ストレスのない仕事の条件5選!ストレスフリーな仕事を選ぶコツ・おすすめの職種も紹介

人間関係やノルマなど仕事でのストレスに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

ストレスが小さいうちや、他の部分でやりがいを感じられている場合は我慢できます。しかし、ストレスにしかフォーカスできなくなってしまうと、仕事に行きたくなってしまいますよね。

 

仕事のストレスはモチベーションを下げてパフォーマンスを低下させるだけでなく、最悪の場合は心身の病気を引き起こしてしまうことも。

 

仕事でのストレスは0になることはないかもしれませんが、ストレスが少ない仕事を選ぶことができます。なによりも大切なのは自分自身。自分を守るために、ストレスのない仕事も知っておき、次の仕事選びに活かしましょう。

 

「毎日ストレスがあってつらい」
「ストレスフリーな仕事に転職したい」
「ストレスが少ない仕事ってどんな職種があるの?」

このような悩みを抱える人に向け、ストレスのない仕事の条件や選ぶコツを解説していきます。

ストレスのない仕事を選ぶコツ

ストレスのない仕事 ランキング

 

人によってストレスのない仕事は異なります。

 

自分にとってストレスのない仕事を選ぶためには、自分のストレスの基準を理解することと、仕事選びの際に給与や仕事内容以外にも着目することがポイントです。

自分は何にストレスを感じやすいのかを知る

まずは、自分がどんなことやどんなときにストレスを感じるのかを把握しましょう。

 

ストレスを感じる基準は、人によってバラバラ。例えば人と会話することがストレスになる人もいれば、人と話せないことがストレスになる人もいます。

 

今までの仕事を振り返り、どんな条件でストレスを感じたか分析してみてください。ストレスを感じた出来事を紙に書き出してみると、客観的に確認できるでしょう。

 

また、ストレスチェックを受けることもおすすめです。ストレスチェックはWEBサイトで無料で受けられるものもあります。

 

ストレスを感じる基準を分析する際には、体力面・精神面の両面でのストレスを把握しましょう。

 

体力的ストレスは通勤の満員電車や休日の少なさなどであり、精神的ストレスは人間関係や業務のプレッシャーなどです。

 

書き出したりストレスチェックを受けたりして強くストレスを感じたときや事柄を把握できれば、その条件を除外した仕事を選ぶことで、自分にとってストレスのない仕事になります。

給与や仕事内容以外の部分にも着目する

ストレスのない仕事に転職したい場合は、給与や仕事内容だけで決めないようにしましょう。

 

例えば給与が高くても残業が多すぎる仕事であればストレスになってしまいますし、自分のスキルを活かせる仕事内容でも通勤時間が長すぎるとそれがストレスになってしまいます。

 

もちろん、給与や仕事内容は仕事選びでは大切な基準です。

 

しかしそこばかり意識してしまうと、職場環境や待遇などの条件を見落としてしまいかねません。

 

ストレスのない仕事を選ぶためには、一つの条件に着目せずに総合的に判断しましょう。

 

入社前にしっかり企業を見極めよう!優良・悪質企業の見分け方|企業選びに失敗したときの対処法も紹介

ストレスのない仕事の条件

ストレスのない仕事 ランキング

 

人によってストレスの基準は異なるので一概には言えませんが、ほとんどの人にとってストレスを感じにくい仕事の条件を紹介します。

 

ストレスのない仕事を選びたいなら、以下の項目を意識して求人内容や職場環境を確認しましょう。

残業や休日出勤が少ない

・毎日残業ばかりで定時に終わることができない
・休日でも急な呼び出しがあって出勤しなければいけない

このように仕事に拘束される時間が多いほど、プライベートな時間や睡眠時間を確保できなくなりストレスが溜まります。

 

残業や休日出勤については求人情報に記載されていることも多いですし、面接の際に面接官に質問することも可能です。

 

