副業でライブ配信をしたい人必見!収入を得る仕組みと稼ぐコツを一挙公開

多様な働き方が認められている現代では、副業でお小遣い稼ぎをする人も増えています。

 

そんな中でニーズを高めているのがライブ配信。スマホさえあれば自宅で気軽に始められる仕事なので、徐々に人気を集めています。

 

でもライブ配信でどのくらい稼げるのか疑問に思っている人も多いはず。本記事ではライブ配信で収入を得る仕組みをふまえて稼ぐコツを紹介します。

 

またライブ配信のメリット・デメリットや向いている人の特徴も解説しているので、参考にしてくださいね。

ライブ配信ってどのくらい稼げるの?

ライブ配信を始めるにあたって、どのくらい稼げるのかが気になる人は多いはず。スマホひとつで手軽に始められて初期投資やランニングコストもほとんど必要ないため、うまくいけばローリスク・ハイリターンも期待できます。

 

結論から言うと、ライバー(ライブ配信者)の人気や経験などによって稼げる金額はまちまち。多くのライバーは一カ月の収入が数千円から数万円ですが、トップクラスになれば月40~50万円も夢ではありません。なかには月収100万円を超えるライバーもいます。それだけ稼げれば、ライブ配信を本業として生計を立てることもできるでしょう。

収入を得る仕組み

ライブ配信で収入を得る仕組みは、主に以下の4パターンがあります。

・投げ銭システム
・投げ銭+時給システム
・イベントミッションの達成
・事務所に所属

ライブ配信での収入のメインは、視聴者から贈られる「投げ銭」と呼ばれるギフトです。投げ銭が収入に直結するため、投げ銭をしたくなる魅力的なコンテンツを発信することがポイントとなるでしょう。

 

また、投げ銭にプラスして配信時間に応じた時給制を取り入れているアプリもあります。時給の金額はライバーのランクによって変動するので、ランクの高い人気のライバーほど時給も高くなる仕組みです。

 

さらにアプリによってはイベントを企画しており、ミッションをクリアしたりチームバトルで勝ったりすることで運営からギフトを贈られることもあります。投げ銭に加算されるため、ライブ配信を始めるならば積極的にイベントに参加したいですね。

 

また活動の範囲を広げたい人は、ライバー専門の事務所(プロダクション)に所属するのもおすすめ。

 

事務所に所属することで、企業とのコラボ企画案件をもらいやすくなるメリットがあります。企業案件はプロモーション料として一件数万円~数十万円の報酬を得られるため大きな収入源です。

ライブ配信の仕事内容

ライブ配信とはリアルタイムでの動画配信、つまり生放送。オンデマンド配信の動画とは異なり動画編集の作業がないため、動画編集スキルや編集に使う高額な機材は必要ありません。

 

それではライブ配信ではどのような作業を行い、どのようなスキルが求められるのでしょうか。主な仕事内容について解説します。

配信内容の企画

まずは、配信する動画の企画を立案するのが大きな仕事です。企画内容によって視聴者数が左右するため、自分の収入にも大きな影響を与えかねません。

 

いつも同じ内容では視聴者が飽きてしまうため、目新しい企画や他の人には真似できない企画を考え、魅力的な動画コンテンツを配信し続ける工夫が求められます。

 

企画を考えるときは、他のライバーの配信内容を参考にしたりSNSでトレンドを検索したりすると良いでしょう。

動画撮影、配信

企画をベースにして、実際に動画を撮影しながら同時に配信します。

 

スマホのマイクとカメラを使えばスマホ一台で配信ができますが、音声や画質などのクオリティを求めるのであれば、スマホと接続して使用できる専用機材を用意しましょう。

 

ライブ配信でよく使用される機材は以下の通りです。

・照明
・マイク
・スマホホルダー、スタンド
・WEBカメラ

ほかにも配信内容によっては機材が必要になる場合もあります。

視聴者とのコミュニケーション

自分のライブ配信を見てくれている視聴者とのコミュニケーションも、ライバーの欠かせない仕事の一つです。

 

