【体験談】仕事の憂鬱を解消する方法15個まとめました|速攻対処&根本から解消

仕事 憂鬱

「今日も夜まで仕事か、、」「ミスをしてしまったから憂鬱」
誰しもが仕事を憂鬱だと感じてしまう時はあるでしょう。

 

しかしそれが毎日のように長く続いてしまったら、ストレスに変わっていってしまいます。筆者は天気や体調、人間関係など外部環境に影響を受けやすく、「今日仕事なのに全然起きれない」と憂鬱な気持ちに悩んできました。

 

しかし待ってくれないのが仕事。なんとか対処するしかありません。そんな筆者お墨付きの仕事の憂鬱解消法を紹介します。

 

「鬱」「体調不良」を起こさないためにも、仕事での憂鬱な気持ちを少しでも軽くしましょう。

 

この記事のまとめ

  • 解決法がわからない時憂鬱になりがち
  • 仕事の憂鬱はしょうがない
  • 原因を深堀して答えを見つけよう
未経験エンジニア Next Career

仕事への憂鬱を感じるとき

「仕事が憂鬱だ」とふと感じることは多いですよね。では、どんな時に仕事への憂鬱を感じやすいのでしょうか。

・朝起きた瞬間
・お昼休憩から帰るとき
・1週間が始まる月曜の朝
・週の半分が終わった水曜日
・「あと1日しか休日がない」土曜日の夜
・「明日からまた仕事か」と感じる日曜日
・自然と憂鬱な気分になる雨が降った時

「仕事をしなきゃ」と気持ちが張りつめているときよりも、ふと力がぬけた時に「憂鬱」を感じる傾向が。平日よりも連休明けの方が「また仕事か」と思いやすいですよね。

 

憂鬱を感じる原因は、状況によってさまざま。

「なんだか気分がのらない」
「まだ寝ていたい」
「上司に会いたくない」
「新しい仕事に慣れない」
「疲れた」
「プレゼンを控えている」
「人間関係がうまくいっていない」

解決方法がわかっていれば、きっともう解決しようと動き出しているはず。しかし「どう解決すればいいかわからない」ともやもやするから憂鬱に繋がっているのではないでしょうか。

憂鬱な気持ちを紛らわせたい時にすること

「解決よりもとりあえず今は憂鬱な気持ちを紛らわしたい」

そんな時におすすめなことを8つ紹介します。

目覚ましを好きな音楽に設定する

「憂鬱」と感じやすい朝。好きな音楽から始まる朝ならきっと気持ちよく起きれるでしょう。音楽で気分が上がって、つい飛び起きたくなっちゃうかも。

おすすめは映画で朝が始まる時に流れている曲。映画の主人公のように「今日は何が起こるかな?」とわくわくできます。

音楽は簡単なようで意外と気持ちに左右するもの。試しに好きな音楽を設定してみましょう。

朝に楽しみを作る

ついつい起きたくなるような楽しみを作りましょう。憂鬱を感じるのは、朝起きたらすぐ仕事だからではないですか?「朝から好きなことができる!」と思えば、仕事以外の楽しみができて憂鬱を感じづらくなるかも。

・カフェで朝ごはん
・好きな作家の本を読む
・海外ドラマを1話だけ観る
・筋トレをする

10分だけでも好きなことをすれば、充実感が得られます。仕事以外の生きがいが見つかるかもしれません。

 

朝活で何する?