事前に確認して、入社後のギャップがないようにしましょう。

通勤の負担が少ない

毎朝通勤ラッシュで満員電車に乗らなければいけなかったり、通勤時間が片道2時間以上もかかったり通勤中の負担もストレスの大きな原因となるもの。

 

通勤時間を読書や勉強などで有効活用している人も多いですが、毎日の満員電車や長時間の移動はストレスになりかねません。

 

自宅からの通勤時間や通勤手段を確認し、負担にならない距離の会社を選びましょう。

過度なプレッシャーがない

適度なプレッシャーはモチベーションを上げてパフォーマンスを向上に繋がりますが、過度なプレッシャーは精神的な負担になるだけ。

 

実力以上の成果を期待されたり、厳しいノルマを課せられたりすることは、大きな精神的負担になります。

 

いくら頑張っても自分の成長を感じられずに自信を失ってしまったり、明らかに難しいノルマを達成できず上司から毎日叱責されたりすると、仕事が苦痛になってしまいますよね。

 

また、仕事の経験が浅いのに責任のある仕事を任せられることも過度なプレッシャーになり得ます。

 

あまりプレッシャーを感じずに仕事をしたい人は、求人情報に「ノルマなし」と書かれている仕事や研修制度が整備されている会社を選択しましょう。

職場の人間関係が良好である

職場の人間関係は、仕事におけるストレスを左右する大きな要因です。

 

上司や同僚との関係がうまくいかなかったり、他の社員同士のトラブルに巻き込まれたりすると、仕事が嫌になるだけでなく「辞めたい」と思うこともあるでしょう。

 

職場の人間関係が良好だと、ストレスを感じずに仕事ができるためモチベーションが上がったり、業務が円滑に進んだりするなどのメリットが得られます。

 

また職場のメンバーに仕事の悩みを相談することもでき、ストレスをため込みにくくなるという効果も期待できるでしょう。

 

人間関係は実際に働いてみないとわかりませんが、人間関係が悪い職場は離職率が高いため頻繁に求人情報を出している傾向があります。

 

一年中募集している企業は人間関係に問題がある可能性が高いため、給与や仕事内容が希望通りでも注意しましょう。

取引先・お客様との関わりが少ない

仕事では、社内だけでなく社外の人とも良好な関係を築く必要があります。

 

営業職や接客業などのお客様と関わる仕事では、どうしても苦手な人に対しても笑顔で対応しなければいけません。ときには文句を言われることや、自分が悪くないのに謝らなければいけない場面もあるでしょう。

 

毎日相手の顔色をうかがいながら仕事をすると、大きなストレスになり得ます。ストレスがない仕事を選びたいのであれば、取引先やお客様と関わりが少ない仕事を選ぶと良いでしょう。

ストレスが少ないおすすめの仕事

ストレスのない仕事 ランキング

 

「なるべくストレスが少ない仕事に就きたい」と思っている人に、おすすめの仕事を厳選して紹介します。ストレスになりにくいポイントにも触れているので、ぜひ仕事選びの参考にしてくださいね。

事務職

事務職は基本的には1人でパソコンに向かって作業することが多くノルマやプレッシャーもないため、心身ともにストレスの少ない仕事です。

 

仕事内容はある程度マニュアル化されており、毎日やるべきルーティーンワークが決まっているので、その通りに仕事をすれば大きな問題も起こらず円滑に業務を進められます。

 

経理は月末や期末などの繁忙期に仕事が多くなったり、営業事務は資料作成や請求書作成のスピードが求められたりすることもありますが、仕事に慣れれば作業効率も上がって残業をしなくても終われるようになれるでしょう。

社内SE

ITのスキルがある人は、SE(システムエンジニア)の仕事がおすすめです。特に社内SEは社内のシステム構築や保守運用がメインの仕事なので、社外対応のストレスがありません。

 