投げ銭をしてくれる視聴者はライバーのことを応援したいと思っているファンなので、視聴者のその気持ち次第で投げ銭の金額も上下します。エンゲージメントを維持・向上するため、視聴者との関係構築は欠かせません。

 

ライブ配信中に視聴者とコミュニケーションを取るだけでなく、TwitterやInstagramなどのSNSを通じた交流やオフラインのリアルイベントで交流することも必要なのです。

ライブ配信のメリット

スマホひとつあればすぐにでも始められるライブ配信。どのようなメリットがあるのでしょうか。

特別なスキルも必要なく始めやすい

ライブ配信は特別なスキルがなくてもできるため、副業としてすぐ始められることがメリットです。

 

歌やダンスなどの配信内容によってはスキルが求められるものもありますが、食べ比べ・メイク・ゲームなど普段の生活を切り取った内容であれば特別な勉強をしなくても配信できます。また雑談や視聴者のコメントへの返事などトークをメインにした配信でも充分に稼げるでしょう。

 

またスマホにインストールするライブ配信アプリを使用するため、高度な撮影スキルや編集スキルなどがなくても配信可能です。

努力次第でいくらでも稼げる

ライブ配信では人気が出れば高収入を目指すことも期待できます。

 

企業に勤めていると毎月の給料やボーナスの金額はある程度決まっていますが、ライブ配信は稼げる金額の頭打ちがありません。

 

もちろん人気ライバーになるためには努力は欠かせませんが、人気になれれば投げ銭だけでなく企業案件も受けられるようになるため高額を稼げるようになるのです。

インフルエンサーになれる可能性もある

人気ライバーになれればファンがたくさんでき、インフルエンサーとして活躍できる可能性も秘めています。

 

ライブ配信はリアルタイムでファンとのコミュニケーションが取りやすいことが特徴。つまり視聴者の心をつかむことができればファンを作りやすく、密にコミュニケーションを取ってファンからの信頼を高めていけるのです。

 

ファンが多い人気のライバーになることができればインフルエンサーとして活躍でき、企業案件のライブ配信だけでなくコラボ商品開発やテレビ出演など活躍の場を広げられます。

ライブ配信のデメリット

ライブ配信は気軽に稼げる一方で、デメリットもはらんでいます。事前に理解しておきましょう。

身バレリスクがある

自分の顔を出してライブ配信を行うため、詳細な身元がバレてしまう「身バレ」のリスクが高いことがデメリットです。

 

ライブ配信では自分の顔を出しますし、話している内容から住んでいる地域や通っている学校などがバレやすく、本名や住所などの個人情報が流出してしまうリスクがあります。

 

オンデマンド配信であれば編集時に身バレしそうな部分をカットできますが、生放送のライブ配信ではちょっとしたことで身バレする危険をはらんでいるのです。

アンチコメントをされることもある

ライブ配信の視聴者すべてが好意的なわけではなく、なかには不快なコメントをするアンチが存在する可能性もあります。

 

アンチコメントは無視するのが一番ですが、コメントを読んで落ち込むこともあるでしょう。また逆上して対抗してしまい、大きく炎上することも考えられます。

 

アンチコメントをされる可能性も理解し、気持ちを切り替える工夫をしましょう。

地道に続ける必要がある

ライブ配信で稼げるようになるためには、地道にファンを増やしていく努力も必要です。ファンを増やすために魅力的な配信内容を企画したり、自分自身のスキルを磨いたりする必要もあります。

 

ライブ配信を始めてもすぐに稼げるようになるわけではなく、稼げる人気ライバーになるには地道な努力を続ける必要があることを理解しておきましょう。

ライブ配信が向いている人

ライブ配信が向いている人の特徴を3つ紹介します。ライブ配信を始めようと思っている人は、自分に当てはまるかどうか確認してみてください。

人と話すことが好き

人と話すことが好きな人は、ライブ配信が向いていると言えるでしょう。

 

ライブ配信は独り言を配信するわけではなく、画面の向こうにいる視聴者に向けて話しかけコミュニケーションを取らなければいけません。視聴者からのコメントに返事をしたり質問に回答したりするため、双方向のコミュニケーションを取っているのです。

