20代後半で手取り24万なら平均!生活費の内訳と年収を上げる方法

この記事のポイント

・20代後半女性で手取り24万なら平均より高い
・男性の場合、ボーナスが年に2ヶ月分出れば平均
・独身1人暮らしだと、家賃8万円でも月に4万程度は貯金できる
・年収アップしたいなら転職エージェントの利用がおすすめ

20代後半で手取り24万円。友達や同僚にも聞きづらく、この金額が妥当なのか高いのか低いのか、わかりづらいですよね。

 

客観的に判断するため、今回の記事では平均年収と比べながら「手取り24万円とはどういうことか」を解説していきます。

 

年収を上げる方法も紹介しているので、今の給与に違和感がある人はチェックしておきましょう。

毎月の手取り額24万だとどんな生活ができる?

毎月手取りで24万ほどもらう都内在住の一般的な会社員の1ヶ月の生活費の内訳を見ていきましょう。

 

※会社による家賃負担などは考慮していません。
※1人暮らし向けの1Rや1DKの都内の家賃相場は7.4万なので、今回は8万を適用して計算。参考:賃貸住宅D-room

 

・家賃:80,000円
・食費:25,000円
・水道光熱費:10,000円
(季節によって多少の変動あり)
・通信費:10,000円
(携帯料金7,000円+自宅回線3,000円)
・保険料:20,000円
※20代の平均は20,000円前後(生命保険等)
・医療費:5,000円
・交通費:5,000円
・雑費(消耗品、車両費、各種ローン等):15,000円【〜30,000円】
・娯楽(交際費等、服飾費):30,000円
・貯金:40,000円

毎月の貯金額を4万として、その他の内訳を計算してみました。

 

「車を持っている」「旅行などお金がかかる趣味がある」など個人の事情に合わせると、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。20代後半ともなると将来を考えて、スキルアップのため自己投資にお金を使う必要も出てきます。

 

娯楽の交際費も友人の結婚式などイベントが重なると、毎月3万では足りない月もあるはず。毎月満足に貯金できてるとは言えず、ボーナス頼りに金銭面をやりくりしている人も多いでしょう。

【実際の声】手取り24万での暮らしはいかがですか?不安などあれば

給与には満足してます。生活で特に困ることもないですし、貯金も毎月最低5万は回せています。ただ、今後結婚、そして子供を育てるって考えるともう少し欲しいなーなんて思いますが。

周りの友人と比べても高い自覚はあり、不安は無いです。強いて不安を言うなら、女性だと今後これまで通り年収が伸びていくのか?なんてところですね。結婚の予定もないので仕事をがんばります。

不安があるとするとボーナスがないところですかね。毎月の生活に困ることはありませんが、今後急な出費があるかも、と考えるとやっぱり不安ですよ。

概ね満足してます。ただ仕事が忙しすぎて使う暇がないくらいなので、不満があるとすれば給料よりも業務時間ですね。生活に困ることもありません。

20代後半で手取り24万だと平均より低い

20代後半の平均年収

男性403万円
女性328万円

参考:国税庁 令和元年分 民間給与実態統計調査

手取りが24万の場合、1ヶ月あたりの総支給額は29万ほどになると考えられます(配偶者の有無や、会社の手当等によって変動)。

 

年収は1年の手取りではなく総支給額から計算されるので、ボーナスがない場合は29万に12ヶ月をかけて数が年収となります。

 

29万(毎月の総支給額)×12ヶ月=348万円(手取り額が24万でボーナスがない場合の年収)

男性の場合378万ー348万=55万平均より少ない
女性の場合297万ー348万=20万平均より多い※

男性は2~3ヶ月分のボーナスがあれば平均と同じです。

 

※男女共通で、平均年収にはパートタイム勤務の人も含まれています。20代後半になると女性の場合、結婚、出産、子育てを機に正社員としての勤務をリタイヤされる方も多くなるので、正社員として働き続けてる方は公表されてる平均年収よりも、少し上の年収であるべきと認識するのがベター。

毎月手取りで24万あれば平均か平均以上と言える!

男女共通で、20代後半の1年間のボーナスの総額は*50〜70万円と言われています。※夏、冬ともに変動が多いので、20万ほどの幅を持たしています。

 

女性の場合は※の部分を考慮しても、毎月の手取りが24万以上あればあくまで推定ですが正社員の平均は十分超えるとみていいでしょう。

 

男性の場合はボーナスが全くないと平均を55万ほど下回りますが、最低でも年に2~3ヶ月分のボーナスがあれば平均年収には達するので、給料だけをみると悪くないと言えます。

【筆者が経験】年収に満足してない人は転職エージェントに相談しよう!

手取り24万円だと平均程度の年収になり、1人暮らしなら出費項目を取捨選択し節約すれば生活には困らないでしょう。

 

ただ、平均並みの給料をもらっても、「他の企業だったらもっともらえるのに」「ボーナスがもらえないっておかしい?」「給料と責任が釣り合っていない」など、給料に対する不満はそれぞれでしょう。

 

そんなあなたにおすすめしたいのが転職です。フルコミッション(営業成績によって給与が決まる)でもない限り、自分の満足いく給料がもらえてないのは、会社都合のことが多いです。

 

このように満足いく給与をもらうのに大切なのは、自分のスキルもさることながら、適切な給料をくれる会社選びに尽きるといえるでしょう。

 

実際に筆者も転職をしただけで年収が150万ほどアップしました。学歴はもちろん変えられませんし、転職に向けて取得した特別なスキル等もありません。

 

筆者からすると「会社を変えただけ」なので、学歴・資格・経験・スキルだけでなく、環境選びが大切だと実感しました。

年収アップへ向けてエージェントがしてくれること

筆者は26歳で初めての転職だったのでわからないことも多く、転職エージェントであるリクルートエージェントに相談しました。

 

利用すると大きくわけて以下のようなサポートを無料で請け負ってくれました。

 

・求職者とのヒアリング(現状の把握、相談)
・求人の手配
・面接日の設定
・面接対策や履歴書の添削
・“年収交渉”
・転職後のサポート(求人内容と相違点はないか?)

転職エージェントによって、サポートが異なる場合もあります。

 

最初のヒアリングで現職の不満や転職先の希望を伝えられれば、目指すべきゴールの確認ができ、あなたの希望に合った企業を紹介してもらえるでしょう。

 

筆者はIT業界出身で専門用語も多いので、経験やスキルがしっかり伝わるのか不安でした。しかしキャリアアドバイザーは何人もの求職者に関わっていて業界知識が豊富なので、スキル面に関しても多いに理解してくれたのです。

 

実際に筆者は最初に面談してから2週間程度で内定が決まりました。

 

当たり前ですが、これらのサポートはあなた自身のやる気があるからこそ受けられるものです。決して全て受け身で転職活動が進むと勘違いしてはいけません。

 

基本的に全ての転職エージェントのサポートが無料で受けられるので、まずは登録してどのようなものなのか?本当に充実したサポートは受けられるのか?自分の担当となってくれたコンサルタントさんとの相性は?など、半信半疑でも手探りに進めていくといいでしょう。

 

転職活動をしようと会社を辞めてしまうと「とにかく仕事が決まれば良いや」と余裕がなくなってしまうので、在職中に活動をするのがおすすめです。

 

転職エージェントなら面倒な企業選びや面接対策もサポートしてくれるので、在職中でも満足いく転職活動ができるでしょう。

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】