【未経験大歓迎】Webライターとして副業!Webライティングで稼げる収入目安と始める方法

Webライティング

近年注目を浴びている副業。将来が不安、あるいは新しい活躍の場を見つけたいという気持ちから、少しでも報酬やスキルを上げておきたいと考える人が増加しているのです。

 

特に、副業の中でも人気なのがWebライター。すぐに始められて敷居が低い、専門知識を生かせるなどの理由から、副業の中でも圧倒的に人気なのです。

 

今回はそんなWebライターの仕事内容や収入について、現役Webライターが解説します。

 

未経験者大歓迎!在宅・副業可能|『みんなのキャリア相談室』『Bitwork』Webライター募集中

目次

Webライターとは

Webライターとは、Webサイト上のコラムやエッセイ、広告の文章や商品の説明文などを書く人のことを指します。

 

Webライターに特に求められるのが、検索順位で上位に表示される文章を書くこと(SEO)

 

より多くの人に見てもらうために新聞や書籍、雑誌の文章とはまた違ったライティングスキルやノウハウが求められます。

Webライターの主な仕事内容

・Webサイトに掲載するコラム・エッセイ
・企業のランディングページの商品紹介文
・ネット上に出てくる広告の文章

Webライターの仕事内容は、このようなさまざまなWeb上の文章の執筆です。

 

また案件によっては、記事の執筆だけでなく、企画・取材・調査を行うこともあります。

Webライターに必要な資格・スキル

Webライターになるための資格や試験はありません。自分で名乗れば、今すぐにでもWebライターになれます。

 

ただしスキルやノウハウは必要。主に必要なスキルは以下の通りです。

・SEOについての知識

Webライターになるには、多くの人に読まれる文章を書くためにSEOについての知識は必須です。

 

・文章力

言葉遣いがおかしかったり、支離滅裂な文章だったりすれば誰も読んでくれません。読みやすい文章を書ける力が大切です。

 

・タイピングスキル

速く文章が書けるようになれば、その分文字単価も上がります。

 

・コミュニケーションスキル

Webライターはクライアントありきで仕事が進むもの。クライアントの意図をくみ取るコミュニケーションスキルは重要です。

 

・情報収集スキル

他のメディアや記事との差別化を図るためにどれだけ深く物事を調べられるか、情報収集スキルも大切です。

 

・論理的思考力(ロジカルシンキング)

「なるほど」「面白い」と思ってもらえる根拠のある文章を作成するために必要です。

Webライターの年収

Webライターとしての年収は一般的に300万円ほどと言われています。

 

しかしWebライターの収入は主に文字単価で決まり、1文字当たり0.5円の人もいれば、2円の人もいるので人それぞれ。

 

この文字単価は経験や専門性、記事本数などによって変動し、企画や編集ができたり、インタビューができたり+@のスキルがあるとその文字単価は上がります。

 

Webライターとして稼ぐ力をつけたいなら、ライターとしての経験を積むか+@のスキルを身につけることが必要なのです。

Webライターに向いている人ってどんな人?

では、Webライターには具体的にどのような人が向いているのでしょうか?

 

Webライターに向いている人の特徴を紹介します。

文章の読み書きが好き

Webライターの仕事は、文章を読み情報を集め、それを自分の言葉で分かりやすく書くこと。大前提、文章の読み書きが好きでなければ仕事を続けることはできませんよね。

 

「国語が得意」「本や雑誌などを読むのが好きだ」という人は向いているでしょう。

好奇心旺盛である

好奇心もWebライターに必要な要素。

 

これはWebライターに限らずですが、相手に「面白い!」「なるほど」と思ってもらえる文章を書くためには、「これはどうして?」「なぜこうなった?」と突き詰めて考える好奇心が大切なのです。

1人で黙々と作業するのが苦じゃない

Webライターの仕事は基本的に1人で黙々とパソコンに向かって行うもの。取材やクライアントとの交渉など人と関わる時間もありますが、圧倒的に個人で作業する時間の方が多くなります。

 

そのため1人で黙々と作業することを苦痛に感じる人はライターに向いていないと言えるでしょう。普段から1人の時間を楽しめる人がおすすめです。

素直に他人の意見を聞くことができる

Webライターは1人で作業することが多いと言いましたが、記事の企画についての打ち合わせや完成した記事のフィードバックなどクライアントから意見を貰うことも多くあります。

 

その時に、自分の思い通りの反応がこなくても不機嫌にならず意見を受け入れる素直さが大切です。

 

自分でメディアを運用しそれで収入を得ているなら話は別ですが、Webライターとして依頼された記事を作成するならクライアントが求める文章を書かなくてはいけません。

 