 

そのため人と話すことが好きな人やコミュニケーションスキルが高い人は、ライブ配信が向いています。

人を惹きつける魅力がある

ライブ配信で人気のライバーになるためには、人を惹きつける魅力は不可欠。魅力と言っても、本人の人間性だけでなく専門的な分野や特技などさまざまです。

 

たとえば投資を専門としている人は、投資ノウハウや役立つ情報などをライブ配信して、視聴者にとって価値のある情報を発信できます。またダンスや歌が得意な人であれば、パフォーマンスを披露して視聴者を魅了することができるでしょう。

 

ほかにも企画の独自性やライバーの人間性など、総合的に魅力のあるライブ配信ができる人が向いています。

ストレス耐性がある人

先述の通りライブ配信ではアンチコメントも目にすることがあるため、ストレスに耐性がある人でなければライブ配信を続けることは難しいでしょう。

 

また視聴者が見てくれる時間に合わせて配信しなければならず、夜遅い時間帯や早朝にライブ配信をする可能性もあります。つまり自分の生活サイクルが変わってしまうこともありえるので、心身のストレスに耐えられなければいけません。

おすすめのライブ配信アプリ

ライブ配信アプリには多様な種類がありますが、みんキャリ相談室がおすすめするライブ配信アプリを4つ紹介します。

ふわっち

ふわっち」は、動画を配信するライブ配信と音声のみを生放送するラジオ配信が可能なアプリです。自分が配信したい内容に合わせて配信方法を選択できるのは嬉しいですね。

 

また、ふわっちはお酒を飲みながらのライブ配信を許可しています。そのため視聴者とオンライン飲み会の雰囲気を楽しみながら配信をすることが可能。

 

視聴者数や投げ銭数などに応じて運営会社から追加のポイントがプレゼントされる仕組みもあり、人気になれば高額を稼げるでしょう。

 

『ふわっち』初心者におすすめなライブ配信|顔出し無しもOK【PR】

 

稼ぎやすいライブ配信「ふわっち」の特徴・稼ぐコツ・稼ぎたい人におすすめの理由【PR】

BIGOLIVE

世界中で利用されているライブ配信アプリ「BIGO LIVE」。各国の人気ライバーのライブ配信を楽しむことができますが、日本人のライバーはまだ少ないためコンテンツ次第ではすぐにトップライバーになれる可能性があります。

 

海外の視聴者も多く、外国語が話せればさらに活躍の可能性広がるでしょう。また海外はチップの習慣があるので、海外のファンを増やせれば稼げる金額も大きくなります。

 

BIGO LIVE」始めるなら今!?人気ライブ配信アプリの特徴・稼ぎ方を徹底解説

Pococha

DeNAが運営しているライブ配信アプリ「Pococha」は、ダイヤと言われる投げ銭をもらえて1ダイヤ=1円で換金できます。

 

Pocochaの最大の特徴は、広告や雑誌などのメディア出演権がゲットできる点。開催されているイベントを勝ち抜くと出演権を得ることができるため、魅力的な配信をしてファンを増やしていく必要があります。

 

インフルエンサーとして活躍したいと考えている人は、Pocochaでのメディア出演権を目指してみてはいかがでしょうか。

トークライバー

ライバーは女性限定の「トークライバー」。
他のアプリと違う点は、複数の視聴者を対象にしたオープン配信だけでなく、1対1の音声・ビデオ通話の2ショット配信があることです。2ショットでは1分で60円の報酬をゲットできるため、オープンのライブ配信よりも多く稼げます。

 

また通常のライブ配信では視聴者が来るのを待たなければいけないこともありますが、トークライバーは自分の配信を見てくれそうな人に対してメッセージを送信可能。メッセージをうまく使えば視聴者を効率的に増やしていけます。

ライブ配信で稼ぐコツ

ライブ配信で稼ぐためには、どのようなポイントを意識したら良いのでしょうか。ライブ配信で稼ぐコツを解説します。

新しいアプリから始める

ライブ配信を始めるのであれば、まだ競合ライバーが少ない新しいアプリから始めるのがおすすめです。

 