終業後に楽しみを作る

「朝が苦手」な方には仕事終わりがおすすめ。仕事が辛くても「終業後に楽しみがある!」と思えば、そのために頑張れます。
一度きりの人生。仕事だけで毎日が終わってしまうのはもったいないですよね。

 

仕事と関係ないことをすれば、リフレッシュになることも。定時で仕事を切り上げて、好きなことをしてみましょう。

・サービスデーに映画を観に行く
・友達と飲みに行く
・定時になった瞬間帰る
・家で何もせずだらだらする

自分がうきうきすることならなんでもOK。仕事もはかどるかもしれません。

仕事のやる気が出る映画を観る

疲れている時こそ、仕事のやる気が出る映画を観ましょう。映画は客観的に人生を見つめられるのでおすすめ。普段、自分の人生を客観的に見るのは難しいですよね。しかし映画なら、登場人物の行動と自分を照らし合わせることができるのです。

 

輝いている主人公を見て、「私もあんな風に生きたい」と羨ましく思うかもしれません。自分の性格とは正反対な登場人物から、影響を受けることもあるでしょう。「なんでこんなに憂鬱だったんだろう?」と気持ちも晴れるかも。

 

毎日同じことの繰り返しになりがちな毎日。映画の世界から刺激を受けましょう。

美術館に行く

絵画からは、画家が見ている世界や思い描く世界そのもの。
何気ない風景でも鮮やかに描いているものもあったり、ありえない色で描かれているものもあったり。「見方次第で、私の人生もこんなに素敵に見えるのかも」と思えるかもしれません。

 

「アートはとっかかりづらい」という人は、開催されている展覧会に行ってみましょう。いろんな人が訪れているので、周りを気にせず楽しめます。

 

美術館巡りの魅力

やる気が出るプレイリストを作る

「また頑張ろう」と思える曲はありませんか?元気が出る歌詞や、好きなアーティスト。一度でも勇気を貰った経験がある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな曲を集めて、プレイリストを作りましょう。通勤時間に聞けば、音楽のパワーで憂鬱な気持ちを晴らして仕事に行けます。

 

習慣になれば、そのプレイリストを聞くと仕事のスイッチが入るようになるかもしれません。

運動をする

運動にはストレス発散の効果があり、仕事の憂さ晴らしをするのにぴったり。むしゃくしゃした気持ちも、汗と一緒に流せるでしょう。

 

運動が苦手な人は30分スマホを離れて散歩してみるだけでも、リフレッシュに繋がります。友達を誘ってヨガやジムの体験に参加してみるのも良いですね。

何もしない

「憂鬱な気持ちをどうにかしなきゃ」との焦りで仕事がより憂鬱になるのかもしれません。そんな自分を責めずに、ただただぼーっとしてみましょう。

 

意外と「何もしない」って難しい。しかし情報過多な現代では、自分が処理しきれない情報を抱え込んでいる可能性があります。たまには何もせず情報を入れない時間が必要です。

仕事の憂鬱を解決したい時にすること

「憂鬱を紛らわせる方法だけじゃ物足りない!」
「なんとかしてこの憂鬱を解決したい」

そんな人には、7つの方法を紹介します。簡単に1人でできるものもあるので、試してみましょう。

悩んでいることを書き出す

紙とペンを用意して、「もやもや」「悩み」を書き出してみましょう。正直な想いを書き出すことで、心も頭もすっきりします。何をすれば解決するのか自然とわかることも。誰かに言いづらい悩みがある時にぴったりです。

「今の気持ち」
「嫌いな人」
「やりたくない仕事」

なんでも違和感があることを書いてみましょう。

疲れた→休み方がわからない→ストレス発散方法を探してみよう
疲れた→土日も休ませてくれない→会社がおかしいかも?

例えばこのように、最初は漠然とした悩みでも掘り下げることで原因がわかっていきます。すぐにできるので、試す価値ありです。

家を出るまでにやることをできるだけ少なくする

「会社に行くまでの準備が多くて面倒くさい」人におすすめのこの方法。「憂鬱だ」と考える暇もないくらいすぐに家を出られるように準備しておきましょう。

・前日に服の準備
・朝ごはんの準備
・椅子に座って届く範囲に全て置いておく(化粧品、コップ、皿)

寝る前に少しだけ時間をとって、朝の準備をするだけでも効果があります。

なんで仕事を楽しむ必要があるのか?を考える

そもそも、なぜ「憂鬱」と感じるのが苦痛なのでしょうか。「なんで仕事を楽しむ必要があるのか?」と根本的な質問をしてみることで、仕事をどういう気持ちで行いたいのかわかるでしょう。

