【初心者必読】クラウドワークスは何がやばいの?評判・口コミ

副業が浸透しつつある現在、副業を解禁する企業も増え続け、副業に興味を持つ社会人も増えてきました。数多くある副業の中でも特に、クラウド上で仕事を受けることができる「クラウドソーシング」は副業にしやすく、注目されています。

 

そこで今回は、クラウドソーシングサイト最大手『Crowdworks(クラウドワークス)』にスポットを当てて、ユーザーの「評判と口コミ」を解説していきます。

 

副業として、『Crowdworks(クラウドワークス)』を利用を検討中の方は、一度目を通しておきましょう。

『Crowdworks(クラウドワークス)』のサービス概要

クラウドソーシング

最初に、『Crowdworks(クラウドワークス)』のサービスに関する基本的な情報を確認しておきましょう。

 

 Crowdworks(クラウドワークス)
運営会社
株式会社クラウドワークス
開始年2012年
ユーザー数200万人
実績登録企業数:25万社
種類総合型
利用価格無料
手数料採用報酬の5~20%
案件の種類ホームページ制作
アプリ制作
記事作成
ロゴ作成
ウェブシステム
データ収集

クラウドワークスの仕事の仕組み

クラウドワークスは、仕事のマッチングサイト。クラウドワークスのサイト上でいろんな案件を一括で探せて、さらに応募・納品・入金までできるので、簡単に仕事を始めたい人に人気なサービスです。

 

1つの仕事は、簡単にこのようなステップ。

1.登録する
2.仕事を探す
3.応募する
4.契約する
5.クライアントが仮払いをする
6.業務をし、納品する
7.クライアントが納品物を確認する
8.報酬を受け取る
9.お互いを評価する

仕事内容

クラウドワークスでできる仕事例はこちら。

・記事作成
・データ入力
・システム開発
・アプリ開発
・Webデザイン
・翻訳
・写真
・動画制作

ネット上でできる仕事なら、ほぼ全ての仕事があると言っても過言ではないでしょう。例えば「記事作成」でも、「ペットについて」「映画のあらすじ」「サッカーについて」など、ジャンルはさまざま。あなたの得意分野や興味分野を活かせる案件が見つかるはずです。

 

仕事の形式は「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の3つ。

 

タスク形式

タスク形式とは、クライアントが用意した質問に答えるだけで簡単に報酬を得られる仕事。例えばアンケートやレビュー投稿などです。

 

簡単だからこそ収入が低いので(1件数円~数十円の案件もあり)、クラウドワークスのシステムに慣れるために最初に利用するのがおすすめ。

 

プロジェクト形式(固定報酬/時間単価)

クライアントが掲載した仕事に応募し、選ばれた場合に契約して仕事を開始します。

固定報酬:プロジェクト単位で成果に対して報酬が支払われる
時間単価:時給×納品までにかかった時間、の報酬が支払われる。アプリを使用して稼働時間を計算する

 

コンペ形式

正式な契約前に成果物を提出し、クライアントはその中から採用するものを選んで報酬を支払います。採用されなかった場合、報酬はありません。

手数料

『Crowdworks(クラウドワークス)』の手数料(システム利用料)詳細は以下の通りです。


システム利用料:
– 「10万円以下」の部分:契約金額の20%
– 「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
– 「20万円超」の部分:契約金額の5%

※タスク形式の場合には、一律で契約金額の20%となっております。

※報酬の振込手数料も別途でかかります。楽天銀行税込み100円/他行税込み500円


Crowdworks(クラウドワークス)の悪い評判・口コミまとめ

まず始めに、『Crowdworks(クラウドワークス)』に対するネガティブな評判・口コミを大きく2つ紹介していきます。

悪質な案件が掲載されている

クラウドソーシングサイト全体が抱える問題でもありますが、『Crowdworks(クラウドワークス)』でも「悪質なクライアントが募集している案件」が掲載されています。

 

「明らかに報酬が低い」「成果物に問題がないのに却下される」「音信不通になる」などと言った類の評判・口コミが多く、最も大きな課題とも言えるでしょう。

・クライアントの評価を確認する
・会社名を聞けるのであれば聞いて、会社情報が公開されているか調べる
・怪しい仕事の特徴に関する情報収集を怠らない

このような工夫をしてトラブルを防ぎましょう。

手数料(システム利用料)が高い

『Crowdworks(クラウドワークス)』は、他社サービスと比べて手数料(システム利用料)が高いとも言われています。手数料(システム利用料)が安い『Bizseek(ビズシーク)』や『Shufti(シュフティ)』などのサービスがあるためでしょう。

