【仮想通貨とは】初心者が稼ぐコツ・メリット・おすすめアプリ

仮想通貨とは

インターネットの普及とともに広がった仮想通貨。「仮想」というネーミングから仮想通貨に不安を感じる人も多いようですが、仮想通貨の利用者は世界で1億人以上といわれています。

 

仮想通貨とは具体的にどのようなもので、保有することでどのようなメリットがあるのでしょうか。仮想通貨初心者に向け、わかりやすく解説していきます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネットを通し、データのみでやりとりされる通貨のことを言います。インターネット上での決済や投資に使用されるほか、特定の取引所において円やドルといった通貨に交換することもできます。

 

2009年に運用が開始されたビットコインをきっかけに爆発的に広がった仮想通貨は、その後さまざまな種類が登場し、今や世界で取り扱われている仮想通貨は1,500種以上。仮想通貨の利用者においては世界で1億人以上といわれています。

仮想通貨は怪しい? 怪しいと思われる理由

仮想通貨ユーザーが増加する一方で、仮想通貨に怪しさや不安を感じる人も少なくないようです。仮想通貨が怪しいと思われるのはどのような理由からでしょうか。

実体がない

仮想通貨は電子データのみでやりとりされる通貨であるため、一般的に使用される紙幣や貨幣のような実体がありません。だからこそ「仮想」という名前で呼ばれているわけですが、実体がないことが消費者に怪しさを感じさせる大きな理由といえます。

 

ただ、近年は電子マネーも普及し、実体をもたない通貨でのやりとりに対する不安はだいぶ緩和されてきていると考えられます。

価値の保証がされていない

円やドルなどの法定通貨はその国家により価値の保証がされており、例えば銀行や証券会社が破綻したとしても、一定の保証が受けられる仕組みが整っています。

 

一方、実体をもたず電子的に記録されているだけの仮想通貨は、国による価値の保証がありません。システムトラブルなどで価値を損なう事態になったとしても補償を受けられないこともあります

 

システムトラブルやハッキングなどの損失に不安があるうちは、少額から始めるのが良いかもしれません。

仮想通貨を始めるメリット

懸念点やリスクも少なからずある仮想通貨ですが、1億人ものユーザーがいるのは、それ以上のメリットがあるからこそ。続いて、仮想通貨を始めるメリットを解説します。

投資で利益を得られる可能性がある

仮想通貨には、ビットコインやライトコイン、リップルなど実にさまざまな種類があります。それぞれの仮想通貨は、その需要や知名度にともない価値が変動します。

 

この価値の変動による利益を狙うのが、仮想通貨での投資。いずれ価値が高まるであろう仮想通貨にあたりをつけ、価格が安いうちに購入し、実際に価値が上昇し価格が上がればその差分の利益が得られるというわけです。

 

実際に、仮想通貨でももっとも有名になったビットコインは2010年から2017年の間で価格が100万倍に上昇。2010年当時から保有している人は大きな利益を出しています。

手数料が安い

銀行で送金などの手続きをすると一定の手数料がかかりますが、仮想通貨はこの手数料が安く、諸々の手続きにかかるコストが抑えられます。

 

特に海外への送金・決済に至っては、銀行での手続きと数千円の差が出ることも。店舗での手続きでなくインターネット上でのやりとりなので、24時間いつでも手続きできるという利点もあります。

将来性が高い

世界で1億人が利用しているといえど、一般的な通貨に比べればまだまだ普及しきれていないのが仮想通貨の現状。

 

しかし、日本での仮想通貨における法設備は着々と進んでおり、2017年には資金決済法に仮想通貨が追加されています。今後、電子マネーのように、決済手段のひとつとして仮想通貨が広く利用される可能性は十分あるでしょう。

 

仮想通貨が広く普及すれば需要も高まり、価値も上昇します。だからこそ、今のうちから仮想通貨を始めるべきとの声も多くあがっているのです。

仮想通貨で稼ぐコツ

仮想通貨利用者の中には投資を目的としている人も多くいます。副業として仮想通貨を始める人も少なくありませんが、仮想通貨で稼ぐにはコツがあります。

まずは少額投資で投資に慣れる

仮想通貨は少額から投資できるのが特徴。数百円から投資ができます。

 

仮想通貨初心者はまず少額投資から始め、投資に慣れていくのがおすすめ。取り引きのタイミングが掴めないうちから多額の投資資金を投入すると、稼ぐどころか大きな損失を被ってしまう可能性があります。