クライアントが何のために、どんな記事を求めているのか素直に耳を傾けることが必要なのです。

 

そうすることで次第にクライアントの理想以上のものを作成できるようになり、Webライターとしての価値も上がっていくでしょう。

スケジュール管理ができる

Webライターの多くはクライアントありきで仕事が進みます。そのため、納期を守るためにスケジュール管理ができるのも大切。

 

たとえ良い文章が書けたとしても、納期を守らないような人は信用されず仕事を任してはもらえません。

 

Webライターとしての価値を高めたいのなら、絶対に納期は守りましょう。

Webライターになるためには

副業としてWebライターになる方法は主に2つ。

・専属ライターとして特定の企業、メディアで記事を書く

 

・クラウドソーシングサイトでさまざまな案件を自分で探す

それぞれ詳しく解説していきます。

専属ライターとして特定の企業、メディアで記事を書く

Webライターになる1つ目の方法が、求人に応募し専属のライターとなること。

 

Webメディアをみていると、ページの最後やフッターやバナーに「ライター募集中!」の文字を見たことがある人は多いのではないでしょうか?専属ライターになるにはその部分から応募すればいいのです。

 

Webライターとしての経験必須のものもあれば、未経験者可能なものまでさまざまなので、自分にあったものをぜひ探してみてください。

 

Webライターは基本成果報酬のため、専属ライターになったとしても副業や在宅ワークが可能なところがほとんどです。

【専属ライターになるメリット】

 

・継続的に案件が入ってくる
自分で案件を探さなくても、専属ライターになれば継続的に案件が入ってきます。

 

・専門性の高い仕事ができる
自分の興味があったり、得意だったりする分野のメディアを選べば、その分野を突き詰めることができ専門性が身に付きます。

 

・収入が安定する
クラウドソーシングサイトで自分で案件を探すのに比べ、継続的に案件が入り単価も安定するため、収入が安定します。

【専属ライターになるデメリット】

 

・自由度が少ない
専属ライターとなれば、そのメディアの都合によって記事の内容や本数、期日に合わせる必要があります。自分で案件を探すフリーランスのWebライターと比較すると、自由度は少ないでしょう。

 

・経験が求められる場合が多い
専属ライターとなる時には、これまでライター経験や作品のポートフォリオの提出が必須になる場合が多い傾向に。未経験者にはハードルが高いかもしれません。

 

もちろん未経験者でも受け入れてくれるところはあるため、どうしても記事を書きたいメディアがあるなら諦めないで。

クラウドソーシングサイトでさまざまな案件を自分で探す

もう一つが、フリーランスとして自分で案件を探す方法。クラウドソーシングサイトで1つ1つ案件に自分で応募していきます。

 

クラウドソーシングサイトの利用は一般的に無料で、気軽に始められるので、これからWebライターを目指す人はクラウドソーシングサイトの案件から始めてみるのがおすすめです。

 

最初に取り組んだ案件の文章が高評価されれば、その企業から継続的に案件が入ってくるようになる可能性も。クラウドソーシングサイト内で良い評価がつけば、企業側から声がかかることもあるでしょう。

【おすすめのクラウドソーシングサイト3選】

 

・『クラウドワークス』(評判・口コミ
ライティング求人12万件

 

・『ランサーズ』(評判・口コミ
「恋愛」「社会課題」など案件種類豊富

 

・『クラウドテック
フリーランス向けライティング案件最大60万円/月

【クラウドソーシングサイトを利用するメリット】

 

・すぐに始められる
クラウドソーシングサイトの登録は一般的に無料。スマホやPCで登録すれば、今すぐに始めることができます。

 

・自分で仕事を選べる
予定や興味、スキルに合わせて、案件を選ぶことができます。

 

・さまざまな案件に取り組めるので、知識の幅が広がる
専属ライターとは違いさまざまな種類の案件に取り組むこともできるので、幅広い知識が身に付きます。

 

【クラウドソーシングサイトを利用するデメリット】

 

・収入が安定しない
案件ごとに単価もバラバラで、自分で探さなければ仕事は入ってこないため、収入は安定しません。また、未経験者だと低単価の案件しか貰えず苦しい期間も。

 

・クライアントとのコミュニケーションが難しい
クラウドソーシングサイトで案件を獲得した場合、基本Web上でのやり取りで完結することが多く、クライアント側の意図(目的や完成イメージなど)を明確に把握することが難しいです。

 

そのズレからトラブルに発展することも。またさまざまな案件に取り組むので、さっきの案件ではOKだったことが次の案件ではNGになるなど、対応をそれぞれ柔軟に変える必要も出てきます。

2つの良いとこどり!『Bitwork』『みんなのキャリア相談室』ライター募集中!

