SNS運用代行の副業|メリット・デメリットを徹底解説

SNS運用代行の副業について紹介します。

 

近年SNS利用者数の増加により、SNSでのマーケティングは需要が高まるばかり。そこで、副業としてSNSの運用を代行を依頼する企業が増えているのです。

SNSマーケティングの特徴
仕事内容
必要なスキル
メリット
デメリット
向いている人
収入目安
SNS運用代行の仕事をする方法

上記5つをまとめました。

SNSマーケティングとは

SNS運用代行をするにあたって、マーケティングとSNSの特徴を掴むことが大切です。

マーケティングとは

売りたい商品に対し、対象の消費者について調べ、その結果を分析し、何もせずに人が集まってくるような仕組みを考える仕事です。

 

商品の開発部門や宣伝部門に関わり、効率的に売るためのの戦略を立てることが求められます。

SNSとは

正式名称:ソーシャルネットワーキングサービス

 

『Twitter』, 『Instagram』, 『LINE』, 『Facebook』などの、個人が情報を発信できるツールのことです。

SNSマーケティングの特徴

個人が中心のSNSを使ったマーケティングでは、ユーザーが拡散したくなるようなコンテンツを考える必要があります。それによってSNSの中で情報が広まり、より多くの消費者の目に留まるようになるでしょう。

 

主要SNSの簡単な特徴です。

Twitter    :拡散に優れている、炎上しやすい
Instagram :写真で表現、ハッシュタグで興味を持ってくれる人に広まる
Facebook :親密性をさらにあげる
LINE    :メッセージアプリなので炎上しにくい、直接届く

サービスごとに違った特徴があるので、発信する情報を選ぶ必要があります。SNSは仕様変更が多いのも1つの特徴なので、常に「この情報を発信するのは適切か」と考えながらSNSを運用していくと良いでしょう。

 

また、ユーザーに広まりやすいという点から、「傷つくユーザーはいないか」という視点が必要です。炎上は会社にとって致命的なので気を付けましょう。

SNS運用代行者の仕事内容

SNS運用の代行者が行うことを紹介します。

企画立案

依頼された商材の、目的やSNSで売ることによって実現したいこと、それをどう達成するかについて戦略を立てます。

日々のオペレーション

SNSの運用を開始したら、アカウントのオペレーションを行います。

 

定期投稿やDMとコメントによるフォロワーとの交流などは、SNS管理の担当者がいない会社であると定期的に行いづらい業務。そのため、SNS代行が重宝されます。

SNSを活用

SNSを使ったキャンペーンを実施するなど、よりSNSを効果的に使う方法を考えます。商品をより広げるために大事な仕事です。

SNS運用代行に必要なスキル

SNS運用代行をするにあたって、必要なスキル4つを紹介します。

顧客視点

マーケティングには、消費者の心を掴むため、消費者の目線を持つことは必須です。特にユーザーの動きが顕著に表れるSNSでは、「これは他の人にもシェアしたい内容だろうか」と試行錯誤が求められます。

分析力

得た情報を分析し、SNSの運用に活かす力です。SNSでは「いいね」や「リツイート」、「シェア」の数でユーザーの反応を見ます。

 

近年では各SNSにアナリティクスという分析機能がありますが、そこからわかる数字から、より商品を届ける施策を考える必要があるでしょう。

 

そんな時に分析力があると、すぐに結果に反映させることができます。

コミュニケーション力

依頼された会社の意向を読み取るため、コミュニケーションが必要不可欠でしょう。クライアントとの行き違いがあると、結果が大きく違ってしまいます。

 

取り返しがつかないことにならないように、お互い協力しあって話し合えるコミュニケーション力が大事です。

資格

必須ではないですが、「マーケティングビジネス検定」「ネットマーケティング検定」「中小企業診断士 」をとっておくことで、より高収入の仕事を得られるでしょう。

 

自分のスキルを示すためにも、あると便利です。

SNS運用代行の副業をするメリット

SNS運用代行の副業をする上での、メリットを紹介します。

結果がわかりやすい

「いいね」や「シェア」の数に表われるので、ユーザーの反応がわかりやすいのが特徴です。そのため、大きい数字を得られたときは、やりがいを得られるでしょう。

 