 

現状と理想状態を比べることで、今すべきことがわかります。

「仕事は憂鬱でもいいからとにかく終わらせて、プライベートを楽しもう」
「一日のほとんどを憂鬱に過ごすのはもったいないから、なんとかしよう」

どちらにせよ何かしらの結論は出るはず。ぼんやりと考えてみましょう。

なりたい自分像を描く

「5年後、10年後どんな自分でいたいか?」を考えてみましょう。そうなるために、今やるべきことが見えてきます。

 

「やりたいこと」を聞かれると難しいけれど、「どんな自分になりたいか」なら考えやすい人も多いはず。

いつも笑顔でいたい→自分が笑顔でいられる状態とは?→チームで目標達成できたとき→どうすれば目標達成できるか?

このように、具体的な行動に落とし込むことができます。

 

明確でなくても「なりたい自分」を描いていればするべき行動がわかり、憂鬱な気分が晴れるでしょう。

いろんな働き方を知る

いろんな働き方を知ることで、「苦しいのは自分だけではない」と思える上、解決方法がわかることがあります。

 

ネガティブになると、つい視野が狭くなってしまいがち。「なんで私だけがこんなに辛いの?」とふさぎこんでしまう人も多いのでは。

 

そんな時は他の人がどのように働いているのか覗いてみましょう。検索すればネットでたくさんの記事を読めます。

 

「天才」と言われる人でも、大抵それぞれの壁を乗り越えていることがわかるはず。「みんな悩みを抱えているんだ」と不安が軽くなるかもしれません。加えて似ている境遇の人から解決方法がわかることもあります。他の人の人生からヒントをもらいましょう。

会社を疑ってみる

「仕事が憂鬱なのは自分のせい」と思っていませんか?おかしいのはあなたではなく、会社かもしれません。

・給料は適切か
・仕事量は多すぎないか
・上司は厳しすぎないか

憂鬱を感じる部分について、原因を深掘りしてみると「もしかして会社のせいかも?」と気づくかも。

 

頑張りすぎる人はつい自分のことを責める傾向が。人のせいにしないのは素晴らしいですが、会社が絶対ではありません。たまには会社のことも疑ってみましょう。

先輩に相談する

「憂鬱な気持ち」をそのまま会社の先輩や上司に相談してみましょう。会社の状況も自分の年齢の頃の悩みもわかるので、最適な相談相手といえます。同じ壁を乗り越えてきたかもしれません。

 

「こんなことに悩んでいる」と打ち明ければ、今後の仕事内容も配慮してもらえるかも。相互理解にも繋がります。あなたが頼ってくれたことを、先輩はきっと嬉しく思うはずです。

憂鬱を認めよう

誰もが仕事を憂鬱だと思う時はあるでしょう。あなたがおかしいわけではありません。
職場では人間関係、仕事のミス、ビジネスマナーなどストレスが溜まることがたくさんありますよね。

 

大事なのは、憂鬱な気持ちをどうするか。「憂鬱」な気持ちを認めるだけでも、気持ちが楽になるでしょう。

 

今回紹介したように、紙に書き出したり映画を観たりするだけでも効果はあります。通勤途中に「どんな自分になりたいんだっけ?」と考えるだけでも良いかもしれません。

 

憂鬱な気持ちをすっきりさせたい時、気になるものを試してみましょう。

未経験エンジニア Next Career

未経験から最先端エンジニアになるならNEXT CAREER

ネクストキャリアは未経験エンジニア専用の企業紹介エージェンシーです。 研修が充実している企業や残業が少ない企業など優良企業2000社以上の求人を保有しています。 自分に合った企業探しから、履歴書作成、面接対策、入社手続きまで専属のキャリアアドバイザーがワンストップでサポートしますので、初めて就業される方も、初めて転職される方も安心してご利用いただけます。

NEXT CAREERへ

完全未経験からのエンジニア採用募集【研修あり】