点をピックアップしてみました。

サーフィンのメリット
・話題にしやすい
・興味を惹かれやすい
・スポーティなイメージを持たれる
・友人/知人を誘うきっかけになる
・リフレッシュ効果が高い
・日焼けをしやすい

サーフィンのデメリット
・未経験者を誘いずらい
・海が遠いと続けにくい
・移動費がかかる
・用具を揃える必要がある(高い)
・チャラいと思われがち

簡単には上達できないスポーツです。未経験者は覚悟しておきましょう。

 

また、ボード等をレンタルすると3,000円から5,000円程度かかる(店にもよる)ので、海まで行く交通費、食費等を含めると1万円近くかかる場合も。

 

当然、日本では夏のシーズンしか楽しめないこともあり、継続性においては難点が多い趣味かもしれません。

サーフィンを趣味にしたくなる参考情報

サーフィンを楽しむユーチューバーの様子を見てみましょう。

 

未経験者であれば、どんな瞬間が楽しいのか?どうやって楽しんでいるか?イメージが湧くはずです。

 

サーフィンで副業をする方法

趣味を副業にする方法

 

サーフィンで副業をする方法は以下の通り。

 

・海(海近く)でアルバイトをする
→ライフガード、海の家など
→サーフィンを楽しみながらお金が稼げる

 

・サーフィン関連の人気Twitterアカウントをつくる
→ファンづくり、集客口、仕事オファーなどが期待される

 

・サーフィン関連の人気インスタグラマーになる
→ファンづくり、集客口、仕事オファーなどが期待される

 

・サーフィン系YouTuberになる
→再生回数を稼ぎ、広告で稼ぐ&集客手段にする

 

サーフィン関連のブログを運営する
→アクセスを増やし、広告で稼ぐ&集客手段にする

 

・サーフィン関連のノウハウを販売
スキルシェアサービスで自由に販売できる
→必ず売れるとは限らない

 

・サーフィン関連ライターになる
クラウドソーシングで仕事を探す

 

 

好きなことを仕事にするのが難しい理由&対策も確認しておきましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】