【初心者向き仮想通貨】GMOコインの始め方・特徴・リスク

資産運用のひとつとして注目される仮想通貨。仮想通貨を運用するにあたり、重要となるのが仮想通貨の取引所選びです。

 

GMOコインは数ある取引所の中でも初心者向きといわれており、使いやすさから高い人気を得ています。

 

ここでは、仮想通貨や取引所の概要といった基本情報から、GMOコインが選ばれている理由、GMOコインの始め方・使い方などを詳しく解説します。

まずは仮想通貨について知ろう

仮想通貨は暗号資産とも呼ばれ、電子データのみで取り引きされる通貨を言います。普段わたしたちが使っている紙幣や硬貨といった法定通貨のように実体がないため、「怖い」「うさんくさい」と感じている人もいるでしょう。

 

しかし電子データではあるものの、仮想通貨での支払いや法定通貨との交換も可能となっており、仮想通貨は今や日本でも急速に広まっています。

 

現在日本で購入できる銘柄は、もっとも広く知られるビットコインを始め、ライトコイン、リップルなど13種類。世界に枠を広げれば、3,000種以上もの銘柄が取り引きされています。

 

これらの仮想通貨の価格上昇や下落を見込んでインターネット上で売買し、利益を狙うのが、仮想通貨の主な利用用途です。いわゆる投資なので、うまく運用し利益を出せることもあれば、価格変動により購入時から大きく価格が下落し、損失を負ってしまうリスクも当然あります。

 

また、仮想通貨はサイバー攻撃やシステム障害、パスワードの紛失など電子データのみでやり取りされる通貨だからこそのトラブルも。仮想通貨を扱う際は、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解しておくことが大切です。

仮想通貨の取引所「GMOコイン」とは

仮想通貨を始めるには、まず「仮想通貨販売所」もしくは「仮想通貨取引所」で口座を開設し、仮想通貨を購入する必要があります。

 

「仮想通貨販売所」は単純に仮想通貨を購入できるところで、欲しい銘柄をそのときのレートで購入できます。また、手放したい仮想通貨を買い取ってもらうこともできます。

 

「仮想通貨取引所」は、仮想通貨保有者同士の取り引きの場を提供しているところ。仮想通貨を売買したい保有者同士が仮想通貨取引所に集まり、個々で取り引きを行います。

 

GMOコインは、そんな仮想通貨販売所・仮想通貨取引所のひとつ。東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社「GMOコイン株式会社」が運用しており、30万口座以上をもつ大手取引所です。

 

GMOコインのほかにも複数の販売所・取引所があり、それぞれで取り扱う銘柄の種類や手数料、最低取引数量などが異なるので、取引所の特徴を比較し、自身の目的に合った使いやすい取引所を選ぶことが重要です。

GMOコインの特徴

30万以上の口座が開設されているGMOコイン。数ある取引所の中からGMOコインが選ばれている理由とはどのようなものなのでしょう。GMOコインの特徴をピックアップします。

1000円未満から始められる

仮想通貨の最低購入額は取引所によって異なります。初心者の場合、リスクを最小限に抑えるためにもまずは少額から始めたいという人が多いでしょう。GMOコインは1,000円未満から購入できるので初心者でも安心して始めることができます。

さまざまな手数料が無料である

お金を増やしたくて投資をするのに、手数料に高額かかってしまったら元も子もありません。GMOコインは口座開設手数料や入出金手数料とったさまざまな手数料が無料。継続して続ければ、有料の取引所よりもお得度に大きな差がつきます。

スマホで手軽に取り引きができる

仮想通貨の取引所の多くは、独自のアプリを設け、より手軽に取り引きができるようにしています。

 

GMOコインもそのひとつ。GMOコインは取り引き用やFX用のアプリを用意しており、その使いやすさには定評があります。特に、FX用アプリは評価が高く、6年連続でFX取引高世界一

 