Webライターとして副業する方法がもう1つ。この『Bitwork』、そして姉妹サイトである『みんなのキャリア相談室』でも現在ライターを募集しているのです。

【募集要項】

 

・業務概要

記事ライティング(文章の校正・編集サポート有)

 

・報酬

1記事あたり5,000円目安(別途相談)

 

・必須要件
①『みんなのキャリア相談室』のコンセプトに共感していただける
②定期的に執筆が可能(週2本~)
③キャリア領域に関心が高い
④転職経験がある
⑤Googleドキュメントが使える
⑥Chatworkかメールなどオンラインでのやり取りができる

継続的に案件があり、記事の単価も1記事5000円~と安定。その上Webライター未経験者大歓迎。

 

基本的に週2本以上の執筆が必須ですが、それも都合に合わせて柔軟に変更可能です。記事のジャンルも「キャリアアップ」とその中であれば、さまざまな種類の記事を書くことができます。

 

まさに専属ライターとクラウドソーシングサイトの良いとこどり。興味のある方は、こちらからご応募ください!

 

『Bitwork』『みんなのキャリア相談室』ライターへの応募フォームはこちら

Webライターのメリット

副業としてWebライターとして働くのにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

Webライターのメリットを紹介します。

いつでもどこでも誰でも始められる

WebライターはPCやタブレット、スマホがあればいつでもどこでも、そして誰でも始められます。特に試験や資格も必要ありません。

 

実際にこの「Bitwork」のライターも、バリバリ働くサラリーマンから主婦の方、学生までさまざま。

 

他の副業と比べても、この気軽さは魅力的ですよね。

在宅でできる

Webライターは在宅ワークでの業務がほとんど。そのため、子育てや家事、介護などと両立が可能です。

他でも活かせるスキルが身に付く

人を惹きつける文章力や論理的思考力などWebライターとして身に付くスキルは、本業など他の場所でも活かせます。

 

例えば、文章力。ビジネスではメールや企画書、プレゼン資料など文章を書く場面は多いですよね。副業でWebライティングを行うことで自然と人を惹きつける文章が書けるようになると、企画書などの文章もレベルアップするでしょう。

 

また、本業でのスキルもWebライティングには活かせます。例えば、転職経験があればそれだけで転職に関する記事が書けるように。

 

Webライティングを副業で行うことは、さまざまな相乗効果が期待できるのです。

独立しやすい

経験を積んでWebライターとしてのスキルが身に付けば、自分のブログ・サイトを立ち上げて独立することも可能です。

 

Webライターとしての独立はオフィスの家賃や管理費など必要ないため、比較的手軽にできるでしょう。

Webライターのデメリット

一方、Webライターとして副業するにはデメリットも。Webライターのデメリットを紹介します。

収入が安定しない

専属ライターか自分で案件を探すかにもよりますが、Webライターは案件の数によって収入が決まるため、安定しにくいというデメリットがあります。

 

案件の数はそのメディアの売上や方向性によって変動するため、不安定なのです。

 

将来的にWebライター一本に絞りたいと考えている人も、まずは副業として一歩ずつ着実に前に進んでいくことがおすすめです。

慣れるまでは報酬が見合わないことが多い

Webライティングは慣れないうちは時間がかかるもの。例えば、報酬が3000円なのに、作成に5時間かかってしまい時給換算すると1000円以下になってしまうなんてことも。

 

特にPCに慣れていない人は、まずタイピングから習得しなければならないので特に時間がかかるでしょう。

 

そのため最初のうちは、報酬が実際の作業と見合わず嫌気がさすかもしれません。

 

ただ経験を積めば、スピードや質は向上していきます。最初はぐっとこらえて、数をこなしていきましょう。

Webライティングの注意点/コツ

Webライティングで稼ぐ際、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

・単価1.0円以上の案件を狙う

1.0円以上でも初心者歓迎の案件は多い

 

・誤字脱字に注意する

継続依頼してもらうため

 

・執筆速度を上げる

同じ文字単価でも速度で収入は大きく変わる

 

・密なコミュニケーションを心がける

クライアントからの信頼を得るため

Webライティングで大きく稼ぐために必要なのは、ライティングスキルだけではありません。案件の単価や納品物の丁寧さ、対応の良さなども重要ポイントです。

実際、Webライターってどのくらい稼げるの?

