フリーランスの3大リスク|準備・対策の具体的な方法を解説

フリーランスのリスクを3つ厳選して紹介します。特に問題となる「保障の少なさ」から生まれる「お金」の悩みを中心に、どのように事前準備・対策をしておくべきなのでしょうか?

フリーランスの3大リスク一覧

フリーランスが悩みがちなリスク3選は以下の通りです。

・収入が不安定
・老後が不安
・ローンが組めない

それぞれ具体的に解説していきます。

収入が不安定

フリーランスには、安定して仕事を受けられない時期もあります。

そうなると、収入の見通しも立てなくなり、生活に関わる問題となりかねません。

・クライアント探しはやめない
・生活費を正確に把握しておく
・仕事用口座を持つ

クライアントからの依頼はいつ止まるかわかりません。「契約満期」となる日を確認しておくことはもちろん、万が一に備えて、「クライアント候補を探し続ける」ことが大切です。

 

また、生活にかかる費用を正確に把握し、記録することも重要です。

住宅費:家賃(ローン)/光熱費
食費 :外食/食材
雑費 :日用品/趣味
通信費:ネット/スマホ(携帯)

「毎月の収入目安」を定めるためにも、欠かせません。子どもがいる場合、死亡保険等の保険の見直しもしておきましょう。

 

仕事用の口座と、生活用の口座を分けることも大切です。「収入・経費」の記録をシンプルにし、常に把握しておきましょう。確定申告時は、「納税準備預金」を用意するのもおすすめです。

老後が不安

フリーランスは定年がなく、現役として働き続けられることには良し悪しがあります。懸念点は、「老後資金」が不安定であること。事前準備・対策の一つは、「純資産の管理」です。

 

手元に残り続ける純資産は、以下のようなものです。

・現金/預金
・保険/年金
有価証券(株/債券など)
・不動産

この純資産を正確に把握するために、以下のような「負債」も記録・把握しておきましょう。

・住宅ローン
・自動車ローン
・カードローン

「将来保有できる資産の正確な把握」は、お金を管理する上で重要ですが、それでなく、将来への漠然とした不安感を抑えられ、仕事に対する自己コントロール感も増やします。定期的な記録・確認がポイントです。

フリーランスのB/S(バランスシート、貸借対照表)の見方・考え方

 

また、老後の不安を解消するために、病気・不時の災害に備える民間保険の活用を検討しておくのも良いでしょう。

ローンが組めない

フリーランスは会社に所属しない分、「信頼が低い」です。そのため、ローンの審査が厳しくなる傾向があります。事前準備・対策は、「独立前に済ませておく」こと。

クレジットカード
住宅ローン
カードローン

など、フリーランスとなる前の「信頼が高いとき」に申請を済ませておきましょう。しっかり事前準備をしておかないと、確定申告時に2~3年分の申告書を求められることがあり、最初の数年間、申請さえできない可能性があります。

 

家庭を持つ予定がある方、引っ越しをする予定がある方は、特に注意しましょう。準備ができないかった方は、会計ソフト『freee』のフリーランス向けクレジットカードを検討してみましょう。

フリーランスが持つ10個のリスク

今回注目した3大リスクに加え、フリーランスが抱えるリスクには以下のようなものがあります。

孤独を感じやすい
仕事が不安定
収入が不安定
事務作業が多い
確定申告を自ら行わなければならない
社会保障が少ない
社会的な信用が低い
徹底した自己管理が必須
景気に左右されやすい
有給休暇が存在しない

心配な項目が一つでもあれば、しっかりと事前に準備をしておきましょう。

フリーランスを始める前に「副業」で準備をする

既に本業で仕事を持っている方であれば、いきなりフリーランスに踏み切れない人も多いでしょう。まずは、本業をこなしつつも「副業」から専門性を磨く方法もあります。

 

その際は、「あくまで本業がメインである」ことを忘れず、無理をしてはいけません。「フリーランス」につながるだけでなく、自分に合った「適切な副業選び」が肝心です。

フリーランスを目指せるスキルアップ副業

フリーランスを目指すなら、【専門性を磨ける副業】を選ぶのがおすすめです。代表的なスキルは以下の6つになります。

「プログラミング」
「デザイン」
「ライティング」
「動画制作」
「翻訳」
「コンサルティング」

まとめ

フリーランスの3大リスクと、そのリスクに備えた【事前準備・対策】の解説をしました。

「クライアント探しをやめない」
「生活費の正確な把握」
「別口座の用意」
「独立前に申請を済ませておく」
「将来保有できる資産の正確な把握」

少しでも準備が不足していたら、現状の確認と改善へ向けた行動をしておきましょう。

時短読書で簡単スキルアップ!人気要約サービス『flire』

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

【キャリア相談無料実施中】あなたの悩み解決しませんか

「POSIWILLCAREER」は、20-30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニング。 転職サービスではないので転職先を紹介するのではなく、あなたの理想の未来から逆算して“後悔なく歩める人生”を見据えた中長期のプランを一緒に作ります。 今の仕事・キャリアに漠然とした悩みがある方は、まず無料相談で悩みの言語化から始めましょう。

詳細はこちらへ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】