FXなどの投資は取り引きのタイミングが重要なので、「今だ!」というときにすぐ取り引きできるアプリは利用者にとって必須となりつつあるでしょう。

セキュリティ体制が整っている

インターネット上の取り引きで心配なのがセキュリティ。GMOコインはサーバーの徹底した監視や2段階認証などでサーバー攻撃対策を徹底しており、その安心感も選ばれる理由のひとつとなっています。

取り引き方法が豊富である

販売所・取引所・FXすべてに対応しているGMOでは、さまざまな取り引きを行うことが可能。法定通貨で仮想通貨を取り引きする現物取引や、証拠金を預けその何倍もの金額で取り引きを行うレバレッジ取引など、自分に合った取り引き方法を選ぶことができます。

GMOコインの始め方

仮想通貨に踏み切れない人の多くは、「始めるまでの手続きがややこしそう」という印象を抱いているようです。が、実際は難しいことはほとんどなく、4ステップで準備は完了します。

Step 1
メールアドレスの登録
GMOコインのWebサイトから口座開設フォームを開き、メールアドレスを登録します。その後、登録したメールアドレスにメールが届くので、メール内のリンクをクリックし、パスワードを設定します。
Step 2
2段階認証の認定
セキュリティ対策のための2段階認証を行います。パスワード設定後、電話番号の認証画面になるので電話番号を登録し、SMSや自動音声通話で6桁の暗証番号を確認してその番号を入力します。
Step 3
口座開設申し込み
2段階認証が完了すると基本情報登録画面になるので基本情報を登録します。登録後、本人確認書類を提出し、その書類で審査が行われます。
Step 4
口座開設コードの入力
審査に通過すると、メールもしくは書類で口座開設のための開設コードが送付されます。そのコードを会員ページもしくはGMOコインのアプリから入力すれば、口座開設が完了となります。

審査があると聞くと不安になってしまうかもしれませんが、国内に居住しており20歳以上であれば審査に落ちることはほとんどありません。審査を通過した後は、1~2日で口座が開設されます。

Step 5
入金する
口座が無事開設できたら、仮想通貨を購入するための日本円を入金します。ログインした左側のメニューから「入金」を選択してください。

 

急いで入金したい場合は「即時入金」を、特に急ぎでない場合は「振り込み入金」を選択します。振り込み入金の場合は、その後、指定口座へ入金することで入金が完了します。

Step 6
仮想通貨を購入する
入金が完了したら、仮想通貨を購入します。購入先は、「販売所」か「取引所」になります。

 

左側のメニューに「販売所」「取引所」それぞれの項目があるので、いずれかを選んでください。選んだら、売買可能な仮想通貨の種類と価格が表示されるので、購入を希望する分の金額(取引所の場合は数量)を指定し購入します。

Step 7
所持している仮想通貨で取り引きする
仮想通貨は、所持している通貨を売買することで利益を狙います。購入し所持している仮想通貨を売るときも、「販売所」か「取引所」で売却します。

 

「販売所」の場合は、販売所に入り、売りたいコインを選んで売りたい分の金額を指定し売却します。

 

「取引所」で売却する場合は、金額を指定せず「いくらでもいいから売る」という売却方法(指値)か「いくら以下になったら売る」という売却方法(逆指値)か、いずれかを選び、売却します。

GMOコインを始める前に知っておきたいリスク・注意点

新しいことを始める際は、メリット部分だけでなく、デメリットやリスク、注意点といったマイナス部分もきちんと把握しておくことが大切。GMOコインを始める前にも、仮想通貨のリスクと注意点を理解しておきましょう。

値動きが激しく大きく損をしてしまう可能性がある

仮想通貨で投資をする場合、安いときに銘柄を買い、価格が高くなった(価値が高くなった)ときに売ってその差額を利益とします。

 

このシステムは株式投資でも同じですが、株の場合は1日の株の値動きの幅が決まっているため、価格が下落するとしても一定までの制限があります。

 