分散投資をする

稼ぐためにはリスクを回避することも大切です。大きな損失を回避する有効な方法が分散投資。1種類の仮想通貨に投資資金をすべてつぎこむのではなく、複数の仮想通貨に分散して投資します。

 

これにより、ひとつの仮想通貨価値が大幅に下落しても分散した分損害額は抑えられます。

世論の動きをチェックする

仮想通貨は、世界情勢や仮想通貨業界の変化によりレートが動きます。世界情勢が不安定化したり仮想通貨の需要が下がるような動きがあったりしたときは購入しないなど、世の中の動きをとらえながら取り引きをすることが重要です。

 

そのためにも、経済ニュースや仮想通貨に関わるニュースはこまめにチェックしておきましょう。

仮想通貨のおすすめのサービス

仮想通貨を始めたいけどどのように始めればわからない…そんな人におすすめなのが以下のサービス。手軽に仮想通貨取り引きができる評判のサービスを紹介します。

ビットフライヤー

ビットコインの取引量が国内ナンバー1のビットフライヤー

・100円から始められる
・手数料無料
・シンプルなデザインで使いやすい

このように初心者にぴったりな要素が揃っています。少ない額から始められるので、まずは勉強もかねて100円から始めてみましょう。

GMOコイン

GMOコインは有名なGMOグループが運営する、日本最大級の仮想通貨取引所です。

 

仮想通貨の販売から取り引きまでこのGMOコイン内で完結できます。スマホアプリも展開しており、スマホから簡単に口座開設や取り引き可能。手軽に仮想通貨を運用できます。

 

また、口座開設や出金手数料が無料、さらに少額投資可能と、コストを抑えて仮想通貨を始められるのが特徴。とりあえずどのようなものか始めてみたい、という人におすすめのサービスです。

Bit Start

仮想通貨について学びたい人におすすめなのがBit Start(ビットスタート)。仮想通貨を学びながらビットコインを手に入れられる初心者にうれしいサービスです。

 

チャート予測機能があり、仮想通貨の価格変動を予想する能力を身につけられるほか、毎日の価格予測でビットコインが付与されます。元手0円で仮想通貨が手に入るので、リスクなく仮想通貨を始めたい人にも最適です。

仮想通貨におすすめな人

どのような投資にも向き・不向きがあります。まさに仮想通貨向きな、仮想通貨におすすめな人とはどのような人なのでしょうか。

投資初心者の人

仮想通貨は、株やFXといった投資よりも初心者向きといえます。

 

その理由は、なんといっても少額で投資できること。数百円で投資しながら投資の経験を積み、取り引きのコツを掴んでいくことができます。

 

あれこれ本などを読んで勉強するよりも、実践したほうが能力も身につきやすいでしょう。

意欲的に情報収集できる人

前述したように、仮想通貨価値の上昇・下落は世界情勢などで大きく変化します。

 

仮想通貨で稼ぐのであれば、仮想通貨レートに関わる情報の収集は必要不可欠。難しく感じるかもしれませんが、インターネット社会の今、情報は至るところで得ることができます。

 

積極的に情報収集をして正しい情報の判断ができる人は、仮想通貨で稼げる可能性が高いでしょう。

まとめ

仮想通貨はそのネーミングから「うさん臭い」と思われがちですが、資産運用や副業として着実に定着してきています。運用次第では大きな資産になることもあるでしょう。

 

近年は仮想通貨関連のサービスもさらに充実してきており、初心者でも簡単に始められます。興味をもった方は、少額からでも初めてみてはいかがでしょうか。

簡単にお小遣いが貯まる!楽天スーパーポイントスクリーン

楽天スーパーポイントスクリーン」とは、楽天公式のポイントアプリ。2020年7月にTBS系「マツコの知らない世界」でもおすすめポイ活アプリと紹介されました。

 

・広告を見る
・毎日ログインする
・ゲームに挑戦する
・キャンペーンにエントリーする

たったこれだけで、買い物などで使える楽天ポイントをゲットできます。まずはアプリをダウンロードして、ポイントをコツコツ溜めていきましょう。


【テレビで話題!楽天のポイ活アプリを試してみる!】

スキマ時間で楽しくおこづかい稼ぎ!今なら登録するだけで最大1000ptゲットのチャンス

お菓子・飲料・ゲーム・ファッションなど簡単なアンケートに回答するだけ!国内実績NO,1のアンケートアプリで副収入を稼ごう!

詳細はこちらへ