【転職活動のタイミング】自分に合った転職プランを立てよう

「将来転職は考えているけど、転職活動のタイミングって難しい」

 

「転職したいけど、今転職するのが正しいのかな」

と悩む人は多いのではないでしょうか。

 

転職は「周りが転職しはじめたから」と流れでするものではありません。自分の転職したい理由を明確にして、その目的に合わせたタイミングで行うことが大切です。

 

今回はおすすめの転職活動のタイミングと、年間で最適な転職時期を紹介します。自分としっかり向き合い、この記事を参考にしながら、あなたの転職活動プランを作ってみましょう。

おすすめの転職活動のタイミング【キャリアアップ編】

まずはキャリアアップのために転職をしたい人に、おすすめの転職活動のタイミングを紹介します。

新しい業界・業種にチャレンジしたい人

新しい業界・業種にチャレンジしたいなら、なるべく若いうちでの転職活動をおすすめします。

 

その理由は、人柄ややる気などを重視するポテンシャル採用をしてもらえるのが、一般的に20代までだからです。

 

新しい業種・業界への転職ではポテンシャル採用でないと、既にその経験のある人に負けてしまう可能性が高くなります。企業は30代の中途採用では、もう教育コストは考えていないのです。

 

20代なら「第二新卒」としてスキルがなくても新しい業種・業界に飛び込めるチャンスは数多くあります。様々な経験を積みたいと考えている人は早めに動きましょう。

同じ業界・業種でキャリアアップしたい人

同じ業界・業種でキャリアアップしたい人は、今の仕事をやり切り、実績やスキルを自信を持って語れる状態になってからの転職がおすすめです。

 

同じ業種・業界での転職を考えている人は、今よりも良い収入や勤務条件を望んで転職する人が多いはず。その分、求められるものも大きくなるのです。

 

同じ業種・業界を経験している求職者が複数いたら、その中でも即戦力となる高いスキルや実績を持っている人を企業は取りますよね。

 

周りが転職し始めると焦る気持ちも分かりますが、今の業界・業種でこれからも頑張っていきたい場合、まずは全力で目の前の仕事を成し遂げましょう。

昇進しそうなタイミングで転職に悩んでいる人

「そろそろ管理職に昇進しそう、だけど転職もしたい」そう悩む人もいるはず。

 

もしまだ営業や企画などプレイヤーとしてバリバリ活躍したいのなら、昇進前に転職するのがおすすめです。

 

裁量の大きいポジションや高収入など条件の良い管理職としての転職がしたい場合は、昇進後の転職活動が良いでしょう。

 

ただし昇進後、すぐに転職するのは会社に迷惑をかけることになります。1~2年は働いて成果を出してから、転職活動を行うようにしましょう。

 

管理職として成果を上げていれば転職活動にも有利ですよね。

転職活動におすすめのタイミング【ライフイベント編】

転職活動のタイミングが大きく関わってくるライフイベントは主に2つあります。

 

1つ目が出産・子育て、2つ目が家の購入です。

 

妊娠や家の購入を将来検討している人にとって、おすすめの転職活動のタイミングを紹介します。

「子供が欲しい」と思っている人

結婚はあまり転職活動のタイミングに影響を与えませんが、出産・子育ては大きな影響を与えます。女性が働きやすい社会になってきたとはいえ、まだまだ難しいのが現状なのです。

 

出産前/出産後の転職活動、どちらがいいとは一概には言えません。それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に合ったタイミングを選択しましょう。

 

妊娠・出産前に転職活動をする場合

 

・メリット

転職の幅を狭くする必要がない
⇒子供がいない状況で転職するため、入社後もフルタイム勤務可能。選択肢の幅が広いまま転職活動を行えます。

 

出産を見越して育休や時短勤務などが認められる条件の良い会社を選べるのもポイントです。

 

・デメリット

転職後1~2年は、出産・子育てがしにくくなる可能性がある
⇒労使協定が結ばれている場合、入社後1年間は育休が取れないケースがあるのです。

 