 

しかし実際、Crowdworks(クラウドワークス)』の手数料(システム利用料)は平均的な金額です。もう一つの大手クラウドソーシングサイト『Lancers(ランサーズ)』も、ほとんど同じ料金システムになっています。クラウドソーシング市場での価格競争が行われた結果、現状で落ち着いているのでしょう。

Crowdworks(クラウドワークス)の良い評判・口コミまとめ

続いて、『Crowdworks(クラウドワークス)』に対するポジティブな評判・口コミを全部で3つ紹介していきます。

誰でもできる簡単な案件が豊富

『Crowdworks(クラウドワークス)』には、特別なスキルが必要ない簡単な案件も多数掲載されており、副業初心者(クラウドソーシング未経験者)でも始めやすい、と高く評価されています。

 

例えば、「募集人数までは全員採用」「1時間以内で完了させられる作業」などの特徴がある「タスク」に分類される案件は45万件以上(2018年10月24日時点)の募集が確認できました。

 

とにかく始めやすい特徴があるので、これから実績を積んでいきたい副業初心者の方には、とてもおすすめです。

システム開発やアプリ開発などの案件が豊富に掲載されている

『Crowdworks(クラウドワークス)』には、高報酬のシステム開発やアプリ開発の案件が多く掲載されていて、プログラミングスキルを持っている方にとっては非常に利用しやすくなっていると、評判・口コミがあります。

実際に、システム開発系の案件が25万件程度、アプリ開発系の案件は400件程度(2018年10月24日時点)が確認できました。

複数採用があり応募しやすい

『Crowdworks(クラウドワークス)』では、クライアントが一つの案件に対して複数の採用人数を設けられるので、案件によっては応募者側の競争率が低く応募しやすいと高く評価されています。

 

大手『Lancers(ランサーズ)』の場合、基本的に一つの案件に1人しか採用されないため、やりたい案件があってもできない可能性が高いです。

 

その点、複数採用システムがある『Crowdworks(クラウドワークス)』は、応募しやすく「好みの仕事がやりやすい」のです。



『クラウドワークスは資格・スキル・学歴不要!』 

クラウドワークスでの副業に向いている人

クラウドワークスでの副業に向いている人はこちら。

副業初心者

これから副業を始めようとすると、仕事の探し方や自分に合う仕事など、わからないことだらけですよね。

 

紹介した通り、クラウドワークスなら1回登録するだけでたくさんの仕事が用意されていて1度きりの仕事も多く、いろんな仕事を体験できます。いくつか体験していくうちに、自分に合う仕事がわかるでしょう。

 

さらに単価は安くても初心者でもOKな案件が豊富。「スキルに自信がない…」という人でも気軽に始められます。

 

仮払い制度、クラウドワークス上でやり取り可能、などサポートがあるのでクライアントとのやり取りに慣れていない人でも安心して始められるでしょう。

飽きやすい人

「1つの仕事だけでなく、その時の気分に合わせて選びたい」
「記事作成をしたい。でも1つのメディアに継続してではなく、いろんなジャンルの記事を書きたい」

このような人でも、クラウドワークスなら選び放題!本業は簡単に変えられないので、副業で冒険できますね。

 

いろんな仕事を経験していくうちに、まだ見ぬ才能が開花するかも。

クラウドワークスの登録方法

クラウドワークスでの副業に興味を持ったら、早速登録してみましょう。

 

Step 1
メールアドレスの登録
連絡可能なメールアドレスを入力します。
Step 2
必要項目の入力
メールボックスを開き、記載されているURLをクリック。
ユーザー名、パスワード、利用方法(仕事を受注)、生年月日、職種、個人or法人、氏名、性別、住所を入力しましょう。
Step 3
利用規約、個人情報保護方針に同意
内容に問題なければチェックマークをつけます。
Step 4
登録完了、お仕事探しへ

クラウドワークスで稼ぐコツ

クラウドワークスは案件を自由に選べる一方、それだけワーカーも多いため、クライアント側も一緒に仕事をするワーカーを厳しくチェックしています。そんな中で稼ぐコツを紹介します。