実際Webライターとして働く場合、どのくらいやればどのくらい稼げるのか、ライティングレベルに合わせて紹介します。

初心者向け!月1万稼ぐためのWebライティング副業

月に1万円程度の収入であれば、隙間時間をうまく活用することで実現可能です。初心者がライティングで月1万円稼ぐための方法を具体的な事例から紹介していきます。

具体的な事例①学生Aさんの場合

時間   :学校の空いた時間に1時間確保/日、月30時間
サービス :クラウドワークス
仕事内容 :テレビ番組関係の記事、文字単価0.4円、1000文字前後
必要レベル:未経験
必用環境 :PCとネット環境、ワード、エクセル

 

具体的な事例②主婦Dさんの場合

時間   :休日3時間確保/日、月30時間
サービス :ランサーズ
仕事内容 :美容やファッションなどの記事、文字単価0.3円、2000文字前後
必要レベル:未経験
必用環境 :ネット環境、PC

中級者向け!月5万稼ぐためのWebライティング副業

月に5万円を目指すとなると、執筆速度や単価が重要になります。良い単価で素早く執筆できれば、隙間時間でも5万円稼ぐことは可能です。

具体的な事例①サラリーマンCさんの場合
時間   :休日に2時間、月20時間
サービス :ランサーズ
仕事内容 :お金関係の記事、文字単価2.0円、2000~3000文字
必要レベル:未経験
必用環境 :ネット環境、PC

 

具体的な事例②主婦Fさんの場合
時間   :家事の合間に2時間確保/日、月60時間
サービス :クラウドワークス
仕事内容 :コスメやファッションの記事、文字単価1.6円、3000文字前後
必要レベル:未経験
必用環境 :ネット環境、PCあるいはスマホ

 

具体的な事例③学生Yさんの場合

時間   :休日に1.5時間確保/日、月15時間
サービス :クラウドワークス
仕事内容 :楽器やアーティスト関係の記事、文字単価1.5円、1500文字前後
必要レベル:ワードプレス入稿
必用環境 :ネット環境、PC

上級者向け!月10万以上稼ぐためのWebライティング副業

隙間時間だけを活用して10万円を得ようとすると、ある程度スキルが必要な高単価の案件を狙う必要があります。

 

逆にまとまった時間を準備できるようであれば、無理に難易度の高い高単価案件を狙う必要はありません。スピーディに多くの記事を作成することでも10万円を達成できます。

具体的な事例①サラリーマンTさんの場合
時間   :毎日2時間確保/日、月60時間
サービス :クラウドワークス
仕事内容 :金融記事、文字単価3.0円、2000文字前後
必要レベル:ライティング歴3年以上、金融関係の資格所持
必用環境 :ネット環境、PC、ワード

 

具体的な事例②専業WebライターKさんの場合
時間   :平日に8時間確保/日、月160時間
サービス :クラウドワークス、ランサーズ
仕事内容 :多ジャンル記事、文字単価1.0円、10000文字前後
必要レベル:ライティング経験あり、月に30記事以上の納品
必用環境 :ネット環境、PC、ワード

まとめ

Webライティングで稼ぐのは簡単であるという人もいれば、難しいという人もいます。実際、稼げている人もそうでない人もいます。

 

大切なのは、最初の一歩を踏み出すことです。始めてみると、自分が当たり前だと思っているようなスキルが生かされることがあります。

 

たとえば、会社員で事務仕事をしている人はタイピングが早いので、納品速度が評価されるでしょう。専門知識があれば、単価の良い案件を狙うこともできます。

 

この『Bitwork』、姉妹サイト『みんなのキャリア相談室』でもWebライター未経験者大歓迎でWebライターを募集しています。

 

「Webライター始めてみたいけど、不安」という人も、社会人経験があれば大丈夫です。最初の一歩としてぜひいかがでしょうか?

 

未経験者大歓迎!在宅・副業可能|『みんなのキャリア相談室』『Bitwork』Webライター募集中

2021年大注目の仮想通過サービス!少額で投資が楽しめる

 

仮想通過は小額投資することで多くのメリットがあります。

副業として新たな収入を得るだけでなく、経済の状況や仮想通過市場の値動きを学ぶことができますし、プロのトレーダーとしての成長にも期待ができます。

人気おすすめ仮想通貨サービス
ビットフライヤー

ビットコイン国内取引量NO,1

:手数料無料で話題のビットコインを100円から始められる

コインチェック
仮想通過アプリダウンロード数NO,1
※国内最大16種類の仮想通過が購入可能

スキマ時間で楽しくおこづかい稼ぎ!今なら登録するだけで最大1000ptゲットのチャンス

お菓子・飲料・ゲーム・ファッションなど簡単なアンケートに回答するだけ!国内実績NO,1のアンケートアプリで副収入を稼ごう!

詳細はこちらへ