「これって失敗?」転職先を辞めたい時の対処法【まだ間に合う】

転職先 辞めたい

思い切って転職をしてみたものの、イメージとの違いが多くて辞めたいと思うことはありませんか。転職したばかりの状況は、様々な要素が重なり、不安になって辞めたいと考えてしまうことも多いでしょう。

 

この記事では、転職先を辞めたいと考えている人向けに、その「原因」と「対処法」について紹介します。

転職先を辞めたいと感じる理由

以下にて、転職先を辞めたいと感じる3つの理由について紹介します。

理想と現実のギャップを感じている

「転職すれば今の状況が変わり、楽しい人生になる!」

このように転職すると環境や待遇がもっと良くなると信じる人も多いでしょう。

 

しかし思った通りに仕事が進められなかったり、想像より業務が辛かったりなど、転職前に想像していたこととギャップが出てくることも。それによって「転職したのに全然良くならない」と感じ、再び転職したいと考えてしまう人も多くなっています。

マニュアルを覚えるのが大変で疲弊している

最初は覚えることが多いため、それに耐えられず再度転職を考える人も少なくありません。社内でのルール、クライアントとの接し方、新しい業界の知識など、本当に最初は覚えることが多いのです。

 

人の名前も最初は中々覚えられないため、コミュニケーションを取りづらいというのもあるでしょう。すると周りに頼ることもできず抱え込んでしまい、転職先を辞めたいと考えてしまいます。

慣れるまでのストレスやプレッシャーに押し潰される

新しい職場環境に慣れるまでは、環境の変化によるストレスがあります。「早く仕事を覚えなきゃ」と自らプレッシャーをかけてしまうことも。

 

その状況で仕事がうまくいかなかったりミスをしたりすると、必要以上に責任を感じてしまい、転職先を辞めたいと感じてしまうこともあります。

すぐに転職先を辞めるデメリット

すぐに転職先を辞めるのには、いくつかのデメリットがあります。辞めたいという気持ちがある場合でも、まずはどのようなデメリットがあるかを知っておきましょう。

転職回数が多い人に良いイメージを持たない場合がある

日本企業は転職回数が多い人に対し、良いイメージを持たない場合が多いです。企業側は、転職回数が多いと「うちの会社もすぐに辞めてしまうのではないだろうか」という懸念を抱くから。

 

転職先をすぐに辞めてまた転職活動をしても、面接の書類審査が全く通過しないこともあるため、注意しましょう。

すぐに辞めたという履歴が残る

転職回数と同様に、日本では在職期間も懸念される点になります。家庭の事情などやむを得ない理由は考慮される場合もありますが、基本的には在職期間が短いほどマイナスの印象になるでしょう。在職期間は、起業の雇用保険に記録されているため、ごまかすこともできません。

スキルアップできる可能性を逃す

スキルというのは、すぐに身に付くものではありません。最低でも1年は継続しないと、その仕事のスキルは身に付かないでしょう。

 

早期退職すると、身に付くことは社内ルールや施設の使い方など、スキルとは程遠いもの。つまり早期退職はスキルアップの機会を逃すことと同義なのです。

 

転職の面接時に「前職でどんなスキルを身に付けましたか」という質問に対して何も答えられず、好感度が下がってしまうことにもつながってしまう可能性があります。

 

転職力UP】お金を稼ぎながら手に職つける!スキル経験ゼロからのエンジニア転職【体験談】

転職先で頑張る方法

デメリットを見て、「じゃあ今の職場でもうちょっと頑張ろう」と思う人もいるでしょう。そのような人のために、今の転職先で頑張る方法について紹介します。簡単に取り組めるものなので、「ちょっと辛いかも…」という状況にある人はぜひ試してみてください。

辛いのは今だけと思って踏ん張る

上記でも述べたように、試用期間はどの会社も覚えることが多いでしょう。会社のマニュアルや会社内の規則、顧客との付き合い方や営業方法など、さまざまなことをインプットしなければなりません。

 

しかしそこを乗り越えれば後は慣れていくので、最初ほどの辛さはないでしょう。むしろ新しいことへの挑戦や成功が待っているので、ウキウキしながら仕事ができるはず。そういった未来を想像しながら、試用期間を乗り越えましょう。

積極的にコミュニケーションをとって働きやすい環境をつくる

最初は周りに知り合いがおらず、分からないことだらけなので、疲労感もこれまでより多く感じるでしょう。しかし周りとコミュニケーションをとりながら仕事を進めることで、不安も徐々に無くなっていきます。

 