最初は簡単な仕事から始める

登録時は、クラウドワークス上では実績もなく、本業と副業のペースも掴めていない状態。クライアントからの評価を上げるため、自分の生活に合う副業や使える時間を見極めるため、まずは簡単なタスク形式の仕事から始めましょう。

 

成果物に対して良い評価がくると自信がつきますし、本業やプライベートとの時間管理のやり方も掴めてくるはずです。

期限を守る

評価を上げるため、信頼度を高めて継続的な受注につなげるために、社会人としてのマナーを守ることは必須。当たり前かもしれませんが、期限までに提出を徹底しましょう。

・期限ギリギリのものに応募しない
・契約できたら、余裕を持って取り組む
・使える時間をクライアントに伝える

このように管理することで、期限に関するトラブルは防げるでしょう。

クライアントに相談する

仕事を進める中で、「どういう風にまとめれば良いかわからない」「指示がこれで合ってるのか不安」などさまざまな悩みが出てくるでしょう。その場合、迷わずクライアントに相談するのがおすすめです。提出して誤解があった場合は修正に時間がかかりますし、悩んでいるうちに期限が来てしまった、なんてこともあり得ます。

 

相談する際は、丁寧な言葉遣いで「何がわからないのか」をしっかりと伝えましょう。「この説明がわかりづらすぎます」のような反感を買うような伝え方だと、クライアントを怒らせてしまって今後の関係に支障が出る場合があります。

クラウドワークスを始める時の注意点

中には悪質なクライアントも潜んでいる、クラウドワークス。トラブルに巻き込まれないようにするため、3つのポイントを押さえておきましょう。

クライアントの評価を確認する

仕事を募集しているクライアントの評価も事前に閲覧可能です。極端に悪い、気になるコメントがある場合は念のため控えた方が良いでしょう。

仮払い前に仕事を開始しない

クラウドワークス上でマッチング後、個別の連絡を求められることがあります。全部が全部とは限りませんが、せっかく納品したのに支払われない場合も。

 

まずはトライアルでしっかり払われるかチェックしたり、継続案件の場合は初めの数回払われるか確認し、信頼できるようになったら個別の契約を結びましょう。

 

その提案をした時の反応で、もしかしたらクライアントの良し悪しがわかるかもしれません。

無理しない

・単価が低いので、スケジュールを無視してたくさん受注したら期限に間に合わない
・自分のスキルに見合わない仕事を受注してしまい、寝る間を惜しんで仕事をする

このような状態を続けると本業がおろそかになり、ひどいときは体調を崩してしまうことがあるでしょう。

 

一番大切なのはあなたの体!

・自分が使える時間を明確にする
・初めは無理のない目標金額の設定をする

このように工夫をしながら、無理せず副業をできるような計画を立てましょう。

まとめ

「悪質な案件の掲載」や「手数料(システム利用料)」といった悪い評判・口コミがある一方、「簡単な案件が豊富」「高単価案件が豊富」「複数採用があり応募しやすい」といった良い評判・口コミも多くありました。

 

「悪質な案件の掲載」の問題は、『Crowdworks(クラウドワークス)』に限った問題ではなく、クラウドソーシング業界全体の問題でもあります。その点、『Crowdworks(クラウドワークス)』に限定された「ここが悪い!」という評判・口コミは少なく、良い評判・口コミが目立っているのが現状です。

 

運営会社の株式会社クラウドワークスは東証マザーズに上場しており、今後もユーザーが利用しやすいように改良を重ねていくでしょう。総じて、『Crowdworks(クラウドワークス)』は、クラウドソーシング業界最大手として安心して利用できるおすすめのサービスと言えます。

2021年大注目の仮想通過サービス!少額で投資が楽しめる

 

仮想通過は小額投資することで多くのメリットがあります。

副業として新たな収入を得るだけでなく、経済の状況や仮想通過市場の値動きを学ぶことができますし、プロのトレーダーとしての成長にも期待ができます。

人気おすすめ仮想通貨サービス
ビットフライヤー

ビットコイン国内取引量NO,1

:手数料無料で話題のビットコインを100円から始められる

コインチェック
仮想通過アプリダウンロード数NO,1
※国内最大16種類の仮想通過が購入可能

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』をリリース

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』がリリース。転職、就職、フリーランス、副業、バイト・派遣、起業、スクール、職種に関わるサービスのおすすめ比較や口コミ・評価、体験談を紹介し、あなたのキャリアを磨くお手伝いをする情報メディアです。

みんなの口コミへ