【調査まとめ】副業をしている人の割合|平均副収入・利用時間

副業している人の割合

2018年春、大企業を中心に副業解禁ブームが起こり、世間では「副業時代の到来」とも呼ばれていました。しかし、2019年となった現在、「副業って本当に浸透しているの?」と言った疑問も多いでしょう。「副業に興味がある人」は、間違いなく急増していますが、「実際に副業を行っている」となると話は別。

 

「副業ができる環境にいるかどうか」が肝心になるのです。そこで本記事では、2019年2月12日、パーソル総合研究所が発表した「【個人編】副業の実態・意識調査」の結果を参考に、以下をまとめてみました。

・副業を既に行っている人
・副業に意欲のある人
・副業にかける時間
・副業での平均月収

参考:PR TIMES『パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表 加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%』

パーソル総合研究所の副業調査結果まとめ

最初に、株式会社パーソル総合研究所による副業調査の概要を確認しておきましょう。

・企業がとるべきアクションを明らかにすることが目的
・従業員が10人以上の企業が対象
・正社員のうち、20-59歳が対象
・副業許可企業300社、副業禁止企業700社が対象
・副業許可企業の定義:推進はしていないが、希望であれば条件付きで許可
・副業禁止企業の定義:全面的に禁止している

上記のような目的・条件で行われた調査になります。

参考:PR TIMES『パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表 加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%』

正社員の10.9%が既に副業をしている

正社員のうち、既に副業を行っている人の割合が10.9%であったそうです。

「想像通りだった人」
「予想外だった人」

人それぞれ働く環境によって、抱く感想は異なるはずです。社会全体で、正社員の約1割が副業を行っている事実があることを頭に入れ、自分の職場を客観的な視点から分析してみましょう。

正社員の41.0%が副業意欲を持つ

既に副業を行っている人の割合が10.9%だということがわかりましたが、現在副業を行っていない人の中で、副業をしたい意欲がある人の割合は41.0%である結果もでています。既に行っている人と合わせると、だいたい4割強の正社員が副業を前向きに考えているということでしょう。

 

また、副業意欲がない人は約33%、どちらとも言えない人が約26%です。これを踏まえると、非副業者の副業への関心自体は、半数近くに上ることがわかります。また当メディアにて、Google検索にて「副業」と検索されている量も調査してみた結果(2014年2月1日~2020年2月1日までの5年間)、以下のような結果になりました。

 

※「注」の印は、2016年1月1日のGoogleにおけるデータ収集システムの変更を表しています。世間の副業への関心は着々と伸びていることがわかります。職場で周りにいる社員は、副業意欲があるでしょうか?中には、ほとんどの社員が副業に興味があると言っている方もいるはず。副業意欲の向上は、今後さらに勢いを増してくると思われます。

1週間平均10.32時間を副業に費やす

1週間あたりの副業にかける時間は平均10.32時間である結果も出ています。平日は1時のみと仮定すると、休日は2時間半から3時間近く時間を費やしていることになります。

 

また、休日のみであった場合、1日5時間。一日のみの場合は、ほとんど丸一日かけて副業をしている可能性もあります。しかし、この数値は宛てにするべきではありません。自分の働く状況に合わせた、適切な量・時間を設定し、無理をしないよう心がけてください。

副業の平均月収は6.82万円

副収入の平均は6.82万円、また平均時給は1652.1円である結果も出ています。細かい数字を見ると、以下のような結果になります。

・1万円~2万円  :20%
・2万円~3万円  :14.9%
・3万円~5万円  :20%
・5万円~10万円:23.8%

これも利用時間と同じく、参考程度に見ておきましょう。副業での副収入に過剰な期待をしてはいけません。副業初心者が月数万円稼ぐのは簡単ではないのです。

※高いスキル・専門性がある場合は、短期間で高収入を見込めます

 

 