コミュニケーションのポイントとしては、「プライドを捨てること」。「年齢は関係なく、入社したばかりだから自分が一番後輩だ」という考えを持つと良いでしょう。そうすることで、年齢に関係なくスムーズにコミュニケーションをとることができます。自分からどんどん働きやすい環境にしていきましょう。

寄り道を楽しむ

会社が変われば帰り道も変わり、今まで見てきた風景やお店も変わっているはず。

「仕事が終わったらあそこのお店に寄ってみよう」
「帰り道は少し遠回りして探検してみよう」

このように新天地を楽しみましょう。仕事が終わった後の楽しみがあると、仕事とのメリハリが生まれ、頑張る気力も湧いてくるようになるはずです。

転職して良いか判断する方法

「このままこの転職先にいて良いのだろうか」そう思っている人もいるでしょう。以下で紹介することに当てはまっているようなら、転職を検討した方が良いかもしれません。

転職前に聞いていた待遇と明らかに違う

「入社前に聞いていた待遇と違う…」

このようなことはよくあります。実際のところ、聞いたことと自分がイメージしていたことが100%一致するということの方が少ないでしょう。しかしそのギャップが大きすぎる場合は転職を考えた方が良いかもしれません。

 

例えば、下記のような違いがあった場合は注意が必要です。

・残業が少ないと聞いていたのに月に40時間以上残業している
・入社前に聞いていた給料と振り込まれた金額が違う
・職場の人間関係がひどい

特に聞いていた給料と実際が違う場合は、契約違反となることもあります。「実はインセンティブで大きく変動し、固定給は少ない」という場合もあるので、再度確認しておきましょう。

 

それでも納得できない場合は転職した方がいいかもしれません。

人間関係が悪い

「どんな人間関係でも大抵は大丈夫だろう」と思っていても、新しい職場にどんな人がいるかは分かりません。例えば、「部署の人数が少ないにも関わらず、仲が悪いのですごく気まずい」「上司から理不尽に怒られる」という可能性もあります。

 

特に最初は、まだ職場に馴染めていないため、不安もより一層強くなるでしょう。しばらくしてもその環境が変わる気配がない場合は、転職した方がいいかもしれません。

関連我慢は不要!雰囲気が悪い職場で働くデメリット・対処法

会社の行く末に不満しかない

業界分析・企業分析を行っていても、実際に働いてみないと分からない実情はたくさんあります。

 

例えば「業界で自社の事業が飽和状態になっていて、これからの収益を見込めない可能性がある」といったことが考えられます。他にも会社のシステムが古い、仕事の進め方がアナログなどといったこともあるでしょう。

 

自分なりにリサーチした上で、会社の行く末に不満を感じたのであれば、動き出しはできるだけ早めの方が良いかもしれません。

次こそは!転職を失敗させない方法

転職がうまくいかず、次の失敗は許されないという状況にある人もいるかと思います。そこで下記にて、次の転職を失敗させないための3つの方法を紹介していきます。

まずは自己改善を徹底する

何においても大事なのは自己改善です。「どうして自分は転職が続いてるのか」を考え、それがあなた自身に原因があることなのであれば、直せそうなことから改善するようにしましょう。この時、思考をネガティブにせず、出来る限りポジティブに考えることが大事です。

 

また、面接時にあなた自身の欠点について聞かれることがあります。その際によく考えて改善した点を話すことで、「自分と向き合える人」という印象を与えられ、面接官に良い印象を与えられることもあるでしょう。

条件や待遇をよく確認しておく

転職していいか判断する方法でも書いたように、条件や待遇が希望していたことと違うのが原因で転職に失敗するケースもあります。そのため、必ず条件や待遇が自分の希望に沿っているかの確認は必要です。

 

面接前にある程度は調べると思いますが、細かい規定などがあることもあるため、面接時と入社前に再度確認するようにしましょう。

ネガティブにならないように気を付ける

転職が続くと、自分がおかしいと思うこともあるかもしれません。ネガティブな発想を持っていては次へと繋がりにくいです。どんよりした空気で転職活動を行っても、相手側の印象も良くなく、上手くいかない可能性が高いでしょう。

 

しかし転職することは非常に勇気のいること。転職を経験しているあなたには、勇気があります。転職するというと周囲に何か言われるかもしれませんが、自信を持ってポジティブに転職活動に挑みましょう。

関連楽しい人生への近道|自信がないあなたが自信を持つ方法はこの3つ

まとめ

セレンディピティ

転職先で早期に辞めたいと思ってしまった時の対処法について紹介しました。

 

記事で紹介したように、早期退職にはメリット・デメリットの両方があります。加えて、一度転職に上手くいっても次が上手くいくとは限りません。この記事で紹介した早期退職のメリット・デメリットを加味して、自分の状況を踏まえて決断しましょう。

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】