クライアントのシステム開発を担当するSEであれば、納期に間に合わせるために残業をしなければいけなかったり、クライアントと商談をしたりする必要があります。

 

しかし社内SEは社内対応のみのため、強いストレスを感じる場面は少ないのです。

 

社員から社内システムについて質問されたり要望を聞いたりすることもありますが、社員に頼られることで自信につながりモチベーションがアップするでしょう。

ライター

ライティング業務を行うライター職は1人で黙々と仕事ができるため、人間関係の煩わしさを感じずに仕事ができるでしょう。

 

ジャンルによってライターの業務内容はさまざまですが、雑誌やWEBメディアの記事執筆や、商品のキャッチコピー作成などを行います。

 

構成案作成や投稿作業などどこまで任せられるかによっても異なりますが、基本的には納期に間に合えば自分の裁量で仕事を進められる職種です。

 

正社員として会社でライター職をするほかに、会社に所属せずフリーランスとして業務委託を受ける方法もあります。

ルート営業

営業職はストレスが多そうなイメージがありますが、ルート営業は一般営業職よりもストレスが少ない環境で仕事ができます。

 

既存顧客を訪問して困りごとはないか伺ったり新商品の提案をしたりするのが基本的な業務です。

 

一般営業職であれば、テレアポや飛び込み営業のストレスや新規獲得件数ノルマのストレスが付き物。一方のルート営業は人柄を知っている既存顧客を相手に営業活動をするため、新規獲得のストレスがありません。

 

ただし契約を切られることがないよう、マメな連絡や定期的な訪問で信頼関係を構築し続ける努力は必要です。

工場勤務

工場での仕事は、決められた作業をこなすため人間関係やノルマで悩むこともありません。業務内容は製造ラインの決められた持ち場の作業をこなす仕事や、ピッキングや在庫管理の仕事があります。

 

大手の工場であれば収入面や福利厚生のメリットがありますし、中小の工場であれば成果を出しただけ出世しやすいというメリットがあるでしょう。

 

作業中はミスをしないよう注意する必要がありますが、1人でコツコツと仕事をすることが好きな人には適した仕事です。

データ入力

1人でコツコツと作業する仕事では、データ入力もおすすめの仕事。顧客対応やノルマのストレスがなく、残業も少ないことが特徴です。

 

決められたフォーマットにデータを入力していく仕事で、実績を積めば入力内容のチェックやマネジメント業務も任せられることもあります。

 

正確さとスピードが求められますが、もともとパソコン操作が得意な人であればすぐに仕事に慣れて効率よく作業を進めることができるでしょう。

 

データ入力の仕事は正社員だけでなく、在宅ワークで募集している企業も少なくありません。副業としてもおすすめです。

ストレスが少ない仕事に就きたいのなら転職エージェントに相談しよう!

ストレスのない仕事 ランキング

 

ストレスが少ない仕事に就きたいと思っていても、なかなか自分に合った仕事が見つからないこともあります。そのようなときは転職エージェントに相談してみましょう。

 

転職エージェントとはプロのキャリアアドバイザーが求職者の要望や悩みをヒアリングして、キャリアプランを設計したり企業をマッチングしたりしてくれるサービス。

 

自分一人では最適な仕事が見つからない場合でも、キャリアアドバイザーがプロの視点から求職者のニーズを分析して最適な企業を紹介してくれるのです。

 

また、転職エージェントでは求人情報サイトには掲載していない非公開の求人案件を保有しています。数多くの求人案件の中から、きっと自分にぴったりの仕事を提案してくれるでしょう。

 

「自分にとってのストレスの基準を知りたい」
「自分にぴったりのストレスのない仕事を見つけたい」

このように考えている人は、ぜひ一度転職エージェントに相談してみてくださいね。自分に合ったストレスフリーな仕事に見つけ、より生き生きとした毎日を送りましょう。

 

転職エージェントに「相談だけ」って大丈夫?”相談だけ”するメリット・注意点

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】