「早く子供が欲しい」と考えている場合、このデメリットは大きいかもしれません。

産休・育休を取り復職した後に、転職活動をする場合

 

・メリット

安心した環境で産休・育休の取得できる
⇒慣れ親しんだ戻れる場所があれば、安心して産休・育休を取ることができます。

 

妊娠中は心理的にも身体的にも敏感になるので、復職後の不安やストレスが少なく臨めるのはとても良いことです。

 

・デメリット

転職が先延ばしになる
⇒子供が小さいと、時短勤務や休みの安い環境など企業に求める条件も多くなってくるので、その分転職へのハードルは上がります。

 

ライフワークバランスを大切にする企業も増えてきましたが、まだまだ育児をしている人の採用には慎重になっている企業が多いのが現実。

 

時間的な制約がある人よりも、「フルタイム勤務・残業可能」な人が優先して採用されてしまうのです。希望通りの業種・業界や給与での転職をするなら、子育てが一段落してからがいいでしょう。

この他に出産を機に仕事を辞めて、子育てが一段落してから仕事を探す選択肢もあります。

 

しかし、それはおすすめできません。安定した職を持ったまま育休を取ったほうがいいでしょう。

 

パートナーの収入とのバランスにもありますが、収入がなくなると将来への不安がストレスとなり心身の健康に支障をきたす場合もあるのです。

 

パートナーと家族計画をあらかじめ話し合って、転職のタイミングを考えましょう。

家を購入する予定がある人

そろそろ、家を購入したいと考えている人は転職前の購入がおすすめ。転職後1~2年は住宅ローンが組みづらくなるのです。

 

金融機関は安定した収入があり、返済能力があるかを見てローンの審査を行います。

 

金融機関は事実ベースで判断を下すため、どんな転職理由であれ、転職後すぐは「またすぐに辞めるかもしれない。将来が不安定だ」と判断されやすくなるのです。

 

もし現在の勤続年数が長いなら購入してから転職活動を行うのが良いでしょう。

転職活動におすすめのタイミング【現職での不満解決編】

「上司と合わない」

「給料が低い」

「仕事がつまらない」

「この仕事は私に合ってない、もうやりたくない」

などと現職での不満を解決するために転職する人も多いでしょう。

 

現職での不満を解決するための転職活動におすすめのタイミングを状況別に紹介します。

新卒入社後、すぐに転職を考えている人

新卒入社後、人間関係や仕事内容に不満を抱き、すぐに転職活動を始めるのは危険です。

 

「第二新卒」枠での採用を積極的に行っている会社もありますが、まずは「本当に今の会社を辞めるべきなのか」しっかり考えましょう。

 

新卒入社後すぐの退職は、「忍耐力がない」「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と転職活動で不利になることが多いのです。

 

また社会人経験が少ないため、転職市場での価値はどうしても低く見られ、不採用が続くことも。「第二新卒での転職ができる」と思う人がいると思いますが、第二新卒での採用を取り入れていない企業も多いのです。

 

ただ第二新卒での転職はこのようなメリットもあるので見極めが重要。

 

・新しい業界・業種にチャレンジしやすい

 

・ポテンシャル採用を行ってもらえる

「今の状況で精一杯やり切ったか」「もっとできることはないか」と自分に問いかけて、転職への覚悟を持ってから行動しましょう。

転職したが想像と違いすぐに転職したい人

転職後すぐの転職はなるべく避けたほうが良いでしょう。短期間での転職は「またすぐに辞めるのではないか」と企業に不安を与えます。

 

ただハラスメントを受けている場合や、プライベートの都合で転職が必要になった場合などは、退職理由を明確に伝えられるようにして、転職活動に臨みましょう。

 

大切なのは企業の不安を払拭することです。

現職でのストレスにもう耐えられない人

現状にもう耐えられない人や、ハラスメントにあっている人はすぐに転職活動を始めることをおすすめします。

 

「もう我慢できない」と思ったら辞め時です。

 

職場のストレスは溜まり続けると心身に悪影響を及ぼします。最悪の場合、それが原因で病気になってしまうことも。自分の身を守ることが一番大切です。

 