一方、仮想通貨はこの制限がないため、限りなく下落してしまう可能性もあります。値動き幅が大きく値動きが激しいということは、ハイリターン・ハイリスクであり、大きく儲けられる可能性がある分、大きな損失を負ってしまう可能性もあるのです。

 

ただ、この値動きによる損失を抑えるための対策も存在します。それが「逆指値注文」といわれる方法。事前に「この金額まで下がったら売る」「この金額まで上がったら買う」という売買の基準値を事前に指定します。一定以上の損失になったら売る、と決めておくことで、想定外の損失を防ぐことができます。

取り引きで利益が出ても税金がかかる

仮想通貨を保有しているだけでは税金はかかりません。

 

しかし、仮想通貨の取り引きで利益を得た場合は、課税の対象となります。利益が大きければ大きいほど税率が高くなるので、利益となった額がそのまま懐に入ると思っていると、あとで大きく落胆してしまうことに…。

 

利益を含む課税の対象となる所得額を把握し、翌年の税金にどれくらいかかってくるか事前に計算しておくと心の準備もできるかもしれません。

GMOコインに向いている人

複数ある仮想通貨の取引所。その中でGMOコインを選ぶべきか否か、迷ってしまう人もいるでしょう。以下のような人は、GMOコイン向きといわれています。

初めて仮想通貨をやる人

仮想通貨の初心者は、当然ながら仮想通貨の取り引きに慣れていない人がほとんど。どのタイミングで売買すべきか掴めないうちから大きな金額を動かすのはハイリスクです。

 

まずは少額から始め、取り引きを学びつつ、慣れてきたら少しずつ購入額を増やしていくのがベスト。少額から購入できるGMOコインはまさに初心者向きといえるでしょう。

できるだけ運用コストを抑えたい人

初心者はもちろん、ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚で仮想通貨をやりたいという人は、運用コストをできるだけ抑えたいと思うでしょう。GMOコインは出入金や口座開設手数料がかからないので気軽に始めることができます。

多忙で時間がなかなかとれない人

GMOコインのFX用アプリ「ビットレ君」は、外出先でもアプリから簡単にFX取り引きができるので、忙しく運用時間がとりにくい人にも人気。移動中や休憩中といったすき間時間を利用した取り引きが可能です。

安心と使いやすさで選ばれているGMOコイン

GMOコインはなんといっても、大手企業のグループ会社が運営しているという安心感と利便性が特徴。

 

ただ、取り扱う銘柄が比較的少ないので、その点をデメリットに感じる人もいるようです。初心者向きといわれるGMOコインで仮想通貨を始め、慣れてきたら銘柄が多い取引所でも口座開設するという方法も良いかもしれませんね。

投資初心者に大人気!『SBIネオモバイル証券』で投資を始めよう

「投資に興味はあるけど、最初に一気に数十万円もかけられない」
「気軽に副収入を稼ぎたい」

そんな人におすすめなのが、SBIネオモバイル証券。2019年に開業してから約11か月で30万口座達成するほど、多くの人に選ばれている証券です。

普段からTポイントを貯めている人は、ポイントも貯まって一石二鳥でしょう。

 

『SBIネオモバイル証券』の手数料は定額制(月220円)。月200ポイント付与されるので、実質20円で50万円までなら取引し放題です。

 

ポイントを使える投資は、いきなり大きな額を使うのは怖い投資初心者におすすめ!SBIネオモバイル証券』で投資デビューしましょう。

 

ひとかぶIPO

【Tポイントで投資を始める】

スキマ時間で楽しくおこづかい稼ぎ!今なら登録するだけで最大1000ptゲットのチャンス

お菓子・飲料・ゲーム・ファッションなど簡単なアンケートに回答するだけ!国内実績NO,1のアンケートアプリで副収入を稼ごう!

詳細はこちらへ