私用でSNSを使っているときに、「知り合いが自分が運用代行をしたサービスをシェアしている」、なんてことがあるかも。

需要が高い

多くのユーザーがSNSを使っており、市場が拡大しているため、企業がSNSでのマーケティングの重要性を感じています。しかし、新しくできたサービスのため、SNSマーケティングを専門としている人は少なく、需要が今後も高まっていくでしょう。

SNS運用代行の副業をするデメリット

SNS運用代行には、デメリットもあります。副業を始める前に、確認しておきましょう。

調査や分析など、地味な仕事が多い

ユーザーの動向調査や、投稿の反応分析などデスクワーク中心の地味な仕事が多いです。「直接人と関わりたい」「パソコンの前に座り続けるのは耐えられない」という人には厳しいかもしれません。

ITの進化により、常に勉強が必要

ITは常に改良と進化をし続け、SNSにおいてもサービス仕様の変更などが頻繁に行われます。ついていくために、常に最新の技術を勉強し続ける必要があるでしょう。それにより、現代のユーザーに合った有効な施策を打ち出すことができます。

SNS運用代行に向いている人

メリットとデメリットを踏まえた上で、SNS運用代行に向いている人を紹介します。

SNSが好きな人

サービス仕様変更やユーザーの心をとらえるなど、一筋縄ではいかないSNS運用。そんな時でも、「SNSが好き」という気持ちがあれば、諦めずにやっていけるでしょう。新しいサービスについていくことや、勉強し続けることも楽しいはず。

 

副業として行うには、特に自分が好きなものでないと続けられません。

消費者の思考を想像できる人

データだけではわからない情報も多いマーケティングの仕事では、消費者の気持ちを想像できる力も必要です。「どんなものを求めているのか」と考え、分析することでSNS運用を成功させられるのではないでしょうか。

収入の目安

「マーケティング」としての平均年収は、『doda』によると513万円でした。サラリーマン平均年収は418万円なので、平均よりは高い傾向にあるといえます。

 

個人のSNS運用代行では、『クラウドワークス』で「500いいねで5000円」の報酬が多く見られました。しかし、要相談の案件も多く、スキルや経験によって大きく変化するでしょう。

SNS運用代行の仕事をする方法

副業でSNS運用代行の仕事をする方法を紹介します

スキルシェアサービス

個人のスキルや経験を売ることができるサービスです。500円から価格設定が可能なので、まずは腕試しとして始めてみるのはどうでしょうか。

 

ココナラ、タイムチケット、expeetなど、口コミをチェックして自分に合ったサービスを選んでみましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトを利用して、案件を見つけ、収入を得ます。豊富な案件が紹介されているので、SNS運用の仕事もすぐに見つけられるでしょう。

まとめ

SNS運用代行の副業を紹介しました。

 

SNSの存在感が高まっている現代。SNSでのマーケティングに困っている人が多くいるのは事実です。いち早くSNS運用の知識や経験をつけ、副業で高収入を狙いましょう。

投資初心者に大人気!『SBIネオモバイル証券』で投資を始めよう

「投資に興味はあるけど、最初に一気に数十万円もかけられない」
「気軽に副収入を稼ぎたい」

そんな人におすすめなのが、SBIネオモバイル証券。2019年に開業してから約11か月で30万口座達成するほど、多くの人に選ばれている証券です。

普段からTポイントを貯めている人は、ポイントも貯まって一石二鳥でしょう。

 

『SBIネオモバイル証券』の手数料は定額制(月220円)。月200ポイント付与されるので、実質20円で50万円までなら取引し放題です。

 

ポイントを使える投資は、いきなり大きな額を使うのは怖い投資初心者におすすめ!SBIネオモバイル証券』で投資デビューしましょう。

 

ひとかぶIPO

【Tポイントで投資を始める】

スキマ時間で楽しくおこづかい稼ぎ!今なら登録するだけで最大1000ptゲットのチャンス

お菓子・飲料・ゲーム・ファッションなど簡単なアンケートに回答するだけ!国内実績NO,1のアンケートアプリで副収入を稼ごう!

詳細はこちらへ