もし転職に思い切れない場合は、人間関係や業務内容の不満・悩みを改善するために、自分が行ってきたことや我慢してきたことを書き出してみましょう。

 

可視化すると「今まで精一杯やってきた」と達成感を感じ、転職活動に踏み出す勇気が湧いてくるはずです。

会社が倒産する危機がある、また倒産した人

会社が倒産の危機、または倒産してしまった場合は失業給付金がもらえるうちに転職先を決められるようにしましょう。

 

収入がない状態での転職活動は、金銭的に不安なので心にも余裕がなくなり、焦って思い通りにいかなくなることも。早めの行動が大切です。

 

年齢や勤務年数によっても変わってくるが、大体申請して認定された日から90日間は給付金を受け取れます。それを見越して転職活動を行いましょう。

年間で転職活動に最適な時期

続いて年間で転職活動に最適な時期を紹介します。

 

人生のどのタイミングで転職活動をするかキャリアプランが決まったら、次はもっと具体的な転職活動のプランを立てましょう。

 

求人数が増加するのは一般的に2~3月、8~9月と言われています。この2つのタイミングは企業が新年度または下半期に向けて新体制の準備期間のため、求人数が多いのです。

 

このタイミングでの転職活動は、入社が4月/10月になり、企業全体的に異動や退職の動きが時期なので組織に馴染みやすいというメリットも。

 

しかし、求人数が多ければ求職者も多いので、ライバルは多くなります。

 

一方で4~5月は人事が新卒の対応で忙しいため、求人が少ない傾向に。しかし、新しい組織で動き始めてから人員の不足が発覚した企業が、緊急度の高い求人を出す可能性もあり、狙い目とも言われているようです。

 

ただそれ以外の月でも求人がないわけではなく、最近は通年採用を行う企業も増えています。あまり時期にこだわらず、自分のタイミングで転職活動を行うのがおすすめです。

 

なかなか自分で判断できない時は、一度転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。

 

【転職エージェントとは】転職を成功に導く活用法

転職活動するのなら在職中?退職後?

転職活動のタイミングとしてもう1つ悩むポイントが、「転職活動は在職中に行うべきか、退職後に行うべきか」でしょう。

 

結論、転職活動というのは在職中に行う方がベターです。やむを得ず会社を辞める理由がない限り、「前に会社で問題を起こしたのかな。」等、無用な推測をされてしまう恐れがあります。

 

反して働きながら転職活動をしている人は、仕事スイッチが入ったまま臨めるから有利です。連休明けは少しダラけてしまうのと「逆」と言えばわかりやすいでしょうか。

 

しかし、退職後に転職活動を行うべき人もいます。在職中に転職活動をすべき状況と、退職後に転職活動をすべき状況を紹介します。

 

在職中に転職活動をすべき状況

 

①貯金がない/少ない
②なぜ辞めるのか、辞めてどうなりたいかが定まっていない
③今の環境に踏ん切りをつけることができていない

退職後に転職活動をすべき状況

 

①今すぐ辞めないと体や精神を壊してしまいそう
②忙しすぎて転職活動の時間を作れない
③スキルや経歴が秀でていてすぐに内定が出そう

【やり直し不可】退職後の転職活動は不利なの?辞めたくてもSTOP!間違いない見極め方

まとめ

目的別で転職活動におすすめのタイミングを紹介してきましたが、なによりも自分が「転職したい」と覚悟できたときがベストなタイミングです。

 

しっかりと自分に向き合い、最適な転職活動のタイミングを見つけていきましょう。

未経験から最先端エンジニアになるならNEXT CAREER

ネクストキャリアは未経験エンジニア専用の企業紹介エージェンシーです。 研修が充実している企業や残業が少ない企業など優良企業2000社以上の求人を保有しています。 自分に合った企業探しから、履歴書作成、面接対策、入社手続きまで専属のキャリアアドバイザーがワンストップでサポートしますので、初めて就業される方も、初めて転職される方も安心してご利用いただけます。

NEXT CAREERへ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】