大手のライブ配信アプリには、すでに人気のトップライバーたちが数多く参加しています。そのような中で戦うのは難しく、どんなに魅力的な配信であっても思うような収入になりません。

 

一方、新しいアプリにはライバルとなるライバーも少ないため、配信内容次第ではすぐに人気が出ることも期待できます。

特技や専門知識を活かす

ほかのライバーと差別化するために、自分の特技や専門知識を活かした内容を配信することもおすすめです。

「歌や楽器演奏が得意」
「メイクにこだわりがある」
「本業の専門知識がある」

このような強みがあれば、積極的に視聴者へアピールしましょう。自分では特別なことではないと思っていても、視聴者にとっては有益な情報である可能性もあります。

 

「自分の特技や専門知識がわからない」という人は、今まで経験してきたことや自分が楽しいと思うことを書き出して自己分析してみましょう。

SNSで告知する

TwitterやInstagramなどのSNSでライブ配信の日時や内容を告知するのも一つの手。SNSではフォロワーでもライブ配信を見たことがない人がいる可能性もあるので、新しい視聴者を増やす方法として有効です。

 

SNSでの告知はコストがかからない手軽な宣伝方法なので、使わない手はありません。

まとめ

ライブ配信は気軽に始められて、高額を稼げる可能性も秘めている魅力的な副業のひとつ。特技や専門分野がある人、コミュニケーションが好きな人は、人気が出て有名になれることもあるでしょう。

 

ただし稼げるようになるには地道な努力が必要ですし、さらに身バレやアンチなどの思わぬトラブルも考えられます。

 

本記事で紹介した内容を事前に理解してまず新しいアプリのライバーからチャレンジしてみましょう。

 

音楽ライブのデメリット
・好みが分かれる
・チケットに抽選がある
・チケット代/移動代がかかる
・時間がかかる
(移動/待ち時間含め、最低4時間程度)
・不定期になりがち
(行きたいライブが開催されているかわからない)
(ファンクラブ限定など、応募が不可能な場合もある)

趣味として頻繁に楽しみたい場合、多くのお金・時間を費やす必要がありそうです。

 

一方で、爽快感・非日常感・感動・一体感を一度に味わえる抜群の楽しみやすさは忘れてはいけません。

音楽ライブを趣味にしたくなる参考情報

近年爆発的な人気を誇っているライブ配信。SNSで見たことがある人もいるでしょう。

 

ライブ配信ならお家にいながら好きなライバーの配信を見ながら、直接コメントしたりアイテムを送ったりして応援できます。

 

視聴だけでなく、もちろん配信する側としてもおすすめ!まずはいくつかアプリをダウンロードして、気になる配信者を見つけてみましょう。

人気ライブ配信アプリ・サービス
ふわっち
稼ぎ方・特徴
他の動画アプリに比べて投げ銭の還元率が高い
飲酒・喫煙OK、初心者向け

BIGO LIVE
稼ぎ方・特徴
海外の成長企業が運営する人気動画配信アプリ
顔出し無しでも配信可能
今なら日本人が少なく、他のアプリより稼ぎやすい可能性あり
Pococha
大手企業DeNAが運営
メディア出演権ゲットの可能性あり
Hakuna Live
全世界累計500万ダウンロード超え

2021年大注目の仮想通過サービス!少額で投資が楽しめる

 

仮想通過は小額投資することで多くのメリットがあります。

副業として新たな収入を得るだけでなく、経済の状況や仮想通過市場の値動きを学ぶことができますし、プロのトレーダーとしての成長にも期待ができます。

人気おすすめ仮想通貨サービス
ビットフライヤー

ビットコイン国内取引量NO,1

:手数料無料で話題のビットコインを100円から始められる

コインチェック
仮想通過アプリダウンロード数NO,1
※国内最大16種類の仮想通過が購入可能

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』をリリース

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』がリリース。転職、就職、フリーランス、副業、バイト・派遣、起業、スクール、職種に関わるサービスのおすすめ比較や口コミ・評価、体験談を紹介し、あなたのキャリアを磨くお手伝いをする情報メディアです。

みんなの口コミへ