身の丈にあった、副業選びと目標収入を設定するのが大切です。稼げなかったり、稼げても雀の涙であった場合、

「最初はこんなもんでしょ。徐々に稼げるようになったら良いな。」

といった精神を持つのがおすすめです。あくまで、本業がメインです。副業は無理のない取り組みを心がけましょう。

 

参考:PR TIMES『パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表 加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%』

周りに流されず、自分の意思を大切にすべき理由

副業の実態における、以下の4つの調査結果を紹介しました。

・副業を既に行っている人
・副業に意欲のある人
・副業にかける時間
・副業での平均月収

興味深い結果であったでしょうか?最後に、「周りに流されず、自分の意思を大切にすべき」であることをお伝えします。なぜなら、副業をする環境が十分に整っていない場合も多い上に、「本当に副業をすべきかどうか」を見極め切れていない方も多く見受けられるからです。

 

周りが副業をしているから、自分もやっておこうかな!というのは、少し危険な考え方かもしれません。

・副業をすることで、どんな良いことが想定されるか?
・副業をすることで、どんなリスクが想定されるか?

最初に確認しておきましょう。副業の良い点には、以下のようなものが挙げられますが、

・収入源が増える
・人脈を広げられる
・本業のスキルを活かせる
・新しいスキルを習得できる
・定年がなくなる
・挑戦しやすい
・経営スキルを磨ける
・計画力が磨ける
・タイムマネジメント力が磨ける
・隠れた才能を見つけられる

一方で、以下のような悪い点も考えられます。

・本業への支障が出るかもしれない
・身心の疲労が大きい
・本業の会社とのトラブル
・税金関連の手間がかかる
・周りの目が気になってしまう
・損をする可能性がある
・詐欺に会うかもしれない

各項目の詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

 

大切なので繰り返しますが、副業に関する選択は「自分の意思を大切にすべき」です。周りの影響でいきなり始めることや、興味のない副業を選ぶことと、ほぼ間違いなく失敗するでしょう。最後に、自分なりに答えを持っておきたい質問を挙げておきます。

なぜ副業に興味があるんだろう?
なぜ〇〇の副業がしたいのだろう?
副業で本当に○○が実現できるのか?
副業以外の方法はないか?

まとめ

パーソル総合研究所が発表した「【個人編】副業の実態・意識調査」の結果を簡単にまとめると、以下の通りです。

正社員の10.9%が既に副業をしている
正社員の41.0%が副業意欲を持つ
週間平均10.32時間を副業に費やす
副業の平均月収は6.82万円

この結果を踏まえ、副業に興味がある人が必ず意識しておきたい「副業ブームに流されず、自分の意思を大切にすべき理由」を解説しました。

なぜ副業に興味があるんだろう?
なぜ〇〇の副業がしたいのだろう?
副業で本当に○○が実現できるのか?
副業以外の方法はないか?

いま一度、自問自答しておきましょう。副業に失敗しない人は必ず、明確に答えられるはずです。

おすすめ投資サービス!少額投資で始められる(株式・仮想通過・FX)

 

いきなりお金を投資するのが不安な人は、まずはTカードやLINEポイントを活用して取することがおすすめです!初心者の人が目先の利益目当てに始めることはあまりおすすめできません(✕)。長期的な視点で焦らず小額(100円からも出来ます)から始めることが成功までの近道だともいわれています。

おすすめサービス
ビットフライヤー

※1ビットコイン国内取引量NO,1
:簡単にTポイントをビットコインに変えられる! 

:手数料無料で話題のビットコインを100円から始められる

 

楽天証券

楽天ポイントを取引に使える

:初心者でも分かりやすい操作方法
 ※楽天証券はほかの楽天サービスと連携がお得

 

※1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 
2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 

スキマ時間で楽しくおこづかい稼ぎ!今なら登録するだけで最大1000ptゲットのチャンス

お菓子・飲料・ゲーム・ファッションなど簡単なアンケートに回答するだけ!国内実績NO,1のアンケートアプリで副収入を稼ごう!

詳